【ミニバンの代わり!? 窮屈で無理!??】3列シート7人乗りSUV 座り心地序列 8選


 いまや押しも押されぬ人気となったSUV。そのSUVのなかで、まだ少数派であるが、3列シート7人乗りのSUVもラインアップされている。

 さて、その3列シート7人乗りSUV、ミニバンの代わりになるほどの、3列目シートの広さ、居住性を持っているのか、気になるところ。

 そこで、各メーカーがラインアップしている3列シート7人乗りのSUVをピックアップし、3列目シートが使える順にランキング!

文/渡辺陽一郎
写真/ベストカー編集部 


SUVの3列目シートは本当に使えるのか?

 最近はSUVの人気が高い。その理由はカッコ良さと実用性の両立だ。SUVはもともと悪路の走破を目的に開発されたから、大径サイズのタイヤを装着してボディの下側には迫力がある。

 そのいっぽうでボディの上側は、ワゴン風のデザインだから、前後席ともに居住性も快適だ。ボディの後部にはリアゲートが装着されて、荷物の出し入れもしやすい。

 カッコ良さと実用性を兼ね備えたSUVは、子育てを終えてミニバンが不要になったユーザーの間でも人気を高めた。

 ミニバンほど広い室内は必要ないが、余裕のある頭上空間に慣れてしまうと、背の低いセダンには戻れない。この時にSUVがちょうど良い選択肢になる。

 そしてSUVのなかには、ミニバンのように3列のシートを備えた車種もある。乗車定員は6~7名だ。

 ただし、セレナ、ヴォクシー、アルファードのようなスライドドアを備えた背の高いミニバンに比べると、主に3列目シートの居住性が下がるから注意したい。床面の構造が異なるためだ。

3列シート7人乗りSUVは、膝が持ち上がり、腰の落ち込む窮屈な姿勢になりやすい。ちなみに写真は渡辺陽一郎氏がエクストレイル7人乗りの3列目シートに座った状態

 背の高いミニバンの床面構造は、車内の後部に搭載された燃料タンクをカバーできる位置まで、床を持ち上げている。車内の中央から前側は上げ底になり、床を平らに仕上げた。従って3列目まで含めて居住性を快適にできる。

 これがSUVになると、前側の床を背の高いミニバンのように持ち上げてはいない。したがって3列目の床は、1/2列目に比べると燃料タンクのために高くなり、3列目シートは床と座面の間隔が不足する。

 その結果、SUVの3列目に座ると、背の高いミニバンと違って膝が持ち上がり、腰の落ち込む窮屈な姿勢になりやすい。

 3列目シートのサイズも異なる。背の高いミニバンは、左右に跳ね上げたり荷室の床下に格納する方式を採用して、3列目にも相応のサイズがある。

 対するSUVは背もたれを倒して荷室に収めるタイプが多く、シートもサイズの小さな簡易型だ。

 SUVの3列目の居住性は、ミニバンに当てはめると、全高が1700mmを下まわる車種に近い。

 これらの背が低いワゴン風のミニバンは、背の高いミニバンと違って、床を高めていない。3列目に座ると、腰が落ち込んで膝の持ち上がる姿勢になりやすい。

月に数回しか3列目を使わない人はミニバンよりSUVを買うほうが合理的!

 これらの居住性がSUVに似ているワゴン風のミニバンは、人気が下がって今はプリウスアルファとジェイドしか用意されていない。ウィッシュ、ストリーム、プレマシーなどはすべて生産を終えた。

 オデッセイは、以前は背が低かったが、現行型はエリシオンと統合されて背を高め、床面もセレナやアルファード&ヴェルファイアと同じく平らに仕上げている。

 この方式を採用しながら、オデッセイは燃料タンクを薄型に造り、床を低く抑えて乗降性を向上させた。重心も低くなるから、走行安定性も優れている。

 以上のようにSUVの3列目シートは、背の高いミニバンに比べて居住性が劣るが、使い方によってはむしろ合理的だ。

 例えば1か月に1~2回、多人数で短い距離を移動するために、背の高いミニバンを買うのはもったいないだろう。

 3列目は少し狭くても、好きなクルマを選ぶほうがよい。3列シートのSUVは、このニーズに適している。

 それでは本題に入ろう。3列目シートの快適なSUVをランキング形式で取り上げてみたい。

次ページは : 1位:マツダCX-8