【WRX、アウディ、BMW…】スポーツカーよりスポーティな最新4ドアセダン6選


SUV全盛の今ですが、やはり背が高く重心も高いのでワインディングなどでスポーツ走行をすると、不向きですよね。

やっぱり速さを求めるとなると2ドアクーペのスポーツカー! となっちゃいますが実用性はほぼなし。家族持ちには厳しいものがあります。

諦めちゃいけません! 2ドアクーペのスポーツカーを打ち負かす、4ドアスポーツセダンがあるんです。まさに家族持ちのクルマ好きにとっては、待ってましたといわんばかりの最新のスポーツセダン6ス台、松田秀士さんに選んでもらいました。

文/松田秀士

写真/ベストカー編集部


■松田秀士がオススメのスポーツセダン6選

スポーツセダン。この単語を我々は普通に使っているけれども、そもそもスポーツセダンという言葉が使われるようになったのはいつの頃からだろう。この疑問にはおそらく誰も答えられないと思うが、ボクの考えではドイツで生まれたと思っている。

ドイツの自動車メーカーは昔からアウトバーンで速度記録にチャレンジするなど、スポーツカーの高速性能を競ってきた歴史がある。当時、速度制限のないアウトバーンの覇権はスポーツカーだった。

しかし、時代とともに高速走行を楽しむことよりも、高速移動がビジネスに取り入れられるようになった。もっと多人数で積載力のあるクルマで高速移動できたらと思ったに違いない。

こうして、スポーツセダンやスポーツワゴンが誕生したと考えられるのだ。それこそアウトバーンで200km/h巡行が容易な高性能スポーツセダンがあれば、時間をお金で買うことができる。

安全に安定して高速移動できれば時間を短縮できるのだ。そのためにはストレスなく移動するために、高速での快適性と安定性が求められる。

高速での快適性と安定性、この2つは一見共通する課題のように見えて、実は背反するテーマでもある。高速での安定性を求めればサスペンションはハードにこしたことはない。

しかし、快適性を求めるとソフトである必要がある。ソフトでハード、柔らかく乗り心地がよいのに高速走行で安定していてハンドリングのよいクルマ。

このテーマを追求し続けているのが現代のスポーツセダンなのである。また、スポーツセダンは家族のあるお父さんなど、2座席スポーツカーは買えないけれどスポーツカー並みの、あるいはスポーツカーを凌ぐような性能とハンドリングを持った4ドアのクルマが欲しい、という走り屋にも打ってつけなのだ。

そこで、数あるスポーツセダンのなかから私、松田秀士が選んだオススメの最新スポーツセダンを6台紹介しましょう。

■スバル WRX STI タイプRA-R

2Lフラット4ターボ:329ps/44.0kgm

完売してしまったが、日本車のスポーツセダンの究極の形ともいえる。価格は499万8240円

まずは、つい先日試乗した500台限定のSTIのコンプリートカー、WRX STI タイプRA-R。人気モデルゆえに既に1日で完売してしまったが、是非記憶のひとつに入れておいてほしいモデルだ。走りはもちろんスバルのAMGともいえるSTIが手掛けた極上の仕上がりだ。もちろん、WRX STIもスポーツセダンだが究極はこのタイプRA-Rだ。

昨年450台限定で発売され、あっという間に完売したS208のコンポーネンツが多数移植され、しかもS208から30㎏もの軽量化を達成している。パワーウェイトレシオも4.498kg/psと、STIのコンプリートカーのなかでも至上最強のスペックだ。

S208と同じくピストン、コンロッド、クランクシャフトさらにフライホイールに至るまで、回転升の重量バランスをレーシングエンジン並みに徹底的にとった。

エンジンは329ps/44.0kgmを発生。フラット4ターボエンジンは、8000回転域まで回り、振動感がなくストレスを感じさせない。しかもボールベアリングを採用したターボチャージャーなのでレスポンスがよく、先日の群馬サイクルスポーツセンターでの試乗では3速アクセル全開で1.29barという高ブースト圧を確認している。

ただし、サスペンションは硬くシートは軽量化のためにファブリック。乗り心地においては家族にそれなりの妥協を強いるかもしれない。だが、このクルマを一人で走らせる時の楽しさは、何物にも代えがたい感動がある。

次ページは : ■レクサス GS F