【止まらないブレーキ要注意!!】クルマ初心者にもできるブレーキの手入れとは?


 ドライバーのみなさん、日頃からブレーキをしっかりチェックしていますか? 

 キーッという、摩耗したブレーキパッドがブレーキローターにあたる音を出していませんか?

 また、 ブレーキを掛けた時にローターが偏摩耗した時に起きる、ステアリングが揺すられる、といった現象は起きていませんか?

 でも、こういう症状が出ても、どうすればいいのかわからないというクルマ初心者も多いのではないだろうか。

 ということで、クルマ初心者にもできる、ブレーキの不具合をチェックする方法、手入れの仕方をモータージャーナリストの高根英幸氏が解説する。

文/高根英幸
写真/Adobe Stock


ブレーキは重要保安部品!

ブレーキはクルマの重要部品。クルマ初心者であっても、ブレーキは自分の命を預ける重要部品なのだから、整備はすべてディーラー任せにせず、普段からチェックする癖をつけておきたい

 クルマにとって最も大事な要素がブレーキだ。エンジンや変速機が壊れても走行不能に陥ってしまうが、走行中にブレーキが壊れたら、何かに衝突しなければ止まれないこともある。どちらが危険か考えれば、ブレーキこそ一番大事であることが分かるだろう。

 エンジンのないEVでもブレーキは備わっており、走行していくうちに摩耗や劣化していくから、ブレーキの点検整備はすべてのクルマで必要な作業だ。

 ブレーキは重要保安部品となっているので、道路運送車両法でもブレーキの分解整備は、整備士の免許を取得しているプロのメカニックが認証工場で行なわなければならないと、法律上定められている。

 しかし自分のクルマに関しては所有者が点検整備を行なうことが原則なので、どこを整備しようが自由だ。

 ただし、整備不良により交通事故を起こせば、運転以外の車両の安全性に関しても責任は問われることになるから、あくまで自己責任で点検整備は行なうこと。

 クルマに限らずDIYメンテナンスを行なう際には、まずは走行に支障ない部分から行なうのが鉄則だ。

 さらに言うなら、いきなりクルマのメンテナンスから始めるのは、リスクもハードルもけっこう高いことだ。

ブレーキペダルを踏んだ力はブレーキブースター(倍力装置)で力を増し、マスターシリンダーによって液圧(油圧)に変換。その圧力はブレーキオイル(ブレーキフルード)で満たされている配管を通って伝わり、4つの車輪に装着されたブレーキ内のピストンを押す力となる。ピストンは、摩擦材であるブレーキパッドを、車輪とともに回転するディスクローターに押しつけます。パッドがローターを両側からはさみ、ローターに押しつけられることによって、車輪の回転が止まり、クルマが減速、停止する仕組み

 理想的な順序としてはプラモデルなどの組み立てキットを経験し、いらなくなったPCや目覚まし時計などを分解、組み立てて、ネジの締め付け具合やプラスチックの爪の噛み合いを外すなどのコツを覚えることから始めたい。

 その後、自転車やオートバイなどを経てクルマの整備にチャレンジするのが、DIYメンテのプロセスとしてはリスクが抑えられる。

 もっとも最近のクルマはメンテナンスフリー化が進んでいるので、部品やネジの脱着を伴わない点検作業でも、意外と多くのことができる。最初はそうした点検だけを行なうことで、愛車との関係を近づけるのもいい。

 ブレーキも点検を自ら行なうことで、トラブルを未然に防ぎ、維持費の節約にもつながる。ボンネットを開けるだけできるブレーキの点検、実はこれはメンテナンスの基本ともいえるもので、意外に重要なのだ。

ブレーキフルードの量、汚れをチェック

ブレーキフルードのチェックは、ブレーキリザーバータンク内の液量が規定の範囲(MAXとMINの間)にあるかを点検。 ブレーキ液の減りが著しい時は、ブレーキ系統からの液漏れやブレーキパッドなどの摩耗が考えられるので整備工場へ依頼して原因を突き止めよう

 ブレーキフルードのリザーバータンクを見て、ブレーキフルードの量と汚れをチェックする。最初はリザーバータンクを外から見て、レベルに達しているか確認することから始めたい。

 基本的にはブレーキフルードは減っていくものではない。ブレーキフルードが減っているなら、それはフルードが蒸発していたり漏れているというより、ブレーキパッド(ディスクブレーキ)やブレーキシュー(ドラムブレーキ)が減って、それらを押し付けるピストンが移動することでフルードの内部使用量が増加している、ということだ。

 昔はドラムブレーキのホイールシリンダー(ブレーキシューをドラムに押し付ける部品)の内部が虫食い状に腐食して、ドラムブレーキからフルードが漏れるようなトラブルもあったが、現在はそんなトラブルはほとんどない。

 リザーバータンクを外から見ているだけでは、ブレーキフルードの汚れは分かりにくい。キャップの内側に付着しているフルードをボディに垂らさないように(塗装が剥がれたりシミになる)注意しながらキャップを外し、直接フルードの色を確認したい。

 ブレーキフルードは使用しているうちに劣化してくる。新品時のフルードは若干黄色がかった透明だが、タンク内のフルードが茶色くなってきているようなら全量交換する必要がある。目安は2年に1度、車検時がちょうどいい。

次ページは : ある程度のスキルがあるならホイールを外してパッドの状態も確認したい

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ