【激震3代目BMW1シリーズ先行試乗】最小のBMWは最高の走りを見せるか!!??

 ゴルフやカローラスポーツなどライバルひしめく欧州Cセグメントの雄、BMW1シリーズ。約8年ぶりにフルモデルチェンジする3代目は、2019年9月に開催されるフランクフルトショーで公開される予定。

 その正式発表を前にドイツ在住ジャーナリストの木村好宏氏が、発表前のカモフラージュされたプロトタイプに先行試乗! 

 新型1シリーズは、これまでBMWがこだわり続けてきたFRから、ミニや2シリーズアクティブツアラーなどと同じFFに大転換。クルマ好き、BMWが好きな人にとっては一大事件として注目を集めてきた。

 さて、新型1シリーズはFFになっても、不安を払拭するFUNな走りを魅せてくれるのか?

 今回、カモフラージュされた新型1シリーズを元にベストカー本誌が製作したCGが掲載されたベストカー2019年5月10日号より転載しました。

文/木村好宏
写真/木村好宏 ベストカー編集部(CG写真)
初出/ベストカー2019年5月10日号「BMW1シリーズ海外先行試乗記」より


■なぜFRからFFに転換したのか?

これはベストカー本誌がCGで製作したもの。実車ではありません。試乗会はカモフラージュされたプロトタイプの1シリーズが用意された
現行2代目1シリーズは2011年6月に登場。2015年8月にマイナーチェンジし、フロントマスクを一新(写真)。ボディサイズは全長4340×1765×全高1440mm。価格は118iが317万〜379万円。118dが404万円。120iが450万〜463万円。M140iが652万円。搭載エンジンは118iが136ps/22.4kgmの1.5L、直3ターボ。118dが150ps/32.6kgmの2L、直4ターボ。120iが184ps/27.5kgmの2L、直4ターボ

 BMWが2004年に欧州Cセグメントのプレミアムコンパクトクラスに送り込んだ1シリーズはこのクラスとしては珍しいフロントエンジン、リアドライブというレイアウトを持っていた。

 FFのライバルたちと比べると、キャビン空間の確保や重量、コスト面から見れば不利だったが、3シリーズのプラットフォームを流用してBMW独特のダイナミック性能重視の決定であった。

  その結果、確かに走りの面ではFFのライバルたちを凌駕したが、特にリアの居住性やトランクスペースなど実用性の面での不利は克服できなかった。

 そこで開発コードF40と呼ばれる次期型1シリーズには、これまでミニやアクティブツアラーなどに使用されている前輪駆動専用のアーキテクチャー(UKL)をアップデートして採用することになった。

 そして今回、2019年9月の正式発表を前にBMW AGは少数のジャーナリストに、そのプロトタイプを南フランスにあるテストコースで試乗するチャンスを与えてくれた。

 今回の主な目的はダイナミック性能の紹介と確認で、それゆえにBMWからの参加者のほとんどはドライビングダイナミクス関係のエンジニアだった。

 彼らに与えられた開発主眼は「後輪駆動の現行1シリーズを超える、このセグメントのベンチマークとなるダイナミック性能を持つ前輪駆動を作り上げる」というものだった。

 そのためにミニや2シリーズアクティブツアラーなどで得た前輪駆動技術ノウハウを新型1シリーズへ活用するのはもちろん、同時にコンパクトピュアエレクトリックカー「i3」に投入された革新的な制御システムを新型1シリーズにも採用することになった。

■ゴルフよりひと回り大きい?

カモフラージュされた1シリーズは旧型と比べると明らかに大きく、ゴルフよりもひと回り大きそうだった
現行型に比べてワイドになっていることがわかるリアビュー

 まずはワークショップでフルカモフラージュされた新型1シリーズと対面する。5ドアボディ(3ドアはカタログから外された)は旧型と比べると明らかに幅広く、さらに低く、直接比較はできないがゴルフよりもひと回り大きそうだ。

■3シリーズ譲りの最新コネクティビティ満載

カモフラージュされてはいたものの、デジタルメーターやジェスチャーコントロールなど最新のコネクティビティ、BMWオペレーティングシステム7.0が搭載されているという

 インテリアは完璧にカムフラージュされていたが、コクピットにはすでに新型3シリーズに採用された音声およびジェスチャーコントロールで指示、入力が可能なフルデジタルのBMWオペレーティングシステム7.0が搭載されている。

 用意されていたプロトタイプは3台で、まずは118iのスタンダードサスペンションでウェットコースへ出る。

 ここで印象的だったのは今回の1シリーズに標準装備されるARBと名づけられたタイヤ・スリップ・コントロール・システムで、直接エンジンに指令を出すのでESP(ダイナミックスタビリティコントロール、いわゆる横滑り防止装置)の10倍早いスピードで制御が始まる。

 これこそが前述した電気自動車「i3」の開発過程で生み出されたハイテクである。ドライビング・ダイナミクス・アプリケーション担当のアース氏は「FFの定義を変えたシステム」と自認するが、確かにその反応速度は早く、安定しているので、気がつかないうちに3輪走行になるまで攻めていた。

 確かにFFにしてはこれまでにはないダイナミックなハンドリングを確認することができたのである。

 この1シリーズは秋のフランクフルトショーで初公開され、早ければ年内に日本に登場する可能性がある。ほぼ同時に登場する新型ゴルフ8と並んで実に楽しみなニューモデルである。

ともすればFF化で走りの面では不利と思われたが新型1シリーズはそんな不安を払拭する走りをみせてくれた

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】日産&三菱から出る新車|ベストカー 6月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 令和初売りの今号は、スクープ班が独占入手した日産&三菱の新車情報を詳しく紹介。  このほか、日本のSUV&クロスオーバー全37モデル〇×評価など、注目車種の情報も盛りだくさんの内容でお送りする。 【スクープ…

カタログ