後世に残したいニッポンのクルマ文化財~クルマ&装備編


 日本といえば、2020年に開催される東京五輪招致の際に散々言い尽くされたけど、「おもてなし」の国である。そして、その心は日本車そのものやカーライフ全般にも表われていて、まるで有形、無形の文化財のようなものだ。てなワケで本企画ではそんな後世に残しておきたいニッポンの美しい〝クルマ文化財〟をピックアップしてお届けしよう。

●ロングノーズショートデッキ

 美しいクーペスタイルといえば低く這うようなスタイリングの「ロングノーズショートデッキ」だ。長らく伝統的な2ドアスポーツカーの理想のスタイルとされてきたプロポーションであり、初代フォードマスタングがこのコンセプトを取り入れて大成功を収めた。

 日本車では古くはトヨタ200GT、初代S30フェアレディZ、初代サバンナRX─7ときて初代ソアラ、70&80スープラなどが踏襲していた。基本的にロングノーズは大排気量のマルチシリンダーエンジンの搭載が前提で、短いリアデッキとキャビンの小ささがスポーツカーとしての運動性能の高さを主張するものだったワケだ。

 現在、国産車にはスポーツモデルの絶対数自体が少なくなってきているものの、現行Z34フェアレディZと86/BRZの2台のFRスポーツはかろうじてロングノーズショートデッキを継承しているモデルだといっていいだろう。

 ’80年代後半以降、輸入車でエンジンをミドに積むスポーツモデルを中心にショートノーズが採用されていたが、今後も典型的なロングノーズショートデッキの国産スポーツが引き継がれていくことを熱望!

●ミニバンの微に入り細をうがつ多彩なシートアレンジ

 軽やコンパクトほどではないが、激戦区であるミニバンカテゴリー。それを支えているのはミニバンならではの使い勝手を実現するシートアレンジだ。

 例えば、セレナであれば3列で合計18にも及ぶシートアレンジが用意されている。

 広い室内で8人がゆったり過ごせる「3列ゆったりモード」、シートのクッション性が高く、移動先での仮眠にも便利な「1-2列クッションフラットモード」、26インチのマウンテンバイクが4台積載できる「スーパーカーゴモード1」、右側スライドドアからベビーカーを畳まずに積載可能な「ベビーカー丸ごとモード」などなど、実に多様なニーズにきめ細かく対応していることがよくわかる。

 これぞ、痒いところに手が届く日本のミニバンの真骨頂だ。これからもたゆまぬ進化を続け、ファミリーユーザーの期待に応え続けてほしいもの。

次ページは : ●前席3座シート車

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ