【オンロード快適! オフロード無敵!!】 エクリプスクロス 万能ディーゼル登場!!!

 2018年3月に1.5Lダウンサイジングターボ+CVTで登場した「三菱エクリプスクロス」。だが、当時から本命はクリーンディーゼルだと言われていた。

 欧州のディーゼル排ガス不正問題の影響もあってか、ずいぶん時間がかかったような気もするが、今年6月、ついに発売開始に。その試乗レポートをお届けしたい。

※本稿は2019年7月のものです。試乗日2019年7月2日
文:ベストカー編集部/撮影:平野 学
初出:『ベストカー』 2019年8月26日号


■D:5と同じ4N14型+8速AT/アドブルーは1000kmごとに1L タンクは16L

「DI-D」の小さなエンブレム以外、外観でガソリンターボとクリーンディーゼルの差はない

 搭載されるのは直4、2.2L DOHCディーゼルターボ(145ps/38.7kgm)で、デリカD:5に積まれているのと同じ4N14型。これにアイシンAW製の8速ATを組み合わせ、排出ガスをクリーンに浄化する尿素SCRシステムを採用している。

 なお、尿素水溶液であるアドブルーは1000km走行ごとに1L消費され、タンク容量は16L。

 つまり、アドブルーがカラになるまで1万6000kmほど走れるということであり、面倒を感じるほど頻繁に注入しなければならないものでもなさそうだ。

2.2Lディーゼルターボは145ps/38.7kgmを発生。給油口の隣にアドブルーの注入口が設置されている

 走らせてみると1.5Lガソリンターボの時から魅力に感じていた、しなやかな乗り味は健在。

 路面の荒れを上品に吸収してくれる乗り心地と、特別スポーティではないが、不安を感じることなく正確に曲がってくれるハンドリングなど、足のよさがこのクルマの魅力だったことを思い出させてくれる。

 しかも、ディーゼルはさすがにトルクに余裕があるだけに、ほんの少しアクセルを踏むだけでグイグイ進んでくれて、ゆったり走るのに最適。

1.5Lターボの8速CVTに対し、クリーンディーゼルは8速AT。アイドリングストップ付きだ

■しみじみと「いいねぇ」と言いたくなるオンロードでの走り

 いっぽうで、全開にした時にはレブリミット(4200rpm)にあっという間に届いてシフトアップされ、豊かなトルクを味わっているヒマもない感覚になる。

 つまり、全開が楽しいパワーユニットではないということで、この魅力は街中での低中速域の走りや、高速道路を一定速度で淡々と走る時に発揮されるということ。

 ぶっ飛ばす気にならないというのは、冗談抜きで安全に繋がる。

 また、そんな走り方をしている時の「何かいいものに乗っている感」は非常に強く、力強い「いいね!」ではなく、しみじみと「いいねぇ」と言いたくなる乗り味なのだ。カタチは若いが走りは大人だ。

■オフロードでの走りも間違いなし

 今回の試乗メニューでは、走れることが保証されていなければ絶対に立ち入りたくないようなオフロードも設定されていたが、その走破力は「さすが!」のひと言。

三菱自慢の4WD「S-AWC」はとんでもないオフロードも楽々走破。見た目はスポーティだが、オフロード性能の高さも光るクルマだ

 ヌタヌタの泥濘路やウソみたいなデコボコ路も難なく走りきる4WDシステム「S-AWC(スーパーオールホイールコントロール)」の性能の高さも知ることができた。

 エクリプスクロスクリーンディーゼルは、オンロードでは上質&快適でオフロードでは無敵ということ。

 一見スポーティさをウリにしたSUVに見えるが、最低地上高を175mm確保するなど、実は基本性能を真面目に追求した硬派なクルマなのだ。

インテリアはガソリンターボと同じで、オーソドックスでなじみやすいもの。収納スペースも充実している
アップルカープレイ、アンドロイドオートを採用。オーディオはタッチパッドコントローラーで操作

 クリーンディーゼルは4WD専用で、価格は306万1800~342万4680円。1.5Lガソリンターボより30万円程度高い設定だが、その価値は充分にある。

 なお、緊急自動ブレーキ、車線逸脱警報、前進&後退誤発進抑制機能、7エアバッグは全車標準で、完全停止までカバーするACCは「M」以外に標準装備。そのあたりも抜かりはない。

デリカD:5も同じオフロードを走行。こちらの走破性も驚異的で、ミニバン最強のオフローダーであることを実感

■エクリプスクロス クリーンディーゼル価格 ※全車8AT&4WD
・M:306万1800円
・G:323万280円
・G Plus Package 特別仕様車 BLACK Edition:340万3080円
・特別仕様車 BLACK Edition  オーディオ非装着車:342万4680円

■エクリプスクロスG Plus Package 主要諸元
・全長×全幅×全高:4405×1805×1685mm
・ホイールベース:2670mm
・車両重量:1680kg
・最低地上高:175mm
・エンジン:直4DOHCディーゼルターボ
・総排気量:2267cc
・最高出力:145ps/3500rpm
・最大トルク:38.7kgm/2000rpm
・トランスミッション:8速AT
・WLTCモード(総合):15.2km/L
・使用燃料/タンク容量;:軽油/60L
・サスペンション(F/R):ストラット/マルチリンク
・タイヤサイズ:225/55R18
・価格:340万3080円

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ