【ヴェルファイア ノア タンクが廃止!?】 トヨタ一本化続報ほか クルマ業界の最新情報を一挙放出!!


 月に200店ものディーラーを回り「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。

 今回まずは、全販売店での全車種併売のため販売モデル数を減らす計画を打ち出しているトヨタについて、今後の販売戦略をたっぷりと。

 そのほかスバル インプレッサ、ホンダ フリードのモデルチェンジ情報、9月の決算セールの動向などをお届けする。

【画像ギャラリー】 ハスラー コンセプトモデルほか、話題の車たちをギャラリーでチェック!!

※本稿は2019年9月のものです
文:遠藤徹/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年10月10日号


■トヨタ プレミオ/アリオンは統合で1本化か?

 トヨタの小型セダンであるプレミオ/アリオンは2021年にフルモデルチェンジし、その際にプレミオに統合する可能性が高くなっています。

 9月17日に登場したカローラセダンが3ナンバー化し、さらに2020年5月にトヨタ車は全車が全系列店扱いに切り替わることで、プレミオ/アリオンはモデル廃止となると見られていましたが、実際は世代交代を機にプレミオに統合して、プレミオは継続させる方針のようなのです。

生産終了が噂されていた小型セダンのプレミオ/アリオンだが、プレミオに統合して次期型が登場する可能性があるという情報が今回出てきた

 カローラセダンは今回のフルモデルチェンジで上級シフトしますが、マーケットでは車格はコンパクトカーの上級バージョンの位置づけで、プレミオクラスとは違うとの受け止め方が定着しています。

 このためプレミオの次期モデルは、2Lセダンの再構築で対応することが望ましいとのことで世代交代することになったようです。

 搭載するパワーユニットは2Lガソリンエンジンと2Lハイブリッドになるものと思われます。

 ただし、これはまだ確報ではなく、もう一方で新型カローラセダンをベースにクオリティアップを図った上級バージョンの仕立てになる可能性もあるようです。

■トヨタの姉妹車1本化の方向性が決まる!

 トヨタは2020年5月に、トヨタブランドの全モデルを全国の販売店で併売することを明らかにしています。

 これに伴い、基本コンポーネンツを共用する姉妹車をひとつのモデルに統合する見込みです。

 その方向性はアルファード/ヴェルファイアはアルファード、ヴォクシー/ノア/エスクァイアはヴォクシー、ルーミー/タンクはルーミー、といったように現時点で最も売れゆきのいいモデルに統合される方向になると思われます。

トヨタ ヴォクシー

 これらの統合は、いずれも2020年いっぱいで踏み切る可能性が高いです。

 なお、5~6年で代替えする場合、車名が残るモデルのほうが車名がなくなる車種より10万円以上も下取り額が高くなる傾向があります。

 扱う販売店がユーザーに購入する商談の際にその旨を説明しており、このことが現在これら姉妹車の新車販売で明暗を分ける一因になっています。

次ページは : ■アクア、ヴィッツ、パッソは世代交代し継続

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ