【クルマのスイッチを断捨離したい!!】いらないスイッチ多すぎやしませんか?

 最近、コネクティビティとかインフォテイメントとか、カタカナ文字を使うクルマの機能が増えてきて、クルマのスイッチ類がやたら多くなってきていませんか?

 こうしたスイッチってホントにいるのでしょうか? たしかに目新しくてクルマを買ったばかりの頃は使うかもしれませんが、ちょっと時間が経つと、ほとんど使わない、忘れ去られた存在になってしまっているはずです。

 そんな「いらないスイッチ」をオーナーの意見も入れ込みながら紹介していきましょう。いったい、どんな「いらないスイッチ」が出てくるのか?

文/野里卓也
写真/野里卓也 ベストカー編集部


■よく知られている使わないスイッチ

 まず、ほぼ使わないスイッチとして、よく知られている以下のスイッチは除外した。今回はそれ以外の使わないスイッチ類を紹介していこう。

●パドルシフト
●アイドリングストップのオフスイッチ
●VDC、ESPオフスイッチ
●ヘッドランプレベライザー
●パーキングランプ(駐車灯) 
●ATのオーバードライブオンスイッチ

■ハイブリッドの車両接近通報一時停止スイッチ

レクサスNXのステアリング右下のダッシュボードに配置されているスイッチ類ですが、全部わかりますか? 上段左からオートマチックハイビーム、2番目はクリアランスソナー、3番目がブラインドスポットモニター、4番目がバックドア開閉スイッチ。下段左からプリクラッシュセーフティブレーキ、2番目は車両接近通報一時停止スイッチ、3番目はパノラミックビューモニター、4番目はステアリングヒーター

 それにしても先進装備が増えたおかげでこんなにもスイッチが増加! 一見さんにとってはチンプンカンプン、オーナーにとってもすべてを理解するのに時間がかかるだろう。その一例としてレクサスNXのステアリング右下にあるスイッチ類を見ていこう。

 そのなかでも、あまり使わないと思うのは、上記左から2番目のスイッチ。近年発売したトヨタとレクサスのHVモード(同機能は日産リーフにもあり)に設定されたスイッチだ。

 これは「車両接近通報一時停止スイッチ」と呼ばれるもので、モーターのみを使って走行している時にクルマの接近を周囲の人に知らせるために、車速に応じた音を発生させる装備。

 このスイッチは、その機能を一時停止させるためのスイッチだ。わざわざ付けたのにいちいちオフにする必要があるのかと思ってしまう。

■レクサスNXのアクティブサウンドコントロールスイッチは必要なし?

レクサスNXのアクティブサウンドコントロールのスイッチ

 さらにレクサスからいらないスイッチをもう1つ。アクティブサウンドコントロールは、レクサスのGS FやRC F、それにNXのFスポーツグレードに搭載される装備で、簡単にいうと走っている時に音を電気的に生成して、専用スピーカーから最適なエンジン音をドライバーに届けるもの。

 さて、その効果を実際に装備しているレクサスNXオーナーに聞いてみた。やはりというか、予想どおりというか、ほぼ使っていないそうだ。

 「NXは静かに走るけど、本気を出せばスッと加速してくれる! NXは静かなほうがいい。NXにはいらない装備でしたね」とのこと。

 一方でLC500は試乗したことがあり、その時はV8エンジン独特のサウンドは心地よく感じたというから、やはりそれぞれの車種に合ったサウンドのほうがよいということだろう。

■ドライビングモード切り替えスイッチ

先代BMW3シリーズだけでなく、現行3シリーズにも装備されているドライビングパフォーマンスコントロールスイッチ
ドライビングモードはECO PRO/ COMFORT / SPORTに切り換えることができる

 スポーツカーだけでなく、スポーティなハッチバックやセダンなどにも装備されている、ドライビングモード切り替えスイッチ。

 ほんとにドライビングモードを頻繁に使っているのか、先代3シリーズオーナーに聞いてみた。

「先代3シリーズのドライビングパフォーマンスコントロールスイッチはATのシフトレバー右側にあり、ECO PRO/COMFORT/SPORTと3つのドライビングモードに切り替えられます。M SportとデザインラインのSportにはSPORT+が付いています。

 COMFORTはデフォルトで、ECO PROはATのロックアップ領域を多くしてトルコンによるロスを最小限に抑えたり、補機類も制御してエンジンの負担を抑える、燃費がよくするドライビングモードです。 

 購入した当初は燃費がなるべく燃費をよくしようと、ECO PROスイッチを頻繁に押していましたが、 停止してアイドリングストップした時に、エアコンの吹き出し口からの風が弱くなり、エアコンの効きがイマイチ悪くなりますし、エンジンをかけるたびにECO PROに切り替えなくてはいけないため、いつのまにか押さなくなりました。燃費が10%ほどよくなるのはいいんですけれど、イライラするほうが多くなるので……」

 では、そこまで言うならドライビングモードが最初からなかったほうがいいですか? という質問をぶつけてみた。

「街中、高速道路を普通に走っている分には必要ないかもしれません。確かにこの1年、このスイッチを押したかどうか思い出してみましたが、3回あるかどうか……。

 でも、ワインディングを走るときは使いたいので(走る機会はほぼないけど)、このスイッチは取ったら嫌だな……」

 あったらいらないと思うけど、なくなったら嫌。ドライビングモードスイッチの本質は、ここにあるのかもしれない。

■BMWの速度リミッター設定スイッチ

ステアリング横にある速度リミッターを設定するLIMスイッチ

 このスイッチに意味があるのか、と疑問に感じるのはBMWの可変速度リミッターのLIMスイッチ。

 ステアリングスポークの「LM」スイッチで起動し、設定は「上下のレバー」で行う。

 この機能をオンにするとメータパネルに緑の文字で「LIM」と表示され、スピードメーターに緑のドットが点灯。

 現在の走行速度が速度の制限として設定され、例えば、高速道路で80km/h の時点でボタンを押すことにより80km/hを超えない走行になる。

 任意に制限速度を設定できるこのLIMスイッチ、使っている人はほぼいないんじゃなかろうか。

■R35GT-RのGセンサー

R35GT-Rのマルチインフォメーションディスプレイ

 R35GT-Rのマルチファンクションディスプレイは、前席中央のコンソールにインストールされた7インチ液晶ディスプレイで、さまざまな車両情報や走行情報をリアルタイムで表示する優れもの。

 発売当初から標準装備されており、最新の2018年モデルでは「Apple CarPlay」にも対応と、エンターテインメント機能の充実化も図られている。

 そこで、2007年に発売された直後にR35GT-Rを手に入れたモータージャーナリスト橋本洋平氏に聞いてみた。

 「たくさんの表示機能があったが、そのなかでG(クルマの加減速やコーナリング中に生じるGを波形で表示)を表す機能は、リニアに伝えており、視覚的にも面白いのだけど、走っている最中だとメーターを見る余裕はなかった(笑)」

 たしかにあれだけハイパワーなモデルだと、走るのに全神経を集中させているので見るヒマなんかほとんどないというのは納得できる。ちなみにポルシェ911やケイマン、ボクスターにも 前後/横 Gを表示するGフォースを装備している。

 それ以外ではセットアップスイッチをかなり多用していたそうで、特にショックアブソーバーのスイッチは標準でもガチガチなだけに、コンフォートに設定すると「路面からの衝撃が収まるのがかなり緩くなり、乗り心地がまったく変わる」と、楽しんでいたようだ。

■ポルテの目盛り付きのセンターピラー

もうすぐジェットコースターに乗れる身長だね、と親子で話しているかもしれない

 最後にスイッチではないが、ほんとにいらない装備として強烈にプッシュしたいのが、トヨタのポルテやスペイドに標準装備されている目盛り付きセンターピラーだ。

 助手席側のピラーに目盛りが付いており、子どもの身長をひと目で測定できるもの。110cm程度までは測れるので、長尺物などの測定にも使える。子どもが乗り込むたびに日々の成長を確認できる、遊び心のあるユニークな装備ではある。

 でも、子どもが大きくなって測定できなくなったらどうするのだろう? という、考えは野暮というものか。

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ