新型ジムニー納期3年待ち?! の嘘ホント 【販売現場は大混乱!? の巻】

 2018年7月5日にジムニー/ジムニーシエラが発売されてから早2カ月あまり。大ヒットしているのは知っていたが、その納期を聞いて驚いた。噂か真実か定かでないが、ジムニーが納車2年待ち、ジムニーシエラが納車3年待ちなんていう話も聞く。

 これってホントの話? ありえない?!

 ということで、新型ジムニー/ジムニーシエラの納期はどうなっているのか? 自動車ジャーナリストの遠藤徹氏とベストカーweb取材班が徹底取材したのでお届けしよう!

文/遠藤 徹、ベストカーweb
写真/ベストカーweb


■新型ジムニーの受注状況は?

TEXT/遠藤 徹

スズキディーラーでは来場者プレゼントとしてVRゴーグル、試乗・商談した人へのプレゼントとしてシーチキンの缶詰(左上の箱に入っていた)やジムニー、ジムニーシエラのオリジナル観缶バッジ、ステッカー、プロモーションDVDなどを配っていた。ちなみに成約者プレゼントはオリジナルキャップ、オリジナルステンレスボトル(地域や販売店によって異なる)

 年間の販売目標をジムニーが1万5000台、ジムニーシエラを1200台に設定したのに対して約1ヶ月後の8月上旬の受注台数はジムニーがわずか1カ月で年間販売目標台数を超え、1万5000台、ジムニーシエラは5000台、合わせて2万台超となった。

 さらにバカ売れは続き、9月上旬現在ではジムニーが2万台、ジムニーシエラは1万台を突破したと推定される。発売当初はあまりにも多くのバックオーダーを抱え、生産が追いつかないためにメーカーのスズキは傘下の販売店に対して「納期が読めないので成約したお客さんに対して追って連絡すると伝えてほしい。1年以上待ってもらわないと対応できない」と伝えたほどだった。

 グレード別の受注状況は半分以上が最上級のXC(ジムニー)、JC(ジムニーシエラ)、両モデルとも半数がマニュアル車で占めている。ボディカラーはモノトーンだとジムニーはバラエティに富んだ売れゆきで、ジムニーシエラは大半がジャングルグリーンとなっている。

 ツートーンカラーはそれほど売れていない。従来の例だと半年以上も待たされるとしびれを切らしてキャンセルとなったりするが、今のところキャンセルは両モデルともほとんどない状況にある。

 ちなみにスズキ広報部に問い合わせたが、納期および受注台数、人気グレードなどの情報は非公開になっているとのことだった。

■実際に販売現場のディーラーに行ってみた! 値引きは?

TEXT/遠藤 徹

 スズキ店、アリーナ店には連日ジムニー/ジムニーシエラを買い求める、試乗、問い合わせ、見学などで訪れるユーザーでごった返している。なかでもサラリーマンが休日になる週末は賑わいがピークになり、予約をしないと営業マンが応対できない店舗も続出している。

 普通、発売したばかりのニューモデルだと展示車や試乗車を各1台以上置くのが一般的だが、今回の新型ジムニー/ジムニーシエラだと、多くの店舗はジムニーの試乗車1台だけで、展示車やジムニーシエラが置いてなかったりするところも目立つ。

 ジムニーシエラは各販社に配車台数を限定し、持ち回りで試乗車、展示車を配置しているためだ。メーカーとしては少しでも多くのユーザーに早めに納車したいために、可能な限り展示車、試乗車分を顧客に届けるのを最優先させているためである。

 引っ張りだこの超人気モデルだけに各販社とも強気の商売をしている。最上級グレードにナビ、ETC、サンバイザー、ボディコーティング、ドライブレコーダーなどのオプションをつけても、下取り車がないと値引きは5万円止まりと引き締めている。

■ジムニーの納期は半年待ち、ジムニーシエラは1年以上! これが正解!

TEXT/遠藤 徹

ジムニーシエラの試乗車は貴重なようだ。訪れた首都圏のスズキディーラーではひっきりなしに試乗する人がおしかけていた

 今回、首都圏のスズキディーラーに5店舗に回ったが営業マンの大混乱ぶりが目立つ。都内のディーラーでは大感謝祭が開かれていたので、ショールームはごった返しているところがほとんどで、ジムニーの試乗車がフル稼働状態だった。

 ある首都圏スズキディーラーの営業マンは、

「ほんとうにありがたいことです。正直嬉しい悲鳴です。ハスラー以来ですね。店頭に置いていたカタログがなくなり、再三メーカーに発注しています。軽のジムニーが受注台数が多く注目されていますが小型車のシエラのほうが凄いです。計画の20倍と納車待ちが長期化しています。弊社では納期は現在ジムニーが8カ月、ジムニーシエラが1年半と聞いています」。

■ジムニー/納期8カ月

■ジムニーシエラ納期1年半

 もう一店舗のディーラーの営業マンに聞くと、アレ、納期が違った。

「ジムニーが1年待ち、ジムニーシエラが3年待ちとネットで流れていますが、そんなことはありません。通達があったのですが、増産体制が敷かれることになりました。さすがに年内の納車は難しいですが、ジムニーは半年ほど、ジムニーシエラは1年ほどになると聞いています。現在、当店全体では30台以上、ご契約を頂いております」。

■ジムニー/納期半年待ち

■ジムニーシエラ/納期1年待ち

 さらにある首都圏ディーラーの営業マンに聞くと、納期がまた違った。

「当販売店ではシエラのほうが人気があります。シエラを試乗しに来たお客さんは、ゲレンデヴァーゲンに乗られていて、奥さんに買わせたいとおっしゃっていましたが、納期は2年待ちになりそうですとお伝えすると、倍払うからすぐに欲しいとおっしゃったので丁重にお断りしました。ジムニーは1年待ち、シエラは2年待ちと聞いています。正式に契約し注文したら予約金として5万円をいただくような形になっています。ただ数ヶ月先にキャンセルなさっても予約金の5万円はお返しします」。

■ジムニー/納期1年待ち

■ジムニーシエラ/納期2年待ち

 そのほか、大阪、仙台、福岡、北海道のスズキディーラーに電話で聞いてみたが、販売店によって納期情報が錯綜しているようだ。ある販売店では「東京・大阪の大都市はちょっと納期が早いようです。ずるいですよね」と嘆き節も……。

 総合的にまとめてみると、9月上旬現在の納期は、残業、休日出勤などによる増産によって、ジムニーは半年、ジムニーシエラは約1年以上というのが正しい情報だと認識している。

 納期はジムニーが約半分短縮し、ジムニーシエラはほとんど早まっていない状況だ。

 契約する場合、予約手付け金として、5万〜50万円を徴収している。後日、ある程度見通しが経った段階で納車日を伝えるようにしている。ただ特殊なモデルだけに、今後徐々に受注ピッチが落ち、納期が急速に短縮する可能性もある。

 したがって1年待ちと伝えられた場合、一旦キャンセルして半年以上経過してから、再度購入を申し込むようにしたほうがよさそう。その方が納期は確実に読めるようになるし、値引きも上乗せが可能になるからだ。

ジムニーとジムニーシエラの見積書を作ってもらった。ジムニーXCの5MT、シフォンアイボリーメタリックとブラックのツートーンカラー、スズキセーフティサポート付きで車両本体価格178万7400円。値引きは4万9576円。多くの人が付けるオプションを入れて諸費込み230万円。シエラはJCの5MT、シフォンアイボリーメタリックとブラックのツートンカラー、スズキセーフティサポート付きで車両本体価格が196万5600円。値引きは5万3296円。多くの人が付けるオプションを入れて、総支払額は256万円だった

■諦めるのはまだ早い! 即納車もあり!?

TEXT/ベストカーWeb編集部

 そうか、今契約しても1年も待つなら、もういいや、違うクルマにしようと決断するにはまだ早い!ベストカーweb取材班はネットで、すでに中古車販売店で売られているだろうと予測し、大手中古車検索サイトを調べてみた。

 あった、あった! 新型ジムニーは11台販売されていた。デモカーや、登録したばかりの未使用車といわれている、届け出済み未使用車である。残念ながらジムニーシエラは2台見つかったが1台は新車のオーダーで、1台は沖縄県のみの新車販売だった。

 新型ジムニー11台を調べていくと、すでに売約済みが多く、なかには在庫車として掲載しているものの、新車のオーダーだったりと、な〜んだと思うことばかり。価格応談と価格を表示していないところも多かった。その応談と書いてあるジムニーの販売先に地道に電話して調べていくうちに、即納車が3台あった!

 1台目はヤフオクにも出品していた岐阜県恵那市のTNコーポレーションさんがXCを239万9000円、支払い総額255万5000円で販売。これは即日納車可能だそうだ。

 もう1台は佐賀県の鎮西モータースさんがXLを車両本体価格で210万円。即納OK! 福島県郡山市のFECEさんではXCで人気のジャングルグリーンが在庫しており、200万円の乗り出し価格で即納可能! デモカーだそうだが詳しいことは検索してお問い合わせを。

 続いて、新型ジムニーを2台販売していた北海道北斗市のタクコーポレーションさん。その2台はすでに売約済みだったが、「掲載の2台は売れてしまいましたが、一番納車が早いのは一番安いXGのブラックで10月に1台入ってきます。あと、来年1月にはXCが3台入って来る予定です」と今後の情報も丁寧に教えてくれた。

 このように、近くのディーラーの営業マンに、早く欲しいと伝えれば、いつこのグレードが入ってきますと教えてくれるかもしれないので、早く欲しい人はディーラーマンと仲良くなっておくのも手だ。

 以上の情報は2018年9月4日現在の話。紹介したお店でも明日には売れてしまう場合もあるので状況だけをお伝えした。

 購入先が遠くてもいい人、価格が高くなっても構わない人、登録済み未使用車でよければ、今後、中古車検索サイトを常時チェックし、根気よく探せば買えますヨ!

最新号

ベストカー最新号

トヨタ&スバル共同開発!! ウルトラAWD車が登場? |ベストカー11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルの新業務資本提携で生まれるウルトラ4WDの重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか東京モーターショー2019に出展される日本&am…

カタログ