【スイスポ VW ルノー…】1トン以下で軽く走り&コスパも良いクルマ 7選


■スイフトスポーツ/車重970〜990kg

車両重量は6MTが970kg、6ATでも1トンを切る990kg。エンジンは140ps/23.4kgmを発生する1.4L、直4ターボ。価格は6MTが183万6000円、6ATが190万6200円。こんなに軽くて、楽しくて、安いクルマはない!

このモデルこそ軽さがモノをいう、といえるのが現行スイフトスポーツ。その車重970㎏。そのためバネレートはソフト。

乗り心地が良く、ハンドリングはステアリングの切り始めに少しロールするのだが、バンプストッピングラバーチューンが絶妙でロールは大きくなりすぎない。

特に操舵初期がシャープ過ぎなので、安心してコーナーに飛び込める。FFだけど必要以上にリアが粘らず、かといって電子制御でスタビリティは確保している。

まさに現代的な味付けのFFホットハッチに仕上がっている。しかも室内静粛性がこのクラスではトップレベルの静かさ。

200万円を切るバーゲンプライスなのに、どうやってこのクォリティを達成したのか? とても不思議だ。

■アルトワークス/車重670kg

アルトワークスの車重は5MTが670kg、5AGS(シングルクラッチMT)が690kg。搭載するエンジンは64ps/10.2kgmを発生する直3、658cc、DOHC ターボ。価格はいずれもFFで5MTが150万9840円、5AGSが154万7640円

スイフトスポーツの味付けとは正反対な仕上がりなのがアルトワークス。車重はなんと670㎏。サスペンションは硬く、ゴツゴツしてます。しかし、路面の状況をステアリングから、シートから、身体中から手に取るように感じ取れます。

ブッシュ類も硬くして、リアリティを重視しているから。そこに余計なデコレーションを施していないから、徹底した軽量化とレーシングカーのようなハンドリングが楽しめる。

同じスズキ製なのに、スイフトスポーツとこんなに方向性を異にすることができるのかと感心する。この2台を足して割ったようなハンドリングなのが現行イグニス。こちらも850㎏。デザインからは想像もつかないほどにコーナリング性能が高いモデルだ。

次ページは : ■ルノートゥインゴ ゼン(MT)/960kg

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ