【超希少車】あの伝説のモデル&マシンはいまどこにあるのか!?


 モータリゼーション発展期の日本において、モーターショーなどで話題になったクルマは数知れず。みなさんも、若き日に目を輝かせながら見ただろう。

 しかし、その後はぱったりと話を聞かなくなってしまった……なんてことは、芸能人でもクルマでもよくあることだ。

 そこで今回は、どこに行ってしまったのか、あるいはまだ手に入るのか? という伝説のマシン&モデルを大捜索。その現状を調査してみた。あのクルマは、現存するのか?  はたまた解体されてしまったのか?  ご覧いただこう!

文/ベストカー編集部

写真/ベストカー編集部

初出/『ベストカー』2018年8月10日号


■5000万円! 世界にたった1台、幻のホンダNSXタイプR-GT

定期的なメンテナンスのおかげで現在もコンディションは最高の状態をキープ!

 2005年2月、スーパーGTのホモロゲーションモデルとして限定5台、5000万円で発売されたNSXタイプR-GT。エンジン、インテリアともにノーマルのタイプRと同じで、全長を180㎜延長したカーボン製の専用エアロパーツを装着したことで値段が跳ね上がった、いろいろと驚きの1台だ。

 実は、そんなNSXタイプR-GTを発売直後に購入した人が、世界にたった1人だけいたのだ。それが化粧品や健康食品の通販で有名な(株)DHCの代表取締役会長・吉田嘉明氏だった。

 納車当時、本誌増刊『ベストカープラス』の取材を受けた吉田会長は、「5台限定なら、5000万円でも安いと思い1号車をオーダーした」と購入を決断したことを明かしていた。

2007年の取材時の姿。専用エアロを装着した姿はまさに圧巻!

1号車の証であるシリアルナンバー「GT001」しか生産されることはなかった

■現在の状態は?→現存

 ホンダ広報部によると、「吉田会長は普段NSXには乗っていないが、定期的に点検整備を受け、いつでも乗れる状態にしてある」とのことだった。世界にたった1台しかないNSXは、大切に保存されていた。

次ページは : ■パイクス総合優勝、モンスタースポーツのカルタス&エスクードは?