【重要!? 飛ばしてOK!?】クルマの12カ月点検の謎 なぜ大事なのかその理由に迫る

 クルマを購入し、乗り続けているユーザーだったら、車検の度に24カ月点検整備を受けているのは知っていますよね。

 でも12カ月点検はしっかり行っているでしょうか? 身近な人に聞いてみると、12カ月点検を受けていない人は意外に多く、12カ月点検の存在さえ知らない人がいたのにはさすがにビックリしました。

 クルマの耐久性は年々進化していますが、長く乗るようになった現代だからこそトラブルを事前に発見できる点検整備の重要度は上がってきています。

 さて、この12カ月点検。受けていなければ違反や罰金など罰則になるのでしょうか? またディーラーや整備工場ではなく、自分で12カ月点検を行っても大丈夫なのでしょうか?

 そんな12カ月点検の疑問をモータージャーナリストの高根英幸さんが解説します。高根さんは自ら、愛車の12カ月点検を行っているとのこと。その経験談も合わせて紹介しましょう。

文/高根英幸
写真/ベストカーWeb編集部 Adobe Stock 


■クルマは複雑な機械、点検整備は必要!!

12カ月点検の存在は知っていても罰則はないので、受けたことがないという人が意外に多い

 クルマはパワーユニットだけでなく、サスペンションやブレーキ、ステアリング機構など、たくさんの機械要素が組み合わされている。走るほど、あるいは長期間乗らずに止めっぱなしでも経年変化でクルマのコンディションは劣化していく。

 最近の乗用車なら走行前に運行前点検なんて行なう必要はないが、定期的に点検することは必要だ。現在、道路運送車両法で定められている乗用車の法定点検は12カ月点検と24カ月点検の2種類がある。以前は6カ月点検もあったが、クルマのメンテナンスフリー化が進んだことにより、乗用車では廃止されている。

 24カ月点検は車検時に行なう点検整備のことだ。新車で購入した場合、新規登録から車検は3年間の有効期間があるが、1年後に12カ月点検を行ない、その翌年にももう一度12カ月点検を行ない、車検時に24カ月点検を行なうことになる。

■12カ月点検に罰則はなし!

 24カ月点検と12カ月点検の違いは、点検項目の数が違うだけだ。12カ月点検は全26項目、24カ月点検は12カ月点検の全26項目に加え、30項目をプラスした全56項目で24カ月点検には12カ月点検の点検項目が含まれている。

 12カ月点検が、目視による点検が主体であるのに対し、24カ月点検は調整や交換などの作業が伴いやすい点検項目となっている。

 つまり、24カ月点検をプロにしっかりと行なってもらえば、12カ月点検の実施はそれほど神経質になることはない。未実施でも罰則規定はないし、プロの行なう24カ月点検は、その後1年以上は消耗品が使用限界になることがないよう予測して、部品の交換などを行なうのが一般的だからだ。

 12カ月点検の未実施に罰則規定はない。それどころか24カ月点検もそれ自体は受けていなくても罰則はない。しかし車検を取得する時には24カ月点検を受けてから検査を受けることになっている。

 無車検のクルマを運転すると減点6の一発免停であることから、事実上罰則があり義務化されている。それに点検整備を怠ったことで、もし整備不良が原因で交通事故でも起こせば、そのクルマのオーナーの責任はより重くなる。

 ユーザー車検の場合、車検合格後に24カ月点検を行なう(通称、後整備)ことも認められている。自分でユーザー車検を受けて、プロに24カ月点検だけを依頼するのもアリなのだ。

■12カ月点検の料金は?

弊社所有のハスラーの12カ月点検をした時の整備記録簿。他メーカーの12カ月定期点検記録簿もほぼ変わらない内容だ

 12カ月点検をディーラーに依頼すると車種やディーラーによって異なるが、乗用車では1万円前後、カー用品量販店でもやってくれるが、その場合は8000円前後、ユーザー車検代行など格安車検のチェーン店では6000円前後とさらに価格は安めに設定されている。いずれにせよ費用は排気量の大きいクルマほど高くなる。

 これは車検とまったく同じで、点検自体を安く済ませようとするのであればカー用品量販店や格安車検で作業してもらう方がいいかもしれないが、愛車を長持ちさせたい、路上でのトラブルを防ぎたいという安心感を得るための点検を優先するなら、やっぱりディーラーで作業してもらうことだ。

 点検整備は自動車整備士が行なわなくてはいけないもの、と思っているユーザーも多い。だが自分のクルマであれば、車検を取得するだけでなく点検整備も自分で行なうことができる。そもそもクルマのオーナーには管理責任があり、点検整備を行なわなくてはならないと定められているのは、クルマのオーナーに対してなのだ。

 したがって整備工場やディーラーは、そのオーナーがすべき点検整備を代理で行なっているに過ぎないのである。ただし前述のようにプロの仕事として確実に点検整備してくれるからビジネスとして成立するのであって、単にオーナーの作業を代理で行なうような安易な仕事ではない。

 12カ月点検、24カ月点検の点検項目や内容は、クルマに積まれている点検整備記録簿を見ることで把握できる。

 これは基本的にディーラーなどの整備業者が整備の記録を店舗と車両に残し、車検取得時にも利用するためのもの。

 自分で点検するならばこの点検記録簿を見て作業し、オーナー自身が記載しておけばいい。中古車などで点検記録簿がない(前オーナーの個人情報保護のため、廃棄する業者もいるのだ)場合は、車検場に隣接している自動車整備振興会などから購入できる。

愛車にこんなステッカーが貼られているのを見たことありませんか? 定期点検整備を確実に実施したクルマであることを示すもので、次回の定 期点検整備の実施時期が外から見てもわかるように実施年月を表示。また、裏面には定期点検整備を実施した整備事業場名、次回の定期点検 整備の実施時期などが記載されている。12カ月点検の場合も貼られているケースが多い

 参考までに日本自動車整備振興会連合会が行った「平成27年度国産自動車点検・整備料金実態調査」では、車検以外の整備代金として、3万704台を調査したデータがあるので紹介しておこう。

 1年点検の点検・整備料金は軽自動車が平均1万3448円、1〜1.5Lが1万5072円、1.5〜2Lが1万7368円、2〜2.5Lが1万9038円、2.5L以上が2万1824円となっている。ちなみに24カ月点検・車検時の点検・整備料金も掲載しておこう。

平成27年度のデータだが、当協会が隔年で調査してきたが大きな変動がないということで現在は行われていない。出典/日本自動車整備振興会連合会

車検時の点検・整備料金。 出典/日本自動車整備振興会連合会

■日常的な点検から始めれば、12カ月点検も難しくない

バッテリーは液 量 が 規 定 の 範 囲(UPPERと L0WERの間)にあるかを車両を揺らすなどし て点検。メンテナンスフリーバッテリー(液の補充及び点検ができないタイプ)も同様に寿命がある

ブレーキフルードのチェックは、ブレーキリザーバタンク内の液量が規定の範囲(MAXとMINの間)にあるかを点検。 ブレーキ液の減りが著しい時は、ブレーキ系統からの液漏れやブレーキパッドなどの摩耗が考えられるので整備工場へ依頼して原因を突き止めよう

 前述のように、しっかりとプロに24カ月点検をしてもらっていれば、12カ月点検をオーナーが行なっても問題ない。もちろんクルマのメカなどチンプンカンプンなオーナーなら、点検をしても何も判断できないだろう。しかし1つ1つパーツやメカの仕組みを学びながら点検していくこともできる。

 走りながら足回りに異音や変な振動がないか確認するのも点検になるし、洗車しながらタイヤ表面のキズや摩耗をみたり、灯火類の不良などがないか見ることも点検になる。自分でタイヤを外して足回りを見て、エンジンルームの各部を点検する程度でも十分機械的なコンディションは維持できる。

 エンジンオイルやクーラント、ブレーキフルードやパワーステアリングフルード(最近は電動パワステが主流なので、量や汚れは、エンジンルーム内の点検で確認できる。

冷却水はラジエーターリザーバタンク内の冷却水の量 が規定の範囲(FULLとLOWの間)にあるかを点検。 定期的な交換の必要性があり、定期点検などに整備工場で交換。 冷却水の量が減るとエンジンがオーバーヒートを起こし、最悪の場合エンジン交換が必要になる。 冷却水の量が著しく減少している時は、ラジエーター、ラジエーターホースなどから冷却水が漏れているおそれがある

 クルマをジャッキで持ち上げてスペアタイヤに交換できるくらいのスキルがあれば、ブレーキパッドの残量などはそれほどスキルは高くなく、点検することができる。足回りや駆動系は走行によって確認すれば、オーナーの作業としては十分だ。

ブレーキペダルの踏みしろおよびブレーキの効きチェックは、ブレーキペダルをいっぱいに踏み込んだ時、床板とのすき間(踏み残りしろ)や踏みごたえが適当であるかを点検。またブレーキの効きが適当であるかを点検。 徐々に進行する変化には気付きにくいので、整備工場で定期点検を実施して専門的な知識を有する整備士に確実にチェックや調整をしてもらおう。 床板とのすき間が少なくなっている時や踏みごたえがやわらかく感じる時はブレーキ液の漏れや空気の混入が考えられるので整備工場などに依頼して原因を突き止めよう

 電装系に関しては、最近のクルマはネットワーク化されていて触れないようになっているから、点検は省略できる部分も大きい。

 ハイブリッドカーなどは複雑過ぎて、点検はほとんど専用の診断機にかけることが主体になっている。また、ハイブリッド車やEV車は高電圧ケーブル、高電圧バッテリーを搭載しているので不用意に 触れると高電圧により、重度の火傷や感電の恐れがあるので注意が必要。

 一般ユーザーが不用意に触ってはいけない部品は、オレンジ色になっていたり、注意書きシールが貼られているので、点検時は十分注意が必要だ。

ハイブリッドやEVなどのボンネットを開けるとオレンジ色に塗られている部分は高電圧なので点検の際には十分注意が必要だ

■愛車に何らかの異常が感じられたら迷わずプロに任せよう

クルマに異常を感じたら購入したディーラーや整備工場に持ち込もう

 ともあれ日常的な点検から自分のクルマに詳しくなれば、12カ月点検くらいは自分で行なうことができるようになる。愛車を自分で点検していれば、ガソリンスタンドの無料点検などでオイルやケミカル用品などの押し売りにあうこともなくなる。

 ただし、愛車に何らかの異常が感じられたら、迷わずプロへ点検整備に出すことだ。クルマの異常は音と振動、そして臭いといったカタチで前兆が現れる。

 原因が分からないまま、ダマシダマシ乗り続けていると、ダメージが進んで、修理費用が高額になったり、路上で立ち往生する羽目になる。

 そうなっては、クルマの維持費を低く抑えようと点検整備を怠ったり、自分でやっていても意味がなくなってしまうのだ。

 最後に私の経験を。私はこれまで12カ月点検を行ってきましたが、プロにお願いしたのはタイミングベルト交換(フィアット・ムルティプラは専用工具が必要で超面倒)くらいで、オルタネーター、インジェクター、燃料ポンプ、パワーウインドウレギュレーター、ドライブシャフトブーツの交換などは自分で行なっています。スキャナーも幅広い車種に使えるものを所有しています。

 整備ミスなども皆無ではないので、誰にでもDIY整備を勧めるものではないが、自分で整備して愛車の調子が良くなった時には、達成感を感じられるので、ドライビングと同じくらい楽しいものです。この感覚、ぜひ味わってほしいと思います。

最新号

ベストカー最新号

新型MIRAI&ノア/ヴォクシー重要情報入手!!|ベストカー8月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型MIRAI&ノア/ヴォクシーの重要情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GT-R2020年モデル祭り!、NEWタント&タントカスタム正式デビューともに、注…

カタログ