RX-7、ポルシェ… クルマのプロが愛する「ビバ!! ちょい古グルマ」


昔より車齢が伸びているとはいえ、13年落ちはひとつの曲がり角。ここから自動車税と重量税が上がるという天下の悪法もあるし、けっこう粘り強い人でも「そろそろ買い換えようかな」と思うクルマのお年頃でもある。

でも、そんな気持ちはまったくなく、「ちょっと古いクルマ」を楽しみ続けている人ももちろん多い。

本企画では、クルマのプロであるモータージャーナリストのなかで、13年落ち以上のクルマに乗り続けている人たちを発掘。

高い税金にも負けず、なぜそのクルマに乗り続けているのか? そのクルマのどんなところに魅力を感じているのかなどを紹介していこう。

文/鈴木利男、中谷明彦、桂伸一、渡辺敏史、大井貴之、森口将之、清水草一、ベストカー編集部(掲載順)
写真/ベストカー編集部
初出/ベストカー2018年11月26日号


ではさっそく元GT-Rの開発テストドライバーとして著名な鈴木利男氏の愛車からいってみよう!

■元GT-Rの開発テストドライバーがサンバーでドリフト!?

●鈴木利男(プロドライバー)/2005年式サンバートラック

自宅裏山の掃除に欠かせない相棒がサンバートラック。RRだからドリフトも自由自在とか

自宅の裏に小さな山があるんですが、年に3~4回、木の剪定や草刈り、ゴミ掃除などを自分でしているんです。その時サンバーが大活躍するんですよ。もちろん、RRのスバル製サンバーです。

裏山はうちが代々相続してきたもので、今さら売れないし、それにこの年に数回の山掃除がボクは大好きなんですよ。無心で木を剪定してきれいになるとすごく気持ちいいんですよね。

うちのサンバーは7~8年前に中古で買った2005年式で、NAエンジンの5MT車。この荷台に木や草を満載して焼却場に持っていくんですが、その走りがたまらなくいいんですよ。

ルノートゥインゴのロングホイールベース版に乗っている感覚だとよくいうんですが、よくわかんないかな(笑)。後輪駆動でドリフトも自由自在。本当に楽しいですよ。

もう作ってないのが残念ですが、このクルマがダメになったら、たぶんまたオリジナルのサンバーを中古で探しますね。今もちょくちょくネットで調べているんです。

※鈴木利男さんのショップ、ノルドリンクのホームページはこちら!

■グループCカー譲りの性能に惚れた!

●中谷明彦(モータージャーナリスト)/1993年式ポルシェ911ターボリミテッド

レースで闘ったポルシェ962Cの技術をふんだんに採り入れた964型911ターボは、すごく安く感じたという

僕は1993年式ポルシェ964型911ターボLTD(リミテッド)を今も保有しているよ。購入したのは1996年。当時ミツワのギャランティードカーだった。

なぜ964ターボなのかというと1989~1990年の2シーズンをグループCカーのポルシェ962Cで走り、国内ではデビューウィンを記録したし、ル・マン24時間レースにも出場した。

そこでポルシェ962Cの凄さ、優秀性を知ったのだけど、パーツの部品番号を見たら多くのパーツが「911/964***」みたいに記載されている。

つまりロードカーの911と多くのパーツが共用されていたわけ。ターボのウエィストゲートやKジェトロニックも同じ。それを知りロードカーの911ターボに凄く魅力を感じるようになったんだ。

962Cは当時約1億円。それが911ターボは1000万~2000万円で買え、むしろ安く感じてしまったね。そして今は購入した時の価格以上に価値が上がっている。永く大事に乗ってきてよかったよ。

次ページは : ■レースに直結したクルマがどうしても欲しかった

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ