群馬のスバルディーラーが作った380馬力のSTIコンプリートカー、TC380を徹底試乗!


突如として群馬県のスバルディーラー、富士スバルから2018年11月1日、50台限定で発売されたWRX STIのコンプリートカー、TC380。

その開発には、今年の全日本ラリー選手権を制した〝世界のトシ新井〟こと新井敏弘選手が関わっているのだが、搭載するEJ20ターボのエンジンパワーは非公表ながら、その車名どおり、なんと380ps/50.0kgmを誇るのだという。

そこで、ベストカー本誌10日号で『目指せWRCドライバー』を連載している若手ラリードライバーにして、新井敏弘選手の長男、新井大輝選手に緊急試乗してもらった。

さらに比較車両として、シビックタイプR、ルノーメガーヌRSの最新FFホットハッチ2台を用意した。はたしてオヤジが監修したこのTC380を息子がどのように評価するのか?

まとめ/ベストカー編集部
写真/茂呂幸正
初出/ベストカー2019年1月10日号


■なぜ群馬のスバルディーラーがコンプリートカーを作ったのか?

新井大輝 /1993年生まれ。ラリードライバー、新井敏弘選手の長男で2015年、トヨタGAZOO Racingラリーチャレンジプログラムで勝田貴元とともに育成ドライバーに抜擢。2018年はラリーフィンランド選手権とWRC2に参戦し、4月のポルトガル選手権で昨年に続く総合優勝を果たす

2005年、2007年のPCWRCチャンピオン、2018年の全日本ラリー選手権チャンピオンである新井敏弘選手がTC380を全面監修した

新井大輝選手に試乗してもらう前に、TC380とはどんなクルマか、解説しておきたい。
2018年11月1日、群馬県の「富士スバル」から50台限定で発売されたTC380(価格は496万5840円)。残念ながら、限定50台はほぼ完売した。

註:2019年1月5日現在、限定50台のうち47台が成約済み。残り3台も商談中。

このTC380は、新井敏弘選手全面監修のもと、ラリーで培われたノウハウがフィードバックされた。ポイントはこの手のコンプリートカーとしては珍しくタービン交換されたこと(HKS製GTIIIRSスポーツタービンキット)。

ボールベアリングターボと比べても遜色のない速さとレスポンスを実現するHKS製GTIIIRSスポーツタービンキット

EJ20ターボのスペックは「未公表」(富士スバル)としながらも380㎰/50.0㎏mを誇っているのだという。これはS208、そしてタイプRA-Rの329㎰を大幅に凌ぐ、まさに史上最強のWRX STIといっても過言ではないだろう。

このほかにもHKS製スーパーターボマフラー&メタルキャタライザー、アライモータースポーツ製メンバーブレース&RQAエアフィルター、TC380専用レカロスポーツシートなどで武装。購入条件は富士スバルの県内17店舗への入庫可能なこととなっている。

TC380オリジナル形状のカーボン素材を使用したローフォルムが特徴の専用カーボンリップスポイラー

レカロSR-6をベースに背面にアルカンターラを使ってホールド性を高めたTC380専用スポーツシート。SR-6にはないサイドステッチにレッドを配したスポーティな仕様に

左上/TC380専用リアオーナメント(実物は強度を確保するため、ボディシルエットのラインが写真よりも若干太い仕様とのこと)。そのほか、コンソール、エンジンルームなどにTC380オーナメントやシリアルナンバープレートが入る

■新井大輝選手が親父の仕事にモノ申す!!!

エンジンルーム内にもTC380のシリアルナンバープレート(新井敏弘選手サイン入り)がさりげなく設置。が、大輝はこれを見て絶句………

こんにちは、今回はTC380で高速と一般道、そしてワインディングを実際に走ってみて思ったことを読者のみなさんにお伝えしたいと思います。

まず、ノーマルのWRX STIと基本的に一番違うと思ったのは、エンジンの回転数というか、上がり方のスピードですね。

標準車はタービンの過給圧がかかってからピークに達するまでが短いのですが、TC380のほうはピークに達するまでの時間が長いので、そのギリギリまでずっと速度が伸びていくんです。だから、ぜんぜん問題なく、ストレスなくアクセルを踏んでいけるクルマになっていると思います。

尖ったクルマをほしいと思う人にもうってつけではあるのですが、かといって足回りのセットアップがそこまで尖っている印象はありませんでした。

わりと混雑した街乗りで40㎞/hくらいの速度で走っていると、ちょっと足が硬いかなと感じるかもしれないですけど、ふつうにストリートを流したり、ちょっとペースを速めに走りたい人にはまったく問題ないです。
それでいてサーキット走行もカバーできるようなクルマに仕上がっています。足回りとしては非常に乗りやすいセッティングになっていると感じました。

次ページは : ■圧倒的トルクで2000回転あれば6速走行OK

最新号

ベストカー最新号

ロータリースポーツ復活説急浮上!! 特集「時空を超えた対決」|ベストカー 8月10日号

本日、ベストカー8月10日号が発売!! 日本車スクープ 大追跡スペシャル、新旧スポーツモデルの魅力にせまる企画、世界クルマ五輪など盛りだくさんの内容でお届け。

カタログ