【日本導入熱望!!】コンパクトだけど7人乗り!! 日系メーカーのアジア戦略SUVが凄い


 日本でSUVといえば大型からコンパクトまで、さまざまな車種が揃っている人気カテゴリーだ。

 とはいえ基本的に5人乗りが多く、おじいちゃんおばあちゃんが乗ることを考えると3列目がほしいなんて声もよく聞く。

 じゃあ3列の設定があるCX-8などにすればいいかといえば、今度は日常の使い勝手が悪くなるという「帯に短したすきに長し」状態に。

 実は日本メーカーは痒い所に手が届くコンパクトで、しっかり7人が乗れる3列シートのSUVを続々とアジアでデビューさせているのはご存知だろうか?

 今回はアジア市場で燦然と輝くコンパクトSUVに迫るとともに、日本導入してくれたらいいのになぁ~という願いを込めて記事化します。

*一部記事内に誤りがございました。訂正してお詫び申しあげます。

文:ベストカーWeb編集部/写真:ダイハツ、三菱、ホンダ


■最新コンパクトSUVはダイハツ「アルズ」

 東南アジアは道路環境からコンパクトなクルマが求められる。そして家族が多いなどの理由もあり、コンパクトSUVでも7人乗りが求められる。

 そんな大注目のアジア市場のコンパクトSUVの最新作で2019年1月にマレーシアで登場したのがダイハツのアルズ。

 ダイハツのマレーシアでの生産を担当する合弁会社「プロドゥア」が製造する。

異様に車幅が狭くアンバランスな雰囲気もあるが、全体的なバランスはそこまで悪くはない気もする

 そんなアルズ、サイズがなかなかにイイ感じ。全長4435×全幅1695×全高1740mmと車幅はかなりコンパクト。

 全長はカローラフィールダー、全幅はヴィッツと同サイズで、全高はフリード(4WD:1735mm)に近似といった感じ。それで7人乗りだから恐れ入る。

 サイズの割にデザインはダイナミックでそれほど小ささも感じず、最低地上高は220mmとスバルXV(200mm)よりも高い。

リアスタイルもシュッとしていてオーソドックスな感じ。とはいえホイールが小さく見えるのは致し方ないか?

 エンジンは1.5L、4気筒の2NR-VE。パワーについては102ps/6000rpmといたって普通だが、移動手段としては充分だろう。

 なによりも驚くのがその価格。スマートアシストなどがついた上級グレードの「1.5 ADVANCE」で7万7900リンギット(約210万円)。この価格なら安い?

■三菱エクスパンダーもド派手フェイスで大人気

 コンパクトSUVのパイオニアとも言うべきか絶好調なのが三菱エクスパンダー。

 2017年からインドネシアで発売を開始し、いまやアジア圏でバンバン売れている1台だ。ド派手なフェイスだが三菱らしさを感じる1台。

 元々アジア市場では三菱への信頼は厚く、多くのファンを持っているのも追い風になっている。そしてエクスパンダーが売れている要因はちょうどいいサイズ感もある。

 中間グレードのエクシード(グレード名がパジェロと同じでまた泣かせるっ!!)は、全長4475×全幅1750×全高1700mmとアルズよりはちょっと大きく最低地上高は205mm。

新型デリカD:5を彷彿させるフロントマスク。ダイナミックなデザインは想定通りか、アジア圏で大うけした

 こちらも1.5Lの4気筒でエンジンは4A91。コルトなどにも搭載された信頼性抜群のエンジンで104psを発揮する。もちろん7人乗りだ。

 エクステリアのイメージはまさに新型デリカD:5のような雰囲気。縦型のライトなども斬新でSUVとしては大胆だ。

 初見でもアジア受けしそうな雰囲気がプンプンするのだが、想定通りなのか大ヒット。生産台数も大幅に引き上げているという。

 価格はインドネシアでは2億410万ルピア、日本円にすると約160万円。

 日本のラインナップでは3列目の設定はアウトランダーとデリカD:5にあるが、コンパクトな3列目設定車がない三菱。

 新たな3列ミニバンとして導入してはどうだろうか、と数年言い続けている気がするが導入の予定はないとのこと。

次ページは : ■ホンダBR-Vは高級路線でライバルと差別化?

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ