【ホンダ N-WGNの狙いと実力】 キュートで便利! 新基準で覇権を握れ!!


【check 05】ホンダの「さらに先」を見た安全技術

 今回、栃木県宇都宮市周辺にあるホンダの「屋内型全方位衝突実験施設」で実際に見ることができたのはインサイトとN-BOXが50km/hで互いに接近し、ラップ率50%で正面衝突するというシーン。

 重量比が1.5倍あるため、軽量なN-BOXはより大きな衝撃を受ける。


 何度見ても衝突シーンはイヤなもの。インサイトはほぼ直進姿勢で停止するのだが、N-BOXは衝突時に後輪が浮き上がり、大きく左に回転して停止した。衝撃の大きさを実感する。

 しかし室内を確認すると生存空間はしっかりと確保されていることがわかる。衝突エネルギーを分散して吸収するボディ構造の効果だ。

 ホンダが特に重視しているのが「コンパティビリティ」。つまり、大きく重たいクルマと小さくて軽いクルマが衝突した際の安全性だ。

 Nシリーズはもちろんコンパティビリティ対応ボディ。さらに事故時の歩行者保護の観点から、よりリアルなデータを取れるテスト用ダミーの開発にも力を入れている。

 特に歩行者ダミーの開発は世界的にもトップクラスの技術をもっている

【check 06】 多彩なボディカラーバリエーション

 豊富なカラーバリエーションが設定されるN-WGN。

 標準タイプのボディカラーはモノトーンが9色、ホワイトルーフの2トーンカラーが4タイプ。

 カスタムではブラックルーフの2トーン、シルバールーフの2トーンがそれぞれ2バリエーションある。

■ホンダN-WGNラインナップと価格
・Gホンダセンシング…127万4400円/140万5080円
・Lホンダセンシング…133万9200円/146万9880円
・Lターボ ホンダセンシング…150万1200円/163万1880円
・助手席回転シート車ホンダセンシング…142万5600円/155万6280円
・カスタムGホンダセンシング/151万2000円/164万2680円
・カスタムL ホンダセンシング…158万7600円/171万8280円
・カスタムLターボ ホンダセンシング…166万3200円/179万3880円
※左側がFF、右側が4WDの価格です。

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

1年、 2年。時間が経てばクルマの評価も変わる!?  新モデルが登場した直後の試乗。自動車評論家のみなさんの評価はさまざまでしょうが、それから1年、あるいは2年経った今、再びそのクルマに向き合ってみると「違う印象」になり、評価が変わることも…

カタログ