ハリアーPHV、新型セレナの登場時期見えた! サクラ&フリード販売好調!!! 国内メーカー最新動向

ハリアーPHV、新型セレナの登場時期見えた! サクラ&フリード販売好調!!! 国内メーカー最新動向

 毎月200店以上の新車ディーラーを回り、「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。

 今回はハリアーPHV、セレナなどの新型車投入時期、またノア/ヴォクシー、エクストレイル、サクラなどの納期情報などを中心に、国内メーカーの最新動向をお届けします!

※本稿は2022年7月のものです
文/遠藤徹、予想CG/ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年8月26日号

【画像ギャラリー】ハリアーPHV、新型セレナ…注目車の気になる動向をギャラリーで素早くチェック!!!(14枚)画像ギャラリー

■トヨタ、ハリアーPHVが10月上旬に発売

 トヨタは10月上旬にハリアーを一部改良すると同時に、PHVを設定し、発売します。プラグインハイブリッドはRAV4に搭載している2.5Lのシステムと同じパワーユニットを採用します。

 ただし納期は、来春以降と大幅に先送りされる見通しになっています。

■次期型日産 セレナは2022年度の下期に投入予定

次期型の日産 セレナは2023年1月から3月くらいに登場する見込み。3ナンバーサイズで、パワーユニットは1.5Lターボのe-POWERになりそう(ベストカー編集部が作成した予想CG)

 日産は次期型セレナを2022年度の下期分として投入する方針であることを販売店に通達した模様です。その発表・発売時期は2023年の1月から3月の間でスケジュール調整をしているようです。

 次期モデルは、全車で全幅1750mm程度の3ナンバーサイズのボディに1本化し、パワーユニットは新型エクストレイルと同じ1.5Lターボのe-POWERを搭載する見込みです。

 同クラスのミニバンは、トヨタのノア/ヴォクシー、ホンダのステップワゴンに続いて、日産のセレナがフルモデルチェンジすることで3陣営の新世代モデルが出揃い、新しい舞台でのシェア争いがまた展開されるのは確実です。

■日産、新型軽EVのサクラは販売絶好調で、納期は来年1月に

 日産が5月20日に発表した新型軽EVのサクラが絶好調の滑り出しで売れています。7月上旬現在の受注数は推定ですが1万5000台を突破し、納期は来年の1月になっているのです。グレードでは、今のところ最上級車「G」グレードの引き合いが最も多くなっています。

 国の補助金55万円は来年2月末までの予算枠となっていますが、このペースだともっと早く予算枠に達して補助金がなくなってしまう可能性もあります。

■ホンダ、マイナーチェンジのフリードがホンダ登録車のトップに浮上

 6月下旬にマイナーチェンジしたホンダ フリードが好調な売れゆきを見せています。6月の登録実績ではフィット、ヴェゼル、ステップワゴンを上回り、ホンダの登録車のトップセラーになっているのです。

 フリードは今回のマイナーチェンジで、新グレード「ブラックスタイル」の追加やカラーリングの再編など、小幅な改良にとどめていますが、根強い人気を見せています。

 次期モデルへのバトンタッチは来夏あたりが有力で、現行型は末期モデルにしては好調を維持している状況にあるといえます。

■日産、新型エクストレイルの納期は4カ月待ちの11月

 日産は7月20日にエクストレイルをフルモデルチェンジしました。新型は事前予約が行われていて、この受注による7月上旬時点の納期は2022年11月以降です。受注は比較的堅調な滑り出しといえます。当面は月販5000台程度を目標に拡販攻勢をかけることになりそうです。

 なお新型は7月20日に4WD車、2カ月後に2WD車と2回に分けて発売します。

次ページは : ■スバル、インプレッサ・XVは今年末から来春にかけて一新

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ