事故4倍!? 雨天時の運転で注意すべきポイントとは?

 沖縄、九州南部、東海、関東甲信越、東北地方が梅雨入りし、これからが梅雨本番といった感じですが、ドライバーにとって気をつけなければいけないのは雨天時の事故です。

 首都高速道路では梅雨入りしたことに伴い、交通事故防止キャンペーンを始めています。そのデータをみると首都高では年間1万1000件前後の交通事故が発生しています。

 晴天・雨天別での1時間当たり交通事故件数を算出すると、晴天時は1.01(件/時間)、雨天時では3.61(件/時間)で、雨天時には晴天時の約4倍の割合で交通事故が起きているそうです。

 そこで、雨が降ったら、どのような運転が事故に結びつくのか? 雨の日は晴れの日と違い、運転に際して注意すべきポイントはなにか? 

 また雨の日に事故に遭わないために、クルマのどの部分をチェックする必要があるのか? モータージャーナリストの岩尾信哉氏が解説します。

文/岩尾信哉
写真/Adobe Stock


首都高速での事故は雨の日の事故が晴れの日に比べ4倍増!

首都高速道路では雨が降ると晴天時に比べ、事故率が4倍に跳ね上がり、なかでも施設接触事故は14倍にも跳ね上がり、60Km/h 以上での走行中が約6割を占めるという

 首都高速道路(以下、首都高速)は、6月6日~7月31日の期間で、雨天時の交通事故防止キャンペーンを実施している。

「雨の日は交通事故が4倍! 施設接触事故“が約12倍!」と、具体的なデータを掲げて、注意を呼びかけている。

 このキャンペーンで首都高速がホームページなどで提示している晴天時に比べた際の雨天時の事故発生軒数件を比べたデータを以下にまとめてみると、首都高では年間1万1000件前後の交通事故が発生しているなかで、平成30年度のデータに基づき、以下のポイントを挙げている。

1/交通事故のリスクが4倍増
2/「施設接触事故」の件数が約12倍に増加
3/施設接触事故では60km/h以上での走行中が約6割を占める

順に追ってみると、
1:晴天・雨天別での1時間当たり交通事故件数を算出すると、晴天時は1.01(件/時間)、雨天時では3.61(件/時間)となって、雨天時には晴天時の約3.6倍の割合で交通事故が起きているという。

2:首都高での事故のうち、晴天時には「追突事故」が5割弱、「施設接触事故」(主に側壁や中央分離帯などに衝突する自損事故)は約1割にとどまるのに対して、雨天時には施設接触事故の割合が約3割まで増加している(追突事故は約4割といくらか減少)。

3:晴天時と雨天時の1時間あたりの施設接触事故の発生件数を比べると、雨天時の件数が晴天時の約9倍に達している。つけ加えておくと、雨天時の施設接触事故は約6割が60km/h以上での走行中に発生しているとしている(60km/h以下は約3割)。

 参考として、公益財団法人 交通事故総合分析センターが一般道を含めた傾向を分析した過去の事故データを見ると、天候の影響を受けやすい事故の発生場所として、道路の線形(カーブの曲率など)や勾配の変化などが事故の発生軒数と結びついているという。

 雨天時のデータをさらに調べてみると、雨天時の死亡事故が最も多い時間帯は深夜1~2時で、一般道では右折時に横断歩道の暗がりにいた歩行者に気づくのが遅れての事故が多いという。

 首都高や高速道路、一般道を含めて、当たり前と言われてしまうかもしれないが、雨と暗さによる視界不良が事故の増加をもたらす、大きな要因であることはいうまでもない。

タイヤの減りとフロントガラスの曇り

スリップサインは、タイヤ側面の三角の矢印が示す部分の接地面の溝のなかに四角い盛り上がった部分。残り溝の深さが1.6mmになった時にスリップさんが出てくる仕組み

 雨天での事故の原因は大まかにいって、路面が雨で濡れた状態でのタイヤのスリップと視界不良が主な要素なのだが、あらかじめ用心しておくべき注意点をまとめておこう。

 走行前に行うべきは、まずはタイヤの状態をチェックすること。スリップサイン(溝が1.6mm以下)が現われているような、使い古したタイヤをそのまま使い続けているのは、自分(とクルマ)を自ら危険にさらしているようなものだ。

 次に手を施しておきたいのは、事故の原因になるフロントガラスが曇って前方の視界が妨げられることだ。

雨の日、フロントウインドウが曇って怖い思いをしたことがありませんか?

 雨が激しくなれば、ワイパーブレードが劣化して切れたりひび割れしていると、雨滴を充分に払い飛ばせなくなる(交換の目安は約1年)

 フロントガラスの曇りを防ぐには、ウィンドウの内外の汚れを取っておくというような日頃の整備を特にこの時期には注意を払っておくべきで、運転中に降雨でフロントガラスが曇ってくれば、デフロスターを活用して視界を確保する。

 サイドウインドウも曇ってしまうと、周囲の状況が把握できず、ルーム/ドアミラーに映し出される視界も妨げられるから、ひどく汚れていないかを確認しておくべきだろう。

視界の確保と速度抑制

雨の日はステアリング、ブレーキ、アクセルペダルの急な操作は避けよう

 では実際に走行中に雨に見舞われた時には、何に注意すべきかをまとめておこう。

 実際に雨中での運転操作で気をつけなければならない点で(安全運転の基本と変わりはないが)、特に留意しなければならないのは以下のふたつだ。

1/ステアリング、ブレーキ、アクセルペダルの急な操作を避ける
2/早めのタイミングでブレーキをかける

 それでも、最近頻発するようになってきた急な豪雨に遭遇した場合には、ハイドロプレーニング現象が起きてブレーキや操舵が効かなくなることも頭に置いておくべきだ。

 年式の新しいクルマで、ABS(アンチロックブレーキ機構)やESC(横滑り防止機能)やトラクションコントロール(駆動力制御)などといった安全機能が装備していれば、慌ててステアリングなどを操作せずに、システムが作動して車両が制御することに、ある程度は身を委ねる勇気が必要になる。

 無駄な操作をしてしまうと、周囲の車両を巻き込んで、事故の規模をさらに大きくしてしまう可能性もある。

 さすがに「なにもするな!」とは言わないが、最近のクルマの安全性能のレベルは、自動ブレーキをはじめとして、人の能力を上回るレベルにあることを認識しておくべきだろう。

 具体的な雨中の車内で優先して実行したいのは、まずはしっかりと視界を確保するために、雨が降って車内の湿度が上がり、ガラスが曇ってきた場合には、エアコンのデフロスターを作動させて、ウインドウの曇りを取ることだ。

 夜間はもちろんだが、雨で周囲が暗くなれば、ヘッドライトを早めに点灯して、ハイビームも有効活用することも考えておくべきだろう。

 雨中で路面が滑りやすいので早めのブレーキングを心がけることは、ブレーキランプの点灯によって後続車にブレーキングが必要となっているような走行状況をしっかりと認識してもらうことにつながる。

 そのうえで、前述のような「急」の付くような操作、急ブレーキやコーナリング中での急なブレーキ/アクセル操作は可能な限り避けたほうがよい。

 そしてなにより、走行速度の抑制、スピードの出し過ぎに注意というのは基本中の基本。

 よく言われる「雨天時の運転では、普段よりも約2割の減速を心がけるべき」という感覚はまっとうといえるのだが、前述のように、自分のクルマがどのような道路環境で走っているのかをイメージしておくのは無意味ではないと思う。

 周囲の状況に合わせて、晴天雨中にかかわらず、周囲の状況に合わせて、危険を招かないような運転を心がけたい。

普段からのメンテナンスが肝要

 今回のキャンペーンを実施している首都高速に、いくつか挙げられている雨中の運転での留意点のなかで、最も注意すべき点はなにかと訊ねてみると「やはり、制限速度を超過した車速、スピードの出し過ぎですね」という答えが返ってきた。

 首都高が根本的に抱える道路設計上の課題はこれまでも指摘されてきたが、勾配の変化が急すぎて速度が過大に変化してしまうことで渋滞の原因になっている箇所や、曲率がきつすぎるS字カーブなどのコーナーなど、これらの要素が合わさると、雨が降ることで危険度がさらに増してしまう。

 首都高速では当然とはいえ、コーナー手前で舗装の色を赤茶系に変えるなどとともに、事前に注意を喚起するような表示類を設けるなど、ドライバーに自然に注意を促す工夫を施しており、「降雨に対応して、路面の対策を進めています」として、飛沫抑制機能を備える素材を使った舗装の拡大を実施している。

 ともかくこの時期は、急なゲリラ豪雨に遭遇したときなどに慌てないように、クルマを安全に走らせるためには、まずは普段からの車両の基本的なチェックをおろそかにしないよう、心がけておきたい。

 であれば、急な雨にも落ち着いて対処できるはず。どんな場面でも心理的にパニックにならないことこそ、運転中の事故防止策といえるのだから。

最新号

ベストカー最新号

新型MIRAI&ノア/ヴォクシー重要情報入手!!|ベストカー8月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型MIRAI&ノア/ヴォクシーの重要情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GT-R2020年モデル祭り!、NEWタント&タントカスタム正式デビューともに、注…

カタログ