栄光のマークⅡ三兄弟を偲ぶ 時代の寵児だった!!


マークXの生産終了が秒読み段階に入っている、という情報を聞いて、まさに栄枯盛衰、思わずしんみりしたクルマ好きも多いのではないだろうか?

たしかに、2017年のマークXの販売台数は、1年間でわずか8460台。月間平均約700台にまで落ち込んだ。トヨタ車の中では販売劣等生で、これでは生産終了となっても仕方ないかもしれない。ただ50代以上のクルマ好きは、こうした現状を前にして「昔のマークIIは売れまくっていたのに……」と嘆いているのではないか。

ということで、かつてのマークIIはどれほど売れていたのか? 50代以上のクルマ好きにとっては一番印象深いと思われる、X70系(GX71)と言われるマークII、チェイサー、クレスタを懐かしみながら、なぜ売れたのか、どれほど売れたのか? 当時の新車販売台数とともに、モータージャーナリストの清水草一氏が解説する!

文/清水草一
写真/ベストカーWeb編集部


■まさに時代の寵児だったマークII三兄弟

1984年8月にデビューしたGX71マークII。バブル時代へ坂を駆け上がるような時、ハイソカーブームの真っ只中だった。写真はマークIIハードトップのグランデ

こちらはあまり売れなかったマークIIセダン。このほかにバンとワゴンが設定されていた

中年以上のオッサンならば、1980年代のハイソカーブームを覚えていることだろう。ハイソカーとは、「ハイソサエティ・カー」の略。つまりの上流階級のクルマという意味で、自ら名乗るのはあまりにも恥ずかしいネーミングだが、当時は日本経済が天井知らずの上昇を見せていた時代で、多くの国民が物質的な豊かさを追い求め、「ちょっとでも上級のものを!」と血マナコになっていた。

なかでもクルマは、物質文明の象徴的存在。みんな少しでもいいクルマに乗りたがっていたから、「ハイソカー」という恥ずかしいネーミングも、実に誇らしいものだった。

1970年代までの日本は、高度成長期とは言っても、「ゼイタクは敵」的な戦前的価値観がまだ根強く、隣近所の目は厳しかった。そんな横並び一億総中流社会のなか、ゴージャスな香りのするクルマに乗るのは、かなりイケナイことだったが、1980年代、そのシバリがついに大きくゆるんだのである。

ハイソカーブームの火付け役となったのは、1981年に登場した超ゴージャスな(※当時の価値観です)2ドアクーペ、トヨタ・ソアラだったが、ソアラはあくまで憧れの頂点。販売台数から見て爆発的なヒットとなったのは、それよりはややお求めやすい価格の4ドアハードトップ、マークII/チェイサー/クレスタの、いわゆる「マークII三兄弟」だった。

このインパネを見て懐かしさがこみあげてくる人も多いだろう。使用頻度の高い機構をステアリング付近に配置したサテライトスイッチ、メモリー付きのチルトステアリングを装備。コラム左右のエアダクトから即時に温風が吹き出て手元を暖めるクイックハンドウォーマー、日時/燃料消費量/平均速度といった情報を表示するスーパーモニタリングディスプレーなどを装着して快適性と利便性を高めていた

まるでリビングルームを思わせるマークIIのモケットのインテリア。香水の入っている瓶を置いていた人も多いはず

■腰が抜けるほど売れていたマークII三兄弟

 マークII三兄弟人気に火がついたのは、マークⅡで言うところの4代目(1980年登場のX60系)からで、5代目(1984年登場のX70系)で決定的になった。

マークII三兄弟(X70系)の販売台数を見ると、腰が抜けそうになる。販売されていた1984年8月~1988年7月、4年間計48カ月で、合計(セダンも含む)約115万台。月間平均だと約2万4000台も売れたのだ! 昨年、登録車で一番売れたプリウスが月平均1万3000台ちょっとだから、その2倍近くってことになる。

X70系最後の年に当たる1988年の年間販売台数ランキング(登録車)は次のようなものでした。

1位:カローラ 27万5019台
2位:マークII 19万3282台
3位:シビック 17万1270台
4位:クラウン 16万536台
5位:カリーナ 15万2942台

車名別販売台数ランキングで、マークIIが2位ですよ2位。ハイソカーに数えてもいいクラウンも4位に食い込んでいる。
このページの最後にこの4年間の新車販売台数を掲載しているのでぜひ見てほしい。

月販台数を見ると、(三兄弟のなかで)一番売れたマークIIで、一番売れた月は1987年3月の2万5514台! なんとこの月は、マークIIが2万5514台、チェイサーが1万11556台、クレスタが7523台の三兄弟の合計で4万4593台を売り上げている! セダンがこんなに売れるんなんて今ならば到底考えられない!

それから29年後の2017年には、こうなりました……。

1位:プリウス 16万912台
2位:ノート  13万8905台
3位:アクア  13万1615台
4位:C-HR  11万7299台
5位:フリード 10万4405台

ほとんどハイブリッドカーのランキングみたいですね。

ちなみに昨年のマークXの販売台数は、わずか8460台。月間平均約700台にまで落ち込んだ。1988年の20分の1以下である。

次ページは : ■マークII三兄弟がこんなに売れた訳