でかい!すごい!UDトラックス工場拝見


■UDトラックスQ&A

Q1.ボルボと一緒になったことで、考え方の相違を感じた部分はありますか? また、逆に共通点はどのようなところですか?

A1.まず、UDとボルボは、基本的な目標値とその定義が異なりました。共通点は、工程を少なくして安く速く作るという部分ですね。

Q2.ボルボと合併後、取り入れたシステムなどはありますか?

A2.ボルボはシステムを非常に大切にする会社。UDはこれまで作業者の器用さに頼っていたところが多いのですが、再現性のある仕組みに落とし込むようになりました。また、記録は紙に記していたのですが、データ化するようにもなりました。ピッキングシステムに関しては、UDのシステムをボルボの仕組みのなかに入れることになりました。例えば、ボルボはミスを防ぐために、人間ではなく機械を使うという考え方なのですが、UDでは目視を重視している部分があり、ボルボにそのよさを説明し、理解してもらいました。今のところ、特に不具合は起こっていません。

Q3.工場で働く人のなかに、女性はいますか?

A3.女性作業者はほぼいません。ただ、トランスミッションの検査員のなかには、女性がわりといます。

Q4.カスタムペイントをオーダーされる割合と今後の目標を教えてください。

A4.カスタムペイントを注文される方の割合は、全体の30%弱です。将来的には30%以上まで高めていきたいですね。色数は3000色と多く、模様を付けてほしいなどデザイン面でのオーダーもあり、塗料メーカーと協力しながら仕上げています。1社ごとに異なるデザイン、模様、色味を作るので、現場ではそれなりの苦労があります。


工場で働くお兄さん達、かっこよかったです!

UDトラックス、最高です!!