ドライバーに朗報? 三菱重工が荷役作業までやってくれる無人フォークの実証実験

ドライバーに朗報? 三菱重工が荷役作業までやってくれる無人フォークの実証実験

 三菱重工、三菱ロジスネクスト、鴻池運輸の3社は、無人フォークリフトによるトラックの荷積み・荷卸しの自動化実現に向けた実証実験を開始する。実運用に向けた検証を2024年3月までに行なう予定だ。

 倉庫内など「屋内物流」の自動化が進むいっぽうで、トラックの積み卸しなどの荷役は安全性や精度、スピードなどの課題があり、オペレータやドライバーによる有人作業が一般的だ。

 契約にない「サービス荷役」はトラックドライバーの労働災害や長時間労働の原因になってきた側面もあり、荷役の自動化が作業中の事故や拘束時間の削減につながるのかも注目される。

文/トラックマガジン「フルロード」編集部、写真/三菱重工・フルロード編集部

【画像ギャラリー】トラックドライバーの負担も大きいフォークリフト作業(6枚)画像ギャラリー

フォークリフト作業の自動化

 三菱重工業株式会社と三菱重工グループの三菱ロジスネクスト株式会社は、物流サービスなどを手掛ける鴻池運輸株式会社と共同で、無人フォークリフト(AGF:Automated Guided Forklift)によるトラックの荷積み・荷卸し実現に向けた実証実験を開始する。

 トラックの荷役位置検知試験やトラックへの誘導機能試験を2022年3月から開始し、2024年3月までにAGFによる実運用に向けた能力・安全機能の検証を行なう予定だ。

ドライバーに朗報? 三菱重工が荷役作業までやってくれる無人フォークの実証実験
トラックの荷積み・荷降ろし自動化ロードマップ

 工場や倉庫における屋内物流は自動化が進むいっぽう、軒下などの屋外で行なうトラックの荷積み・荷卸しは有人フォークリフトによる作業が中心で、労働時間の適正化や慢性的労働力不足が課題となっている。

 また繁忙期は、作業に伴うトラックの滞留時間が発生し、定時の搬出・搬入を妨げる要因の一つとなっている。今回の実証実験は、AGFを活用してこれらの作業を自動化することで、フォークリフトオペレーターの負担軽減とトラックの滞留時間削減を目指すものだ。

 将来的には、荷物が乗ったパレット(荷役台)をAGFが自動で取り上げ、トラックの荷台へ直接積み込む一連のシステムを構築する。

 トラックへのパレット積み込みは、荷積みのスピードやトラックの停止位置、トラック内のパレットの設置位置などに高い精度を求められることから、これまで有人フォークリフトでの運用が一般的だった。

 三菱重工が培った自律化・知能化技術と三菱ロジスネクストの自動化技術を活用することで実用化を目指すと共に、AGFの適用範囲をさらに拡大するべく、両社はグループの総合力を生かした製品の開発に取り組んでいく。

倉庫はほぼ自動化されている

 実証実験は鴻池運輸の主に飲料製品を扱う配送センターで開始する。倉庫の搬送コンベヤーからパレット積みされた荷物をAGFが直接取り出し、トラックの荷台への積み込みまでを自律的に行なう。

ドライバーに朗報? 三菱重工が荷役作業までやってくれる無人フォークの実証実験
無人フォークによるトラックの荷積み・荷降ろしの自動化イメージ

 鴻池運輸によると、今回実証実験を行なう配送センターは約6万棚を有する自動倉庫で、トラックへの荷積み・荷卸し以外はほぼ自動化されているとのこと。

 今回の実証実験の結果を踏まえて、まずは同センターで複数バースへの自動化拡大、その後、他の自動倉庫への展開、自動倉庫以外での活用などを視野に入れる。

 そのいっぽうで、実際の現場では荷積み・荷卸し作業を行なう専属リフトオペレーターがおらず、トラックドライバーにフォークリフトでの「サービス荷役」を求める現場も多い。

 慣れない現場での作業は危険が多く、付帯業務によって長時間拘束され生産性が上がらないなどの問題も顕在化している。「自動運転によって仕事が奪われる」という意見もあるが、荷役作業の自動化はドライバーにも歓迎されそうだ。

次ページは : 危険が多いフォークリフト作業