湾岸ミッドナイトを法定速度で語る!! ピストン西沢と大鶴義丹が動画を公開(その2)

■一番踏めたのは常磐だった

(ここで再び、今度は「湾岸寄り」な謎の某氏から電話)

某氏「速いクルマはどこでも速いっていうのはロマンがあるけど、やっぱりそんなことはなくて、たとえばターンパイクのセットアップ、七曲りのセットアップ、首都高のセットアップがあって、で、当然、湾岸のセットアップというのはあったんですよね」

ピストン「ほほう」

某氏「それで”数字3つ”のチームがあってさ、そのチームは常磐を根城にしていたよね」

大鶴「その数字3つのチームの親方は、いまぼく飲み仲間ですよ(笑)」

ピストン「その、道に合わせたセットアップというのは、たとえば路面のうねりに合わせたセッティングという意味ですか?」

某氏「うねりも大事だけど、なにより大事なのは、その道の速度域に合わせた旋回性です。あとはブレーキの作り方とか、冷熱系(ラジエターやオイルクーラー)も、速度域に合わせたセッティングが必要ですよね」

ピストン「どこが一番速かったんですか?」

某氏「うーん、いちがいには言えないけど…常磐が一番踏めたよね。時速***km以上を狙う人はみんな、常磐に行っていました」

 というわけで、話はますます弾みながら、二人のドライブは続くのでした。続きはぜひとも動画でお楽しみください!! 大黒ふ頭で大物開発者も登場します!!

■第一弾「放送不能ワード連発 ピストン西沢と大鶴義丹が往年の首都高文化全盛期を語る動画を公開(その1)」はこちら

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します