「護衛艦」ってどんな船? 日本独自の定義とDD、DDH、DDG……艦種記号の意味とは?


 海上自衛隊の艦艇のことを、よく「護衛艦」と呼んでいるのを耳にするが、そもそも護衛艦とはどんな船なのだろうか? 

 また一口に護衛艦といっても、実際にはDD(汎用護衛艦)やDDH(ヘリコプター搭載護衛艦)、DDG(ミサイル護衛艦)などと、その機能や役割によって分類されている。

 素人目には同じに見えてしまいがちな護衛艦について、その役割や分類について解説する。

文・イラスト/坂本 明、写真/海上自衛隊

【画像ギャラリー】DD、DDH、DDG……海自の艦艇を一気チェック!(10枚)画像ギャラリー

■高まる緊張……。有事に対応するのが「護衛艦」

 近年、中国は強大な海軍力や空軍力を背景に外洋への進出を図り、南シナ海や東シナ海、さらには日本海でも活動を活発化させている。

 たとえば2021年12月には空母「遼寧」をはじめとする艦艇4隻が沖縄本島と宮古島の間を南下し、東シナ海から太平洋に入り、周辺諸国に対する威圧行動を行った。また日本に対しては、中国船籍の船舶が尖閣諸島周辺の領海外側にある接続水域を航行し、挑発行動を行なっており、その日数は2020年だけでも333日間に及ぶ。

 日本ではこうした事態に平時においては海上保安庁の巡視船が対処しているが、中国の挑発行動は一歩間違えれば武力衝突にもなりかねない。そうした有事に対応するのが、海上自衛隊の護衛艦だ。

海上自衛隊では、あぶくま型、あきづき型、いずも型など、さまざまな艦種の護衛艦が運用されている

 ところで、護衛艦という言葉をよく耳にするが、護衛艦とはいったいどのような船なのだろうか。

 一般的に護衛艦とは、駆逐艦、フリゲート、コルベットなどの水上戦闘艦の総称のことである。その任務は艦隊や商船団を護衛し、対潜・対空戦闘を行うこと。状況によっては水上打撃戦や上陸支援、陸地攻撃、哨戒・監視などの任務も遂行する艦艇と定義されている。

 ちなみに駆逐艦は速力が速く、対潜戦を主任務とするが、対空戦、対水上戦、哨戒、捜索、救助活動なども行う汎用性の高い艦である。かつては満載排水量3000~7000トン程度だったが、イージス・システムを搭載し、汎用航空プラットホームが運用できる現代の大型駆逐艦では、満載排水量が9000トンを超えるようになっている。また、今日では駆逐艦は各国の主力艦艇でもある。なお、フリゲートやコルベットは駆逐艦よりも小さい艦である。

■海上自衛隊の「護衛艦」の定義とは?

 こうした定義と少し異なるのが海上自衛隊の護衛艦である。

 海上自衛隊の戦力の中核を担う部隊の一つが護衛艦隊で、艦隊が運用するのが護衛艦である。海上自衛隊では保有する艦船の種別の一つとして、敵の潜水艦、航空機、水上艦艇による脅威に対処する能力と日本の周辺海域や海上交通の安全を確保できる航洋性を持つ水上戦闘艦を護衛艦と呼んでいる。

 この海上自衛隊における護衛艦という名称は、1960年(昭和35年)に発令された海上自衛隊訓令第30号(海上自衛隊の使用する船舶の区分等および名称等を付与する標準を定める訓令)で定められたもの。

 訓令では、海上自衛隊の使用する船舶を自衛艦と支援船とに区分し、さらに自衛艦を警備艦と補助艦に分け、警備艦を任務に応じて機動艦艇、機雷艦艇、哨戒艦艇、輸送艦艇に細分した。そして戦闘の主力を担う水上戦闘艦と潜水艦は機動艦艇に種別され、水上戦闘艦を護衛艦としたのである。

 1954年に発足した海上自衛隊では、訓令第30号が発令された当時、アメリカ海軍から貸与された駆逐艦やフリゲート、国産のはるかぜ型やあやなみ型などの警備艦が主要戦力の水上戦闘艦として整備されており、これらの艦艇が護衛艦と呼ばれるようになった。

 本来ならば自衛艦は軍艦、護衛艦は駆逐艦やフリゲートとするところだが、軍隊を持たないという日本の憲法上の制約や旧軍のイメージなどの国民感情を考慮して自衛艦や護衛艦という名称を使い、それが今日まで使い続けられているのである。

 別な言い方をすれば自衛艦や護衛艦という名称は国内向きのものといえる。

次ページは : ■海自護衛艦の種類と艦首記号の意味とは?

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ