ガソリン高騰中! ! レギュラーガソリン仕様でも走りが楽しいクルマ


■1.3Lから1.5Lへ排気量アップしたデミオのレギュラーガソリン仕様

ガソリンモデルが1.3Lが1.5Lに変更された。写真はガソリン最上位モデルの15Sツーリングで価格は6AT、6MTともに173万3400円

軽快なハンドリングを売りにするデミオは、パワーユニットを1.3Lから1.5Lに拡大して魅力を増した。ミラーサイクルに直噴としたP5-VPS型直列4気筒DOHCエンジンは、モータースポーツ向けに設定したハイオクガソリン仕様の15MBのエンジンをレギュラーガソリン化したもので、15MBの116ps/15.1kgmから8ps/0.7kgm低くなっている。1.3Lガソリンエンジンが92ps/12.3kgmだったのに対し、この1.5 Lガソリンエンジンは110ps/14.4kgmだ。

15Sツーリングの燃費は最新のWLTCモードで19.8km/L(6MT)、19.0km/L(6AT)と発表されている。1.3LモデルはJC08モードで20.8km/Lだった。1km/L悪くなっているが、計測方法がシビアになっているし、200cc大きくなっているから悪くない数値だと思う。6MT車を選べるのもいいではないか。しかも価格は変わらない。マツダの良心を感じる。

■1.5i-VTECエンジン、6MTもあるフィット1.5RS

フィットRSホンダセンシングの価格は205万9200円。1.5i-VTECエンジンは132ps/15.8kgmを発生。JC08モード燃費は6MTが19.2km/L、CVTが21.0km/L

フィット1.5RSも走りにこだわる人には気になるコンパクトスポーツだ。フェイスリフトを行い、凛々しい顔つきになった。

1.5Lのi-VTECエンジンはパンチ力があり、7速CVTとの相性もいい。さらに痛快な走りを期待するなら6速MTも用意されている。

現行モデルはハンドリングもグッとスポーティになり、ワインディングロードが楽しい。自然吸気エンジンだから6速MTでもJC08モード燃費は19.2km/Lと良好だ。

次ページは : ■軽自動車からはアルトターボRSとアルトワークスの2台

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ