【あおり運転を遭わないために】 あおる人の心の中身を交通心理士に聞く


 4人が死傷した東名高速での悲劇が発生したのは2017年6月のこと。あおり運転を行った被告には危険運転致死傷罪が適用され、あおり運転は重い罪に結びつくということを知らしめる重要な判例となった。

 にもかかわらず、あおり運転はなくならない。下グラフはあおり運転に対して適用される道交法のなかのひとつ、「車間距離保持義務違反」の摘発件数の推移を示したもの。

 警察が2018年1月以降、取り締まりを強化したこともあるが、昨年は1万3000件を超えるあおり運転が行われたということになる。

 そして今年8月の常磐道あおり運転暴行事件である。高速道路上に被害者車両を停止させ、暴行を加えるという悪質な事件だ。

 政府与党はあおり運転に対しての厳罰化を視野に、法整備を目指すが、根絶はそう簡単ではないだろう。

 今回は「そもそもなぜ彼らは煽るのか?」という視点から、交通心理士志度堂寺和則氏へのインタビューを皮切りに、「あおり運転に遭わない方法」を探ってみたい。自動車評論家3氏に聞いた、あおり運転に遭わない運転術も必見だ。

※本稿は2019年9月のものです
文:ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年10月10日号


■あおり運転をするドライバーの精神状態を、交通心理士に聞く

(解説/志堂寺和則)

 あおり運転をしている人の心理状態ですが、当たり前ですがカーッとなっています。急に割り込まれたり、前をゆっくり走るクルマがなかなか抜けないなどがきっかけとなって怒りの感情が沸き、あおり運転という行為になるのですが、そういう状態にあるドライバーの心には、危ないことをしているとか、悪いことをしているという意識はまったくないと思います。

 あおり運転を行ってしまう心理には匿名性という問題が絡んできます。多くのクルマが走っているのだから、自分を特定するのは難しいだろうと考えるため、あおるという行為に出てしまうのです。

怒りの制御は難しい。あおり行為を防ぐクルマ側からの支援も期待したいという志堂寺氏

 またクルマに乗っていると安全だと思ってしまうという面もあります。鉄のボディに守られているため、ちょっと車間を詰めたりしても危なくないと考えてしまうのです。

 あおり運転をする人は特殊なのかというと、ふたつのタイプに分けられると思います。ひとつは普段から攻撃的な人。いろんなところでトラブルを起こしてる人で、そういう人はクルマに乗っても同じです。

 もうひとつは普段は大人しいのに運転すると人が変わるというケースですね。このタイプの人は本来攻撃的な性格を持っているのですが、日常生活では抑えています。ですがクルマの中はプライベート空間であり、先に言った匿名性やスピードがもたらす高揚感も絡んできて本来の攻撃性が顔を出すのです。

 あおり運転をするドライバーというのは、ほとんどが男性です。女性はあおるという行為をめったにしません。女性は運転が苦手とか怖いという意識を持っている方が多いからです。

 逆に男性は自分の運転に自信を持っている人が多い。だから事故を起こすかもとは考えずに、あおり運転をしてしまうのです。

 2017年の東名高速での件があれだけ報道されても、あおり運転が減らないのは私も正直、不思議です。怒りで理性が飛んでいるのでしょうが、ああいった事故、事件は自分とは関係ないと思ってしまうのかもしれませんね。

(九州大学大学院教授、日本交通心理学会事務局長)

■自動車評論家たちが実践するあおり運転対策術

 クルマに乗って評価することを生業とする自動車評論家陣に話を聞くと、一様に「あまりあおられない」という。では彼らは普段、どんな運転をしているのだろうか?

●鈴木 直也(自動車ジャーナリスト)
 あおり運転の9割以上は前が遅いと思ってるからやるわけだから、「自分は法定速度守ってるのに」なんて意地を張らないで、前に行かせちゃえばいい。リスクに付き合う必要はないんですよ。

 周囲に運転に慣れていることをアピールするのも、あおりを避ける効果があると思います。大事なのはキープレフト。追い越しをしたら、その先に延々と前が空いてたとしても、いったん左に戻る。そうすることで、周囲に「こいつわかってるな」というアピールになるので、あおられることが減ると思います。

後続車にブレーキを踏ませるような車線変更は、やはり怒りを買いやすいのだ

●清水 草一(自動車ジャーナリスト)
 ヤバそうなクルマが来たらとにかく前に行かせることだすよ。つまり、バックミラーに注意を払えということ。

 逆に自分が車線を変える時は、相手に決してブレーキを踏ませないようにしてます。車間距離を詰めてるクルマの前にも入らない。車間を詰めてるクルマは、それだけでヤバい可能性が高いので。

 あと、ホーンはほぼ何があっても鳴らさない。「危ない」と思ってからホーンを鳴らしても遅いと思うし、ホーンはヤバい人をさらにヤバくさせるだけだと思います。

 そんなとこですね。基本は常に周囲に気を配ることです。

●渡辺 陽一郎(自動車ジャーナリスト)

 あおられないためには「正しい運転」をすることに尽きます。割り込みをしない、追い越しの時以外は追い越し車線を走らない、万一後続車に不快感を与えたとしたら、手を挙げるなどして、相手の不快感を緩和させる、などです。

 重要なことは「自分がその交通環境のリーダーだと考える」ことではないでしょうか。

 自分が率先して交通の流れを作り安全な方向に導く。そう考えれば、あおられて道を譲るにしても「損した」という考えにはならないでしょう。

次ページは : ■こんな運転はあおりを招いてしまう!? 「招災」運転 9選

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ