時代に逆行!? 高いのに!?? 硬派貫くランクルがいま絶好調のワケ

「ランクル」が売れている。

 世界的なブームとなり、日本でも人気カテゴリーに急成長したSUVながら、人気の中心は、トヨタのC-HRやホンダのヴェゼル、マツダのCX-5などオフロードだけでなく、日常での使い勝手にも優れるカジュアルなモデルたちだ。

 そうしたなかで、硬派な“クロカン”(=クロスカントリーの略)のランドクルーザーが、いま人気を集めている。直近の2019年3月の販売台数は4012台と、マツダ CX-8(4392台)に匹敵し、SUVのなかでも8位の販売台数をマーク。

 ランドクルーザーの価格帯は473.9万~684.7万円、弟分のランドクルーザープラドも同353.8万~536.3万円と価格は決して安くない。モデルの性格も考慮すると驚くべき好調ぶりといえる。

 なぜ、いま硬派なランクルが支持されているのか? その背景には、ライバルとは異なり、地道な進化を遂げてきた実直な姿がある。

文:片岡英明/写真:編集部


世界で支持されるランクルの魅力とは

日本販売の大半を占めるランドクルーザー プラド。ボディサイズは全長
4825×全幅1885mmと200系と比べると小型に抑えられている

 日本を代表するプレミアムSUVがトヨタのランドクルーザーだ。オフロード界のキングと崇められている「ランクル」は、レンジローバーと肩を並べる知名度を誇っている。その卓越した走破性能にはプロも惚れ込んだ。だから世界中に熱狂的なファンを持ち、乗り継ぐユーザーも少なくない。

 今の時代、乗用車をベースにしたクロスオーバーSUVが持てはやされている。が、クラウンより長い歴史を誇るランクルは、初代モデルからタフな走りを売りにし、ファン層を広げるとともに信頼を勝ち取ってきた。

 ご存じのように、ランドクルーザーには2つのシリーズがある。ひとつは、フラッグシップの「200系」だ。精緻な4.6LのV型8気筒ガソリンエンジンを積み、これに副変速機付きの6速ATを組み合わせた。

 もう1つは弟分のランドクルーザー「プラド」だ。こちらはハイラックスと兄弟関係にあり、日本仕様は直列4気筒のクリーンディーゼルと2.7L直列4気筒のガソリンエンジンを設定。これに副変速機付きの6速ATを組み合わせた。仕向け地によっては6速MT車も設定する。

 200系、そしてプラドともに強靭なラダーフレームを採用し、駆動方式はフルタイム4WD、トランスミッションはハイ/ローの副変速機を備えた本格的なもの。オフロードの走破性能は非凡だ。道なき道も走破できる高い潜在能力を秘めている。だから世界中で愛されているのだ。

 ランドクルーザーシリーズの累計生産台数は800万台を超え、年間の販売台数は30万台を超える。メインマーケットは中近東だが、最近はアフリカやロシア、中国などの伸びも大きい。

 ランクルは悪路や雪道は得意だ。が、舗装路のハンドリングはクロスオーバーSUVに遠く及ばない。ワインディングロードで安全に、速く走らせるのには、かなりのテクニックを必要とする。

 だから、日本では一部のマニアだけがランクルを買うと思われていた。全世界のシェアを見ると、日本は10分の1にも満たない。

 だが、ランクルファンは、驚いたことに、ここ数年増え続けているのである。

古参モデルながら国内で異例の販売増

2018年4月-2019年3月期の販売台数。「順位」は登録車全車種の販売順。ランクルは流行りのSUVと比肩する台数をマークし、前年比でも台数を伸ばしている(データ/自販連)

 ランクル200は2007年7月、プラドは2009年9月のデビューで、古参と言えるモデルなのだが、なんと販売台数が増えてきたのだ。

 2019年の乗用車登録台数を日本自動車販売協会連合会(自販連)の資料で調べてみると驚きの連続だった。200系とプラドを合わせ、1月は2717台、2月は3065台、そして年度末の3月にはついに4000台の壁を破って4012台の登録を記録した。

 SUV部門で3月のランキングを見ると、トヨタ C-HR(8952台)、ヴェゼル(8214台)、CX-5(6334台)、エクストレイル(6225台)、ハリアー(5074台)、フォレスター(5049台)、CX-8(4392台)に次ぐ8位なのだ。CR-Vやクロスビーよりも売れている。

 もちろん、販売台数の約9割はプラドだ。価格の張る200系は月に300台程度にとどまっている。が、どちらも10年選手だから驚異の数字だ。

 ついでに2018年4月から2019年3月までの2018年度の販売台数も調べてみた。ランクルは200系とプラドを合わせ、2万9075台を登録している。

 これは乗用車部門の32位だ。29位がフォレスター、30位がCX-8、クロスビーが33位だから快挙と言えるだろう。意外にもEVのリーフや話題になったカムリはランクルシリーズより売れていないのだ。

何が明暗わけた? かつてのライバル「パジェロ」との違い

1990年代にRVブームを築いた三菱のパジェロ。ランクルと双璧をなす存在だが、現在は月50台程度の販売に留まり、その差は大きく開いている

 かつてはランクルと販売台数を競い、ライバル関係にあった三菱のパジェロは絶不調で、毎月の販売台数は50台程度にとどまっている。

 パジェロはランドクルーザー200系より基本設計が古く、デザインにも安全装備にも古さが目立った。肝となる4WDのメカニズムも進化している部分が少ない。また、相次ぐ三菱の不祥事にも足を引っ張られ、ブランドネームは地に落ちたのである。

 これに対しランドクルーザー200系とプラドは、定期的に改良を行い、商品性に磨きをかけてきた。だからユーザーの信頼を勝ち取り、ジワジワと販売を伸ばしてきたのだ。

 200系はクロールコントロールやターンアシストなど、最新の制御技術を導入し、オフロードの走破性能をさらに高みへと導いた。

 また、プラドもマルチテレインセレクトやヒルスタートアシストなどを採用し、SUVビギナーでも不安なく悪路を楽しめるようにしている。最新の電子制御技術を駆使してSUVの走りの楽しさを多くの人が引き出せるようにした。これも販売増につながっているようだ。

ランクルがいま支持されている理由

写真はランクルプラドの試乗会での一コマ。この圧倒的な走破性こそ、ランクルが“本物”である所以。加えて、予防安全装備など最新の装備も充実させ、地道に進化を続けている

 クロスオーバーSUVが増え続けているが、乗り慣れるともう少しマニアックな車に乗りたくなる。アウトドア派は硬派なSUVに強い憧れを持つが、そういった人はランドクルーザープラドに白羽の矢を立てるのだろう。

 キャビンは広く、前席は見下ろし感覚のドライビングポジションだ。視界がいいし、車両感覚もつかみやすい。また、どの席に座っても頭上には余裕がある。居心地がいいのが本格派SUVの魅力だ。

 さらに余裕のある人や頂点のSUVにこだわる人は「キング・オブ・SUV」の称号を持つランクル200に目を向ける。ボディサイズが大きく都市部では取り回しに気を遣う。

 が、この弱点さえも所有欲を満たし、優越感となるのだ。キャビンの質感もフラッグシップSUVにふさわしいレベルにある。キャビンも広く快適だ。荷物も積みやすい。そしてロングドライブも余裕でこなす。

 また、輸入車でしか味わえなかった上質なV型8気筒エンジン、大排気量ならではの余裕の動力性能に魅力を感じる人も200系に食指を動かす。

 重量ボディを苦もなく加速させ、クルージング時の静粛性の高さも車格にふさわしい。最新のランクル200系とプラドはオンロード性能も大きく向上した。ワインディングロードでもコツをつかめばコントロールしやすい。乗り心地にも優雅さが感じられる。

 もちろん、キャンプ場へ続くオフロードや雪道では敵なしの走破性能だ。ちょっと前までは熟練したテクニックが求められたが、技術の進歩によってSUVビギナーでも不安なく雪道などの滑りやすい路面を走りきれる。

 しかも、価格は基本メカニズムを同じくするレクサス LXの半額だから魅力は大きい。プラドも環境性能の高いクリーンディーゼルを得て魅力を増した。3列シートの7人乗りならミニバン的な使い方もできるからファン層が広がっているのである。

 非日常の楽しさを誰にでもイージーに引き出せる最新のランドクルーザー200とプラドは、今後も安定して売れ続けていくはずだ。

最新号

ベストカー最新号

平成最後の日本自動車大賞|ベストカー 5月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 4月1日に元号が「令和」に決定し、いよいよ平成も残りわずかとなる。そこで、最新号では平成最後の日本自動車大賞を決定。  このほか、デビュー直後の日産デイズ&三菱など注目新車の情報も盛りだくさんの内容でお送り…

カタログ