【ヴェルファイア ノア タンクが廃止!?】 トヨタ一本化続報ほか クルマ業界の最新情報を一挙放出!!

 月に200店ものディーラーを回り「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。

 今回まずは、全販売店での全車種併売のため販売モデル数を減らす計画を打ち出しているトヨタについて、今後の販売戦略をたっぷりと。

 そのほかスバル インプレッサ、ホンダ フリードのモデルチェンジ情報、9月の決算セールの動向などをお届けする。

【画像ギャラリー】 ハスラー コンセプトモデルほか、話題の車たちをギャラリーでチェック!!

※本稿は2019年9月のものです
文:遠藤徹/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年10月10日号


■トヨタ プレミオ/アリオンは統合で1本化か?

 トヨタの小型セダンであるプレミオ/アリオンは2021年にフルモデルチェンジし、その際にプレミオに統合する可能性が高くなっています。

 9月17日に登場したカローラセダンが3ナンバー化し、さらに2020年5月にトヨタ車は全車が全系列店扱いに切り替わることで、プレミオ/アリオンはモデル廃止となると見られていましたが、実際は世代交代を機にプレミオに統合して、プレミオは継続させる方針のようなのです。

生産終了が噂されていた小型セダンのプレミオ/アリオンだが、プレミオに統合して次期型が登場する可能性があるという情報が今回出てきた

 カローラセダンは今回のフルモデルチェンジで上級シフトしますが、マーケットでは車格はコンパクトカーの上級バージョンの位置づけで、プレミオクラスとは違うとの受け止め方が定着しています。

 このためプレミオの次期モデルは、2Lセダンの再構築で対応することが望ましいとのことで世代交代することになったようです。

 搭載するパワーユニットは2Lガソリンエンジンと2Lハイブリッドになるものと思われます。

 ただし、これはまだ確報ではなく、もう一方で新型カローラセダンをベースにクオリティアップを図った上級バージョンの仕立てになる可能性もあるようです。

■トヨタの姉妹車1本化の方向性が決まる!

 トヨタは2020年5月に、トヨタブランドの全モデルを全国の販売店で併売することを明らかにしています。

 これに伴い、基本コンポーネンツを共用する姉妹車をひとつのモデルに統合する見込みです。

 その方向性はアルファード/ヴェルファイアはアルファード、ヴォクシー/ノア/エスクァイアはヴォクシー、ルーミー/タンクはルーミー、といったように現時点で最も売れゆきのいいモデルに統合される方向になると思われます。

トヨタ ヴォクシー

 これらの統合は、いずれも2020年いっぱいで踏み切る可能性が高いです。

 なお、5~6年で代替えする場合、車名が残るモデルのほうが車名がなくなる車種より10万円以上も下取り額が高くなる傾向があります。

 扱う販売店がユーザーに購入する商談の際にその旨を説明しており、このことが現在これら姉妹車の新車販売で明暗を分ける一因になっています。

■アクア、ヴィッツ、パッソは世代交代し継続

 トヨタは国内向け販売車種の大幅削減に取り組んでいますが、コンパクトハッチバックモデルのアクア、ヴィッツ、パッソはフルモデルチェンジ後も継続させ、生産販売する見込みです。

 今のところ2020年2月にヴィッツは「ヤリス」とネーミング変更してフルモデルチェンジし、アクアとパッソは2021年に一新する方向で次世代モデルの開発プロジェクトが動いているようです。

国内販売車種の削減を予定しているトヨタだが、コンパクトカーのヴィッツ、アクア、パッソは次期モデルの計画がある。次期アクアは2021年登場予定(写真はベストカー予想CG)

 ヤリスとパッソは1L車がダブるため次期型ではパッソを1L専用車として継続し、ヤリスは1Lターボにして実質1.3~1.5Lをカバーするように上級シフトさせて、コンセプト分けを明確にする方針です。

 アクアはハイブリッド専用モデルであり、次期型ではサイズアップして上級シフトさせることで、上級コンパクトに仕立てる方向で開発が進んでいるものと思われます。

■改良型インプレッサの先行予約が開始

 スバルはこのほど今秋にマイナーチェンジするインプレッサの先行予約をスタートさせました。

 改良モデルはバンパー形状の変更、アイサイトツーリングアシストの標準装備などが主な変更点になります。

マイナーチェンジするスバル インプレッサスポーツ

 納期は2L車が11月後半、1.6L車は来年1月からになる予定です。

 従来モデルは8月26日までの受注受付で、9月以降に生産納車されます。そして改良モデルは8月27日から受注受付を開始しています。

■スズキの2020年は新商品展開や販売実績で巻き返しの年

 2020年のスズキは、新商品展開と新車販売で巻き返しの年になることが予想されます。

 今年は完成検査の不正問題に対処することを優先し、ニューモデルの展開がなかったことから、スズキは軽自動車、小型車とも国内販売が大幅に落ち込んでいます。

東京モータショー2019での出品が示唆された「ハスラーコンセプト」(参考出品車・2019年9月30日)

 そのため、2020年は軽も小型車も新型車の投入や従来モデルのビッグマイナーチェンジ、追加モデルなどの設定で商品ラインナップを強化します。

 フルモデルチェンジでは軽自動車がハスラーとアルト、小型車はソリオ。ビッグマイナーチェンジではワゴンR、スペーシア、スイフトなどが予定として浮上しています。

 これによって2018年並みの販売水準に戻す構えのようです。

■フリードの新しいSUV仕様の車名は「クロスター」!

 ホンダは10月18日にマイナーチェンジするフリードの先行予約を9月上旬に開始しました。そして、同時に追加設定するSUV仕様の正式車名は「クロスター」であることが判明しました。

「クロスター」は3列シート6人乗りと、2列シート5人乗りのフリード+にも設定されます。パワートレーンは1.5Lガソリン&1.5Lハイブリッドで、これらにはFFと4WDが組み合わされます。シリーズの最上級グレードとして加えられます。

 ボディカラーは標準フリードが10色、クロスターは7色展開となります。

ホンダ フリードの新グレード「クロスター」

■フリード、フィットの現行モデルが在庫一掃セール中

 フリードは10月18日にマイナーチェンジ、フィットは11月中旬にフルモデルチェンジしますが、このほど両モデルともオーダーストップとなり、在庫一掃セールをスタートさせました。

 9月は中間決算セールでもあり格安で買える状況にあります。交渉次第ではフリードで30万円引き、フィットで25万円引きを超える総額値引きが可能な状況です。

ホンダ フリード(写真は現行型のモデューロX)

■中間決算セール今年の特徴

 今年も新車販売は9月の決算セールに入っています。

 今回の決算セールの特徴は、10月に実施される消費税引き上げ前の最終駆け込みセールと重なっていることです。

 すでに多くのモデルは納期が10月以降と先送りになり、消費税10%課税の対象になっていますが、販売店や車種によっては「9月いっぱいの成約分についての増税分2%は値引きで還元します」といって売り込みを強化しているところもあります。

 こうした対応はメーカー系列店によって格差があります。トヨタ系列店の多くは、増税分の値引きはせず、ナンバーの取得が10月以降になれば、増税分を上乗せしています。

 そのほか、日産などの各社は9月いっぱいに成約すればナンバー取得が10月以降になっても、消費税8%と同じ金額になるように値引きしています。

 ホンダはフィット、フリード、N-BOXのフルモデルチェンジやマイナーチェンジが10~11月にありますが、この3車の現行車は在庫一掃セールに入っています。これらの分は多くが10月を過ぎても8%課税相当の金額で購入できる状況にあります。

N-BOXやフィット、フリードの現行モデルはセール中。10月登録になる場合でも、消費税増税の2%分を値引き還元するケースもあるという

【画像ギャラリー】 ハスラー コンセプトモデルほか、話題の車たちをギャラリーでチェック!!

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ