【一生に一度は愛車にしたい個性派】日本の小さなピックアップ6選

 北米や東南アジアでは税金の優遇もあり乗用車代わりに使われることも多いピックアップトラックが、日本では絶滅状態となって久しい。

 そんな状況下で2017年に復活したトヨタハイラックスは年間2000台という当初の販売目標台数に対し、未だに月500台以上が売れる好調が続いている。

 現在日本でピックアップトラックは「小山のようなクルマ」というイメージだが、かつて日本には小さなピックアップトラック、ファンション性を重視したモデルも存在した。当記事では個性に溢れていたそんなクルマたちを紹介する。

文:永田恵一/写真: TOYOTA、NISSAN、HONDA、SUZUKI、DAIHATSU


トヨタパブリカトラック&ピックアップ

販売期間
パブリカトラック(1964〜1969年)
パブリカピックアップ(1969〜1988年)


 パブリカ(一般公募で決まったパブリカの車名はパブリックカーに由来)は現在のヴィッツ、その前のスターレットの前身として、当時通産省が提唱しようとした国民車思想に沿い、1961年に初代モデルが登場した。

 700㏄の空冷フラットツインを搭載する2ドアセダンでスタートした初代パブリカはバン、オープンといったボディバリエーションを拡充し、1964年にトラックの車名でピックアップトラックを追加。

初代パブリカのデビューから遅れること3年、1964年にパブリカトラックの車名で登場。ライトなトラックながら実用性が高く、パネルバンなども設定し幅広くニーズに応えた

 初代パブリカトラックは平ボディだけでなく、幌付きやパネルバンも設定していた。

 1969年4月には1L級の直4エンジンも加わった2代目モデルに移行し、車名をトラックから変えたピックアップも半年遅れでフルモデルチェンジされた。

 2代目パブリカは2ドアセダンとバンがスターレットにバトンタッチしたのに対し、ピックアップは排気量拡大や排ガス対策を行いながら1988年まで生産が続いた。

パブリカトラック改めパブリカピックアップとして1969年に登場。あまり存在感はなかったが、バブル直前の1988年まで日本でも販売されていた。サニトラよりも目にする機会は少ない

日産サニートラック

販売期間
初代サニートラック(1967〜1971年)
2代目サニートラック(1971〜1994年)


 今でもたまに走っている姿を見ることがあるサニートラックは、初代サニーから約1年遅れの1967年2月に登場した。

サニトラの愛称で親しまれたサニートラックは商用車として人気が高かった。待ちの電気屋さん、八百屋さんなども使っていたため目にする機会は多かった

 2代目サニーをベースにした2代目モデルは2代目サニーから約1年遅れの1971年2月に登場。

 2代目サニートラックは1973年4月の荷台を延長したロングボディ追加や排ガス対応、フロントのディスクブレーキ化などが行われた1989年11月のビッグマイナーチェンジを経て、日本では1994年3月までの27年間、海外では南アフリカ共和国で2008年7月までの31年間という超長期間に渡り生産された。

 2代目サニートラックは今になるとトラックとして使う以上に、古いクルマとしてはパーツ供給に恵まれた日産車である点や比較的最近まで生産されていたこともあり、旧車に乗るという趣味の対象としても非常に面白い存在でもある。

2代目サニトラは1994年まで販売された。駆動方式は初代同様にFRということで一時期ドリフト車としても注目された。実用性、ファッション性とも高いのでサーファーにも人気だった

ホンダライフピックアップ

販売期間
ライフピックアップ(1973〜1974年)


 ライフピックアップは1970年代にホンダがラインナップしていた軽乗用車のライフをベースにした、現在のスズキワゴンRのような軽ハイトワゴンのライフステップバンをピックアップトラック化し1973年8月に登場した。

 ライフピックアップもステップバンと同様にFFらしい地面から荷台の高さやダッシュボードが机のようになっている点など使い勝手に優れたクルマだったのだが、1974年にホンダが軽自動車から一時撤退したことで姿を消し、短命に終わってしまった。

フロントから見るとステップバンそのものだが、実はピックアップという仰天グルマ。デビューした翌年にホンダが軽自動車から一時撤退したためわずか1年程度の短命に終わったのが残念

スズキマイティボーイ

販売期間
マイティボーイ(1983〜1987年)


 マイティボーイは2ドアファストバッククーペというボディ形状でスペシャリティな軽自動車だった2代目セルボのリアシート後方をピックアップトラック化したモデルで、1983年2月に登場した。

 マイティボーイはピックアップトラックではあるものの、積載性などの実用性より低いドライビングポジションなどファッション性を重視したピックアップトラックとしてはスペシャリティなモデルで、価格も45万円からと四輪車としては最安だった。

決して販売面で成功したクルマとは言えないマイティボーイだが、マー坊の愛称で認知度は抜群だった。写真はデッキカバーと呼ばれる幌が付いている上級モデル

 荷台にはデッキカバーと呼ばれる幌が付くグレードもあり、「スズキのマー坊とでも呼んでくれ」というテレビCMのキャッチフレーズに由来するマー坊のニックネームも未だに頭に残るものだった。

 しかしわかりにくいクルマだったのは否めず、1987年12月に生産を終了し(よく4年間以上も生産したという気もするが……)、初代限りのクルマとなってしまった。

トヨタbBオープンデッキ

販売期間
bBオープンデッキ(2001〜2003年)


 2001年6月登場のbBオープンデッキは5ナンバー登録の乗用車のまま初代bBのリアシートを若干縮小しながらも残し荷台を設け、リアドアは右側はなし、左側はマツダRX-8のような観音開きとしたピックアップという、トヨタが時々出す楽しげなクルマである。

 イエローのインテリア&ボディカラーの設定に加え、車内と荷室をつなげられ天気のいい日なら日光浴もでき、タープテントや荷台の荷物を保護するトノカバーなどのオプションも用意され、価格も169万円(消費税抜き)とそう高くもなく、今見ると面白いクルマなのは事実だ。

 しかしリアシートと荷台の狭さによる中途半端さや「いったいどう使うんだろう?」という感も否めず、残念ながら生産期間は2年に満たず、短命に終わってしまった。

bBオープンデッキは観音開きドアを採用。お釣りがくるくらいの遊び心満点で、見ているだけで楽しくなる。写真は最終モデルのオーシャンズバージョンで色がオシャレ

ダイハツ ハイゼットデッキバン

販売期間
初代ハイゼットデッキバン(1988〜1993年)
2代目ハイゼットデッキバン(1994〜1998年)
3代目ハイゼットデッキバン(1999〜2004年)
4代目ハイゼットデッキバン(2004年〜)


 ハイゼットデッキバンはbBオープンデッキに近いコンセプトで、軽1BOXバンのハイゼットバンの荷台部分をピックアップトラック化したモデルである。

 ハイゼットデッキバンはハイゼットバンが7代目モデルだった1988年10月に追加されて以来現在もラインナップされており、日本車の小型ピックアップとしては唯一現存するモデルだ。

 現行ハイゼットデッキバンは自律自動ブレーキの設定に代表される現代的なアップデートも抜かりないのに加え、街の電気屋さんからの「冷蔵庫を立てて運べる」というリクエストに応えたり、釣りや漁場などに便利なためなのか海沿いでよく見かけるなど生活に密着したクルマで、一定の需要があり存続しているのもよくわかる。

ハイゼットカーゴをベースにデッキ部を特設。初代が1988年にデビューして以来、現行モデルで4代目となることからもわかるとおり、一定の人気を保持。写真の最新モデルは自動ブレーキも用意される

★     ★     ★

 小型ピックアップには思い出すと実用性以外の楽しさも持つ個性的なクルマが多かった。

 この点とハイラックスの意外なヒットを思うと、そう売れるジャンルではないにせよ、ハイラックスやハイゼットデッキバンのような唯一の存在であれば市場を独占できそうな気もする。

 このことを考えると日産が南アフリカ共和国で生産しているサニートラックの現代版となるNP200を日本導入すれば、小さくない起爆剤になるのではないだろうか。

日産が南アフリカのプレトリア・ロスリンにある組み立て工場で生産しているNP200はどことなくレトロ感のあるピックアップだ。まさに現代版サニトラといった感じのモデルだ

最新号

ベストカー最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|ベストカー9月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「ベストカー」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ