BMW 2シリーズクーペが新型に!! 伝統の味を色濃く残すコンパクトなビーエム!


 BMWのコンパクト2ドアクーペである2シリーズがフルモデルチェンジ。コンパクトなモデルたちが前輪駆動をベースに設計されるなか、今や同クラスで唯一となる、伝統の後輪駆動ベースであることが最大の特徴だ。

 扱いやすいサイズと伝統のFRレイアウトを受け継ぎながら、最新BMWのテクノロジーを取り入れた新型は、長年のBMWファンならずとも気になる存在といえるだろう。生まれ変わった2シリーズクーペのポイントをわかりやすく紹介しよう。

文/大音 安弘、写真/BMW

【画像ギャラリー】個性的だがイケてるBMW! 新2シリーズクーペのすべて(15枚)画像ギャラリー

■FRレイアウトを継承した2世代目コンパクトクーペ

 BMWの2シリーズクーペがフルモデルチェンジされ、3月1日より発売を開始した。モデルラインは、FRの「220i」と4WDの「M240i xDrive」が設定される。右ハンドルのAT車のみとなり、価格は、508万~758万円だ。

第2世代に進化した2シリーズクーペは、伝統のFRレイアウトを継承する

 2シリーズクーペは、2008年に登場した1シリーズクーペの後続車として、2014年に登場。いずれもBMW伝統のFRレイアウトを採用し、スポーティな走りと取り回しに優れるサイズ感が支持され、ファンを獲得してきた。

 クーペより始まった2シリーズだが、その後にファミリー層をターゲットとしたMPVである「2シリーズ アクティブツアラー」と「2シリーズグランツアラー」を追加。

 これらのMPVからFFベースのBMWの投入が開始され、現行型であるコンパクトハッチ「1シリーズ」や4ドアクーペの「2シリーズ グランクーペ」もFFベースとなったが、今回FMCした2シリーズクーペは上位モデル同様に、FRレイアウトを踏襲しているのが最大の特徴といえる。

■名車マルニを彷彿させる伝統的なクーペフォルム

 直線を強調したロングノーズ&ショートデッキのデザインは、往年の名車「BMW2002」を思い起こさせるオーソドックスなクーペスタイルに、新世代BMWアイコンを取り入れたもの。

 象徴であるキドニーグリルは、幅広い薄型形状のものを採用。グリル内は従来型までのバーの代わりに、電動式エアフラップを備えているのが大きな違いとなる。

 その左右に備わるシャープな形状のLEDヘッドライトユニットは、内部に丸刑ライトを装備することで、マルニへのオマージュを表現しているなど、新旧のBMWの魅力を凝縮している。

古典的なクーペデザインを採用しつつ、現代的なアレンジを加えることで独自のスポーツカー像を作り上げた

 フェンダーアーチのボリュームを強調した力強いサイドビューには、ドアハンドル上部にフロントから後部まではっきりと描かれたキャラクターラインが存在するが、これは近代BMWコンパクトクーペの原点である1シリーズクーペから受け継いだものだ。

 リアテールもフロントマスクに負けず、躍動感あふれるもの。新世代モデルのアイコンである五角形テールレンズに加え、トランクリッドがスポイラー内蔵デザインとなり、従来型ではMスポーツやMモデルのみに使われていたブラック仕上げのリアエプロンも全車に装着している。さらにエキゾーストパイプも全車左右出しとなり、スポーティさも増している。

スポーツカーらしさが高まったリアスタイル。220iのテールパイプは、M240ixDriveと異なり、シンプルで美しい形状の丸型となる

■3シリーズと共通性の高いコックピット

 コックピットデザインは、3シリーズと共通のレイアウトを採用するのも特筆すべきところ。同じ2シリーズでも、2シリーズグランクーペは1シリーズをベースとしているので、インテリアデザインでも、FRレイアウトの2シリーズであることを感じられるのは嬉しいところ。

 メーターとインフォテイメントシステムは、ほかのBMW同様に、デジタル機能が強化され、12.3インチのデジタルメーターパネルと10.25インチのタッチスクリーンシステムとの組み合わせに。コネクティビティ機能も強化され、音声操作機能も進化している。

3シリーズと同様となるテイストのコックピット。デジタル化が強化され、機能性も向上された

 デジタルメーターの装着が示すように、先進の安全運転支援機能も強化され、全車速追従機能付ACC、事故回避ステアリング付き衝突回避・被害軽減ブレーキ、ペダル踏み間違い急発進抑制機能などを全車で標準化している。

次ページは : ■伝統の縦置き直列エンジンのパワートレーン

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ