ガソリン高騰中! ! レギュラーガソリン仕様でも走りが楽しいクルマ


2018年夏以降、ガソリン価格はじわじわと上昇している。9月になると小刻みに店頭小売価格が上昇し、10月3日の時点でのレギュラーガソリン1Lあたりの全国平均価格は前週比0.9円高の155.2円となった。

5週連続の値上がりで、155円突破は3年10カ月ぶりのことだ。もちろん、プレミアム(ハイオク)ガソリンはレギュラーガソリンより1Lあたりハイオクは10.9円高い166.1円! レギュラーガソリンでも高いのに、さらに10円以上も高い! もうハイオクガソリン仕様のクルマには乗りたくないと悲鳴をあげたくなる人もいるかもしれない。

とはいえ、レギュラーガソリン仕様車はファミリーカーが中心で、つまらないクルマばかりと思っている人も多い。

そんなことはない! レギュラーガソリン仕様車でも楽しいクルマがあります! さて、どんなクルマがあるのか? 走りは楽しいのか? 自動車評論家の片岡英明氏が解説する。

文/片岡英明
写真/ベストカーWeb編集部


■スイフトはRSもレギュラー仕様車!

スイフトはRS、RStもレギュラーガソリン仕様というのがスズキの良心。RSやRSハイブリッドのエンジンは1.2L、4気筒だが写真のRStだけは102ps/15.3kgmを発生する1L3気筒ターボを搭載。JC08モード燃費は20.0km/L。RStの価格は170万4240円〜

動力性能はそれなりでも、ハンドリングがいいから気持ちいい走りを楽しめるクルマも増えてきた。その代表がスズキのスイフトだ。

ターボで武装したスイフトスポーツに目がいくが、1.2LエンジンのRSとハイブリッドRSでも痛快な走りを楽しむことができる。

専用のエアロパーツに加え、欧州テイストのサスペンションと専用チューニングされた電動パワーステアリング、そして軽量化されたボディによってキビキビとした走りを存分に楽しめるのだ。しかも変速が楽しい5速MTも設定した。

1Lの3気筒DOHCエンジンにターボを組み合わせたRStも見逃せない。JC08モードは20.0km/Lにとどまるが、スイフトスポーツに次ぐ動力性能を誇り、1.5Lクラスと同等の最大トルクを発生する。6速ATだがダイレクト感のある変速フィールだ。

ハンドリングだけでなく燃費にもこだわりたい、という欲張り派にはJC08モード燃費27.4km/LのハイブリッドRSをおすすめする。こちらも引き締まった乗り味だが、一体感のあるスポーティな走りが魅力だ。

※残念ながらスイフトスポーツはハイオク推奨

■最新6速iMTを搭載するカローラスポーツもレギュラーガソリン仕様

最新のカローラスポーツのG・Zの6速iMT搭載車は238万6800円。116ps/18.9kgmを発生する1.2L直4ターボを搭載。JC08モード燃費は15.4km/L、WLTCモード燃費は15.8km/L

オーリスの後継として登場したカローラスポーツの1.2Lの直列4気筒DOHCターボ搭載車もレギュラーガソリン仕様車だが。10速MTモード付きのCVTだけでなく、自動ブリッピングや発進アシスト機能を備えた最新の6速iMTも設定する。スポーティな味付けのG・Zは18インチタイヤに加え、可変ダンピングシステムのAVSも選択可能だ。

JC08モード燃費は18インチタイヤだとCVT(10速スポーツシーケンシャルシフトマチック付き)で18.0km/L、6速MTは15.4km/Lにとどまるが、理屈抜きで運転するのが楽しい。

ターボは低回転からパワーとトルクが湧き上がり、その気になれば6000回転まで実用になる。6速MTは変速フィールも小気味いい。世界を見据えた新世代プラットフォームを採用したこともあり、リニアなハンドリングを手にいれた。ターボパワーが非力と感じるほど気持ちいい走りを実現している。

次ページは : ■1.3Lから1.5Lへ排気量アップしたデミオのレギュラーガソリン仕様

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ