シビックタイプR、GT-Rら現行国産車に探す 未来で賞賛されるべきエンジン 7選


■LEXUS 2UR-GSE(RC F/V8 4968cc 481ps/54.6kgm)

(SELECT・TEXT/西川 淳)

 日本で最後まで残った自然吸気大排気量マルチシリンダーというだけで、もうニッポンの名機コレクション入り確実な2UR-GSE。“G”のひと文字にシビレた。レクサスのトップモデルに積まれているが、ミドルセダンにV8を押し込んだ、初搭載の「IS-F」が白眉だったと思う。

・先進性…★★★☆☆ 3
・加速の伸び…★★★★☆ 4
・トルク感…★★★★☆ 4
・スムーズさ…★★★★★ 5
・静粛性…★★☆☆☆ 2

■NISSAN NMKVBR06(デイズ/eKワゴン/直3 659cc 52ps/6.1kgm)

(SELECT・TEXT/渡辺陽一郎)

 デイズとeKシリーズのBR06型は直3ながら優れたエンジンだ。最大トルクは3600回転で発揮され、実用域の駆動力が高い。1300回転付近から滑らかに加速する。ノイズも抑えられ、音質も含めて回転感覚を洗練させている。

・先進性…★★★★☆ 4
・加速の伸び…★★★☆☆ 3
・トルク感…★★★★☆ 4
・スムーズさ…★★★★★ 5
・静粛性…★★★★☆ 4

次ページは : ■NISSAN VQ37VHR(フェアレディZ NISMO/V6 3696cc 355ps/38.1kgm)