ファミリー層以外も注目!! 使える3列シートSUVはどれだ?

ファミリー層以外も注目!! 使える3列シートSUVはどれだ?

 3列目シートを持つSUVは以前からあるジャンルだったが、マツダが2017年に登場させたCX-8で、同時期にマツダがミニバン市場から撤退したこともあり、「ミニバン代わりにも使える」ということを主張し始めて以来、注目が高まっている。

 それ以降、ミドルクラス以上の日本車でも徐々に3列目シートを持つSUVが増え始めている。そういった背景もあり、ここでは3列目シートを持つ日本車SUVの実用性をチェックしてみた。

文/永田恵一
写真/ホンダ、レクサス、マツダ、日産、トヨタ

【画像ギャラリー】 3列シートSUVを画像でも比較!(10枚)画像ギャラリー

■トヨタランドクルーザー300&レクサスLX

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 12_s_P148-151_25-600x399.jpg
トヨタランドクルーザー300と→
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20211014_01_87_s-600x377.jpg
レクサスLX。ともに各国で人気を博している

 登場したばかりのこの2台はランドクルーザーが510万円から、LXに至っては1250万円からという高額車ながら、特にランドクルーザーの納期は4年という空前の人気車となっている。

 2列目がふたり掛けとなる乗車定員7人の3列シート車は各々の3.5LガソリンV6ツインターボにランドクルーザーにはベーシックグレード以外、LXには2列目がキャプテンシートとなるトップグレードのエクスクルーシブ以外に設定される。

 その実用性はランドクルーザーとLXは本格SUVのためフロアの高さという不利により、体育座りのような着座姿勢になるため、以前からあまり居心地はよくなかった。

 また、現行モデルから3列目は収納が跳ね上げ式から床下収納になったためもあるのか、3人掛けからふたり掛けとなるなど全体的に幅も狭くなっており、「小山のようなボディサイズのわりには狭い」というのが率直なところだ。

 さらに7人乗りのランドクルーザーとLXでイザ出先で3列目シートを使おうとすると、ラゲッジスペースの奥ゆきが大きいこともあり、トノカバーの脱着にひと苦労するのに加え、その置き場にも困るという弱点もある。

 そのためランドクルーザーのガソリン車、ディーゼル車それぞれに2列シートと3列シートが設定されれば、それに越したことはない。が、3列目シートを使うことが滅多にないのであれば、ディーゼル車に3列シート車がないことも大きな弱点でもない。

 むしろランドクルーザーを買うなら実にクルマによく似合ったワイルドなエンジンフィールを持ち、燃費も良好なディーゼル車を選んだほうが、全体的にスッキリする感もある。

次ページは : ■ランドクルーザープラド

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します