述べ430万台強ってマジかホンダ!! 初代N-BOXにフリードも対象!!! ホンダの型式指定申請不正は5メーカー中最多の過去22車種!

述べ430万台強ってマジかホンダ!! 初代N-BOXにフリードも対象!!! ホンダの型式指定申請不正は5メーカー中最多の過去22車種!

 国土交通省の発表した型式認証取得不正に関し、ホンダはプレスリリースを出してその詳細を発表した。その内容によると、不正が認められた5社(トヨタ、ホンダ、マツダ、スズキ、ヤマハ発動機)中最多となる過去22車種に不正があったことが判明した。

文:ベストカーWeb編集部/写真:ホンダ

■プレスリリースで22車種の具体的事案を発表

国土交通省の発表を受け、ホンダは緊急のプレスリリースを出した
国土交通省の発表を受け、ホンダは緊急のプレスリリースを出した

 ホンダは2024年1月26日、国土交通省から「型式指定申請における不正行為の有無等に係る実態について」の調査指示を受け、社内調査を実施。その結果、ホンダが過去に販売した四輪車について、型式指定申請時の認証試験に関する不適切な事案があったことが確認され、同年5月31日に国土交通省に報告したという。

 ホンダはプレスリリースのなかで、「お客様やお取引先をはじめ、多くのステークホルダーの皆様に多大なご心配をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます」と冒頭でお詫び。

 そのうえで「なお、社内で技術検証や実車試験などを行い、規定された法規基準を満たしていることが確認できているため、法規に関わる完成車性能への影響はないと考えております。このため、当事案の対象車種を現在お使いいただいているお客様につきましては、ご使用を継続いただくにあたり、当事案に関してご対応をいただく必要はございません」

「型式指定申請に必要な各種の認証試験は、お客様に安心・安全に製品をご使用頂くための大前提となるものであり、Hondaは本調査結果を大変重く受け止めております。今後、全社をあげて再発防止と信頼の回復に取り組む所存です」としている。

■騒音試験でふたつの不適切事案が発生

2011年に登場した初代N-BOXもリストには入っている
2011年に登場した初代N-BOXもリストには入っている

 主な経緯としては2024年1月26日に国土交通省から「型式指定申請における不正行為の有無等に係る実態について」の調査指示を受け、速やかに調査を開始。同年4月26日、国土交通省に調査継続中であることおよび、同年5月中に調査を完了し結果を報告する旨を経過報告した。続いて同年5月31日、国土交通省に調査結果を報告。

 続いて調査結果の概要だが、ホンダが過去に販売した四輪車について、型式指定申請に必要な騒音試験および原動機車載出力試験などで、試験条件の逸脱や試験成績書に実測値と異なるデータを記載するなどの不適切な事案があったことを確認したという。

 なお、現行販売車種および今後販売を予定している四輪車の認証試験における不適切な事案は確認されていないという。

計22車種の過去販売モデルが騒音試験での不適切事案に該当したホンダ
計22車種の過去販売モデルが騒音試験での不適切事案に該当したホンダ

 騒音試験における不適切事案では、2009年2月~2017年10月に実施した騒音試験において以下の2事案があったという。

・試験車両の重量設定について、法規の規定範囲を超えた重量で試験を実施した(試験条件の不備)

・試験成績書において、実際に試験を行なった車両の重量とは異なる規定範囲内の数値を記載した(虚偽記載)

S660も今回のリストには入っている
S660も今回のリストには入っている

 不正が発生した背景と理由については、「試験実施後に設計変更などに伴い車両重量が変化すると再試験が発生する可能性があるが、車両重量を法規より厳しい条件に設定して試験を行うことで、騒音性能は保証できると解釈し、再試験の工数を増やさずにすむと考えてしまった」とのこと。

次ページは : ■ガソリン車の不適切事案では試験結果の出力とトルクの値を書き換え

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します