巨星堕つ…日本自動車ジャーナリズムの創成期を築いた三本和彦氏追悼記


■新聞社で写真記者として自動車に触れる

 その後、東京新聞に見習い写真記者として入社した三本さんは、次第に写真記者として自動車記事にかかわるようになっていく。

 ちょうどこのころ、小林氏は創刊メンバーとして「カーグラフィック」を立ち上げた。自動車そのものを評論する雑誌に対し、三本さんは新聞記者として自動車を取り巻く経済や産業、さらには自動車と人とのかかわりなどを中心に取材をし、写真を撮り、記事を書いていった。

 この時代の経験や人脈などが、その後の「モータージャーナリスト」三本和彦の基礎を固めていったことは間違いない。

東京新聞を退社する直前の三本氏。手にするカメラは、学生時代に憧れたスピードグラフィック、通称「スピグラ」だ。当時取材で愛用したカメラ

 その東京新聞時代の1964年、プリンス自動車が送り出したスカイライン2000GT-Aに対し「羊の皮をかぶった狼」と記事で表現。

「この言葉を最初に使ったのは、たぶんボクだと思う」と三本さんは言っていたが、この表現が、最初はプリンス自動車の副社長を激怒させた。

 一生懸命作ったクルマを狼などとは何事か、というのが理由だったので、三本さんがこれは最大級の賛辞であることを説明。

 その後、この言葉が「スカG」のイメージを的確に表現していることから広く浸透し、プリンス自動車側から歓待を受けたというエピソードも教えてくれた。

 三本さんが東京新聞を退社したのは1967年のことだった。その少し前に東京新聞社が中日新聞社との関係を持つようになり、職場の雰囲気が変わり、息苦しさを感じていたのだという。

 こうしてフリーランスのモータージャーナリストとなった三本さんは、持ち前の好奇心、探求心で次々と自動車業界の中心に切り込んでいくのだが、ここから先は皆さんがよく知る三本和彦さんである。

 クルマそのものはもちろんだが、それ以上に三本さんが大切にしたのが人との出会いだ。

 エンジニアや経営者を知ることで、なぜその商品(自動車)が生まれてきたかを理解することができる。もちろん、おかしいと思えば思ったことを提言する。そうして深い関係を築き上げ、三本さんの提言が新車開発に反映されたことも少なくない。

 こうした骨太なジャーナリスト魂で日本のモータリゼーションの発展をともに歩み、伝え続けたのが三本和彦さんなのだ。

 長年にわたり先頭を走り、多大なる功績をあげた功労者、三本和彦さんに感謝を申し上げるとともに、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

誌面では厳しい言葉を投げかけるも、それはすべて使う人目線の言葉であった。三本さん、長いあいだありがとうございました(ベストカー編集部一同)
【画像ギャラリー】その眼差しは常に「使う人の立場に立って」。三本さんの歩んだ道のりをギャラリーで辿る(10枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

サッカー日本代表に負けじとアツい! 創刊45周年記念号 第2弾! ベストカー12月26日号

大盛り上がりのサッカー日本代表同様に、アツい内容でお届けするのが発売中のベストカー12月26日号! 創刊45周年記念第2弾の今号は名物の「ゼロヨンテスト」特集や今年を振り返る「クルマ界2022 The総括」特集。大注目の格好いい新型プリウスを丸裸にする特集もあります!

カタログ