やはり王道は外せない!?  フレンチラグジュアリーDSの新フラッグシップ「DS9」はセダンに


 フランスのラグジュアリーブランド「DSオートモービルズ」が、新たなフラッグシップモデルとなる「DS9」の日本導入を発表した。新型車はブランド初となるオールニューセダンであることが最大の特徴だ。

 セダン離れが叫ばれる今、高級車の王道を独自の世界観でアレンジし、攻めるアバンギャルドなブランドDSの最新モデルについて紹介しよう。

文/大音安弘、写真/ステランティスジャパン

【画像ギャラリー】新たなフレンチラグジュアリーのフラッグシップ、「DS9」の全容(13枚)画像ギャラリー

■新フラッグシップは王道のセダンに!

 ステランティスジャパンは2022年3月17日、DSオートモビルズのラグジュアリーサルーン「DS9」を発表し、同日より販売を開始した。全車右ハンドル仕様となり、価格は630万~787.9万円となる。

DSブランドの新たなフラッグシップモデル「DS9」が日本上陸。ブランド初のセダンとなる

 DSオートモビルズは、2009年にシトロエンのサブブランドとして誕生。その立ち位置は、本家のシトロエンよりも上の高級ブランドであった。往年のシトロエンの名車「DS」の名を冠したブランドだけに、単なる高級車ではなく、DS独自のアバンギャルドな内外装デザインを売りとした個性あふれるモデルを送り出した。

 日本でも、2010年よりファーストモデルとなるコンパクトハッチ「DS3」の導入を皮切りに、クロスオーバーの「DS4」と「DS5」が導入された。

 2014年より、シトロエンから独立したブランドとして「DSオートモビルズ」が誕生することが発表され、2015年より、シトロエンDSからDSに改めたモデルの販売を開始した。

 最新ラインナップは、コンパクトな「DS3クロスバック」とミッドサイズの「DS7クロスバック」というふたつのクロスオーバーモデルだけであったが、そこに新フラッグシップの「DS9」が加わったというわけだ。

 DSには、中国市場向けのセダン、「DS4」ブランドの新フラッグシップモデル「DS5LS」が存在したが、完全新設計のセダンは、このDS9が初となる。

■フレンチモデルらしい煌びやかなエクステリア

 伸びやかなスタイルのボディは、全長4940×全幅1855×1460mmと大きめ。ホイールベースも2895mmを確保している。これはプジョーの4ドアクーペ「508」よりもひと回り大きなもの。

 ベースとなるプラットフォームは、同じEMP2なのだが、その最新バージョンであり、ホイールベースも最大で、DS7クロスバックよりも長いほど。フラッグシップにふさわしい堂々たる風格を備えているのだ。

全長4940mmと2895mmのロングホイールベースが生む伸びやかなプロポーションは、フラッグシップらしい優雅さを放つ

 そのスタイリングは、流麗なルーフラインこそ描いているが、正統なセダンのもの。大型のテールゲートを持つプジョー508とは異なり、完全に独立したトランクを備えるのも特筆すべきところ。

 高級サルーンにふさわしい大型のフロントグリルの左右には、「DSアクティブLEDビジョン」と呼ばれるLEDライトユニットが備わるが、開錠時にLEDモジュールが、パープルの光を放ちながら、180度回転する演出を行い、オーナーを出迎える。

 上質さを表現するべく、アクセントとなるメッキパーツが使われているが、その配置も独特。ボンネットの上にも配置され、その表面にはピラミッド模様が多数刻まれた精密な紋様が施されているなど、フランスの高級アクセサリーを彷彿させる仕上げとなっている。

 華やかな演出はテールランプにも施されており、レーザー彫刻技術を用いたダイヤモンドカットのレンズデザインとなっている。インパクトも持たせながらも、ムードを壊さない上品さへの配慮が感じ取れるのは、DSらしい魅力だろう。

ダイヤモンドカットのテールレンズもDSの特徴。華やかだか、上品であることも大切にしている

次ページは : ■まさにサロンと呼びたくなるキャビン