超お買得車続々登場!! 今こそ憧れのドイツ車を買う大チャンス到来の理由

2019年、日本に上陸するドイツ車のニューモデルは大豊作だ。BMW3シリーズ、1シリーズ、ベンツBクラス、VWゴルフと、ちょっと無理をすれば手の届きそうなモデルばかりだ。

ということはそれらの現行モデルは、モデル末期車となる。通常、モデル末期車といえば、日本車なら見向きもされないことも多く、買い叩かれるイメージがあるが、ドイツ車のモデル末期車は実はそうではないらしい。

一部改良やマイナーチェンジなど度重なるアップデートにより、熟成が重ねられ、ほぼネガティブな部分が解消されているからだ。

しかも、モデル末期だけに値引き額も大きい。昔から「ドイツ車通は、モデル末期車を狙う」とさえ、言われているのだ。

そこで、今モデル末期のドイツ車のなかから、お買い得だとオススメできる5車種を選んでみた。今こそ、憧れのドイツ車を買う大チャンス到来です!

文/伊達軍曹
写真/ベストカー編集部


クルマ好きたるもの、どうしたって「新型登場」のニュースには心躍される。特に昨今はハイテク系デバイスの技術革新が日進月歩であるため、現行型末期の先進安全装備などは、噂で聞く次期型のそれと比べるとショボく感じられてしまう。

だが、「それでもあえてモデル末期となった現行型を買う!」という選択があってもいいはずだ。

なぜならば、特にドイツ車の場合、モデル末期のそれは各部の改良や熟成が異様なまでに進んでおり、そしてぶっちゃけ「値引き額」も大きいため、総合的に考えると実はかなりお買い得だったりするからだ。

ということで今、あえて選ぶべき「ドイツ車のモデル末期車5選」を挙げてみたい。

■オススメ車/現行BMW3シリーズ

●新型3シリーズは2019年初夏に日本導入予定

先代のF30型より全長が85mm長く、全幅が16mmワイドに、そして全高が1mmだけ高くなった。ボディサイズは全長4709× 全幅1827 × 全高1442mm。ホイールベースも41mm伸びて2851mmになった。これによって当然ながら車内も広くなり、特に前席の肩や肘まわり、後部座席の足元に余裕が増えたという。先代と比べるとボディ剛性は最大50%増、車両重量はボディが大型化したにも拘わらず、最大で55kgも軽量化

G20と呼ばれる次期型BMW 3シリーズは2018年10月のパリモーターショーで正式発表され、欧州では2019年3月に発売予定となっている。

2018年12月、すでに日本国内で、日本向け新型3シリーズの事前説明会を実施済み。発表は2019年初夏までに発売される予定。

2018年12月7日に行われた事前説明会で展示されていた新型3シリーズの覆面車。日本専用の320iが導入予定

覆面テスト車は右ハンドルだった

新型3シリーズは近・中・長距離のそれぞれを分担してカバーする「3眼カメラ」を標準装備。レーンキーピング性能と周辺危険予測の範囲と精度は大幅に向上しているという。

またコックピットにはフルデジタルディスプレイ「BMWライブ・コックピット」が標準装備となり、ナビゲーションマップも表示できるようになる。まずは4気筒ガソリンの「320i」から販売されるとのことだ。

●現行モデルの320d Mスポーツ

人気の320d Mスポーツ。ボディサイズは全長4645×全幅1800×全高1440mm。価格は318iが431万(318i SE)〜533万円、320iが543万〜611万円(xDriveを除く)。320dが562万〜636万円。330e iPerformanceが610万〜680万円。340iが846万〜850万円。搭載エンジンは318iが1.5L、直4ターボ(136ps/22.4kgm)、320iが2L、直4ターボ(184ps/27.5kgm)、320dが2L、直4ディーゼルターボ(190ps/40.8kgm)、330e iPerformanceが2L、直4ターボ+モーター(システム最大出力252ps/42.8kgm)、340iが3L、直6ターボ(326ps/45.9kgm)

それはそれで素晴らしいニュースだが、モデル末期となったF30こと現行型だって決して大負けはしていない。

2014年8月にはアクティブクルーズコントロールが標準装備となり、2018年8月にはLEDヘッドライト&フォグランプやリアコンビランプなどのデザインを変更。

2016年5月には320dのエンジンを改良し、出力とトルクを上げながら燃費を向上させるなど、さまざまな改良と熟成が続けられてきたのだ。

そして何より、モデル末期のF30は値引きが強烈である。もちろん地域、販売店によって一概には言えないが100万円級の値引きは日常茶飯事で、瞬間最大風速的に超大幅値引きが出ることすらある。登録済み未使用車も多く、300万円台中盤から購入できるのもポイント。

例えば318i Mスポーツが340万円、320d Mスポーツや320iラグジュアリーは420万〜440万円前後と、モノによっては150万〜200万円安くなっているのだ。

次期型はもちろん素晴らしいはず。だが、現行末期を買う生活だって、素晴らしいと思うのだが、いかがだろうか?

■オススメ車/BMW1シリーズ

●現行モデルのBMW120d Mスポーツ

現行1シリーズはFRだが次期型はFFとなる。ボディサイズは全長4340×1765×全高1440mm。価格は118iが317万〜379万円。118dが404万円。120iが450万〜463万円。M140iが652万円。搭載エンジンは118iが136ps/22.4kgmの1.5L、直3ターボ。118dが150ps/32.6kgmの2L、直4ターボ。120iが184ps/27.5kgmの2L、直4ターボ

次期型BMW1シリーズの詳細はまだ発表されていないが、各メディアではおおむね以下のように予想されている。

●正式発表は2019年3月、日本発売は2019年9月?
●駆動方式はこれまでのFRからFFに。
●キドニーグリルが大型化し、ヘッドランプはより吊り目に。
●インパネ上のナビゲーションモニターも大型化。
●プラグインハイブリッドも追加?

すべては予想の段階であるため、詳細についてはなんとも言えない。だが次期型1シリーズが「より素晴らしい諸性能を持ったCセグハッチバック」になることだけは間違いないだろう。

だが現行末期の1シリーズが素晴らしくないかといえば、もちろんそんなことはない。

やや微妙だった(?)当初の顔つきは2015年5月にグッとイケメンに修正され、2016年5月にはクリーンディーゼルエンジンを追加。同年11月には120iのエンジンも刷新した。さらに2017年8月には内装各部がかなり上質なものとなり、タッチ操作に対応したコントロールディスプレイも採用された。

やはり現行モデル最大の魅力はFRであることだ。コンパクトハッチ唯一のFRはこのクルマしか存在しないのである。次期1シリーズはFFになることが決定しているので、走りにこだわる人ならFRの現行1シリーズがオススメだ。

それでいて、このタイミングであれば末期1シリーズの値引き額は80万円前後に達するケースも多い。つまり本来は317万円とやや値が張る118iも240万円ぐらいでイケてしまうということだ。

結局のところは小型実用ハッチバックである1シリーズだけに、もしも「200万円台」という現実的な予算で買えるなら、それに越したことはないはずだと個人的には確信している。

●現行モデルのM140i EDITION SHADOW

FRの1シリーズ、そして直6エンジン搭載モデルとしてM140iもなかなか魅力的。やはり走りを究めるならFR。このM140iが1シリーズでは最高峰となる。340ps/51.0kgmを発生する3L、直6ターボユニットの秀逸なエンジンフィールが最大のウリ。トランスミッションは8速ATを組み合わせる。現在ラインアップしているM140i EDITION SHADOWは652万円

■オススメ車/メルセデスベンツCクラス

●現行モデルのベンツC200アバンギャルド

現行Cクラスのボディサイズは全長4686×全幅1810×全高1445mm。ラインアップはC180(受注生産)が489万円、C180アバンギャルドが489万円、C200アバンギャルドが552万円、C200 4MATICアバンギャルドが580万円、C220dアバンギャルドが578万円。搭載エンジンはC180が156ps/25.5kgmの1.6L、直4ターボ。C200が184ps/28.6kgmの1.5L、直4ターボ。C220dが194ps/40.8kgmの2L、直4ディーゼルターボ

メルセデスベンツCクラスも「2020年にはフルモデルチェンジか?」と言われているため、現在はいちおうモデル末期ということになる。ただしCクラスの現行末期モデルは、先に挙げた2モデルと比べてお買い得度はやや微妙だ。

というのも、現行Cクラスは2018年7月30日にビッグマイナーチェンジが行われたばかりなため、まださすがに大幅値引きが出る状況には至ってないからだ。具体的にはオプション装備込みでせいぜい20万〜30万円あたりというのが、現行後期Cクラスの直近における値引き幅である。

であるならば、わざわざモデル末期となった現行Cクラスは買わず、2020年に行われる(はずの)フルモデルチェンジを待つべきなのかもしれない。なにせ次期型Cクラス(W206)は、またまた「かなり良くなる」ことだけはほぼ確実だからだ。

とはいえ、実はかなりお買い得な選択肢がひとつある。それは「前期型Cクラスの在庫車または登録済み未使用車を狙う」ということだ。

たとえば前期型の超末期に登場した特別仕様車「C180 ローレウスエディション」の新車時価格は498万円で、そこにレーダーセーフティパッケージを付け加えた合計額は517万9000円だった。だがそれの在庫車や登録済み未使用車は今、そこから約100万円安の410万円ほどで販売されている。

C180 ローレウスエディションは前期型ゆえ、厳密に言うなら後期型と比べて総合性能はやや劣る。だが日本の公道を普通に走る分には「誤差の範囲」とも言えるはず。かなりお買い得で、なおかつ「わかってる」感じのシブい選択だ。

■オススメ車/メルセデスベンツBクラス

●2019年春に日本導入予定の新型ベンツBクラス

新型Bクラスのボディサイズは全長4419×全幅1796×全高1562mm。先代モデルに対して、新型は26mm長く、10mmワイド、5mm全高が高い。ホイールベースは30mm長くなった。室内の幅を先代モデルよりも33mm拡大して1456mmとし、ゆとりを追求している

ファミリーユーザーにとって何かと使いでのあるメルセデスベンツBクラスも明らかにモデル末期。2018年10月に開催されたパリモーターショーですでに次期型が発表されており、欧州では2018年12月3日から発売、納車は2019年2月から始まる予定。日本でも2019年春頃には発売される見通しだ。

ちなみに新型Bクラスはなかなかしゃれた感じの外観デザインとなり、近年のメルセデスに共通する巨大なツインモニターも採用。新型Aクラスの「ハイ、メルセデス!」でおなじみのインフォテインメントシステム「MBUX」も採用し、トランスミッションは新開発のデュアルクラッチ「8G-DCT」。かなり充実した内容となっていることは間違いない。

●現行モデルのベンツB180

現行Bクラスのラインアップは現在モデル末期だけにB180のみ。価格は364万円。ボディサイズは全長4400×全幅1785×全高1545mm。搭載エンジンは122ps/20.4kgmを発生する1.6L、直4ターボエンジン

ただ、現行末期のBクラスだって捨てたものではない。

2017年7月のマイナーチェンジ時に、B180ではこれまでオプション扱いだった「ベーシックパッケージ(パークトロニック+アクティブパーキングアシスト+シートヒーター)」や、「EASY-VARIO PLUS(バックレスト折りたたみ角度調整機能、後席シートスライド機能、ラゲッジフロアボード調整機能)」、後席テーブルなどを標準装備とする“最終熟成”が行われているからだ。

それでいてモデル末期=新たに買う人があまりいないという状況であることは間違いないため、値引き額はかなりデカい。具体的には、レーダーセーフティパッケージなどのオプション込みで「80万円引き」のラインは十分狙える。

来春登場予定の新型はもちろん素晴らしいわけだが、大幅値引きで買う現行末期モデルだってファミリーカーとしては十分素晴らしいというか、家計を考えれば「むしろそっちのほうが素晴らしい!」とも言えるのだ。

■オススメ車/VWゴルフ

●現行モデルのVWゴルフTSIハイライン

現行ゴルフのボディサイズは全長4265×全幅1800×全高1480mm。ラインアップはTSIトレンドラインが253万9000円、TSIコンフォートラインが279万9000円、TSIハイラインが331万9000円。搭載エンジンはTSIトレンドラインとTSIコンフォートラインが105ps/17.8kgmの1.2L、直4ターボ。TSIハイラインが気筒休止システム付きの140ps/25.5kgmを発生する1.4L、直4ターボを搭載。全車ツインクラッチMTの7速DSG

VWゴルフもフルモデルチェンジが近い。正式発表はおろか写真すら発表されていないが、テスト車のスパイショットが出回っており、2019年3月に本国で正式発表、日本市場へは2019年9月に導入される説が有力だ。

次期型はボディサイズがやや大型化されると同時に、より高級路線へとシフト。パワーユニットには12Vマイルドハイブリッドおよび48Vマイルドハイブリッドが追加され、コックピット内の機器も大幅にデジタル化されるとの見通しだ。

そういった「まったく新世代のゴルフ」を待ってみるのも悪くないが、今現在販売されている現行末期の“超熟成ゴルフ”をあえて狙ってみるのももちろん悪くない。

まず、末期型ゴルフは値引き額がそもそもデカい。ケース・バイ・ケースだが50万〜60万円引きは当たり前なので、車両価格349万9000円のTSIハイラインTech Editionも「300万円切り」で狙うことができる。TSIコンフォートラインTech Editionなら車両200万円ちょいでイケる可能性も大だ。

それでいて当然、末期ゴルフ7の熟成は進んでいる。2017年7月には純正インフォテイメントシステムが大幅改良され、パークディスタンスコントロールの機能も拡張。2018年4月に登場した前述Tech Editionではデジタルメータークラスター「Active Info Display」が初採用され、純正ナビの「Discover Pro」やLEDヘッドライト、17インチの専用アルミホイールも装備された。

そしてなにより「大型化&高級化される前のゴルフである」という点も、ある種のクルマ好きには魅力となる。ぜひ注目してほしい「現行末期系」なのだ。

最新号

ベストカー最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|ベストカー9月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「ベストカー」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ