プリウス? それとも…?2016年10月に売れたクルマはどれだ!?

 プリウスの天下が続く販売台数ランキング。9月までも前王者のアクアを押さえ、プリウスが圧倒的な強さを発揮してきた。

 しかし10月のランキングは大波乱の予感!? さっそく2016年10月の販売台数ランキングトップ10をサクサクッと分析。

 文:WEBベストカー編集部
ベストカー2016年12月26日号


アクアがついにトップ奪取、そしてセレナが2位に

 トップ5が大波乱。なんと先月トップのプリウスがここに来て台数を5000台近く落とし、またまたアクアの天下になってしまった。

 決算月の後ということもあり、全体的に台数減は致し方ないがそこに食い込んだのが日産セレナ。なんと2位にランクイン。「プロパイロット」などの装備が話題になっていることもあり、久々のトップ2の牙城を崩す結果となった。

 1位 アクア 1万2480台 (-3013台)

 2位 セレナ 1万2408台(+6043台)

 3位 プリウス 1万2180台 (-5340台)

 4位 シエンタ / シエンタハイブリッド 1万780台 (-1540台)

 5位 ヴォクシー / ヴォクシーハイブリッド 8310台(-1650台)

 日産車がトヨタのハイブリッドの間に挟まれるこのランキングもかなり珍しいものになりそうだが、この勢いはいつまで続くのかに注目だ。

6~10位までは…?

  • 6位 フィット7520台 (-2706台)
  • 7位 フリード6365台 (2016年9月登場)
  • 8位 パッソ 5868台 (-2296台)
  • 9位 ヴェゼル5530台台 (-2766台)
  • 10位 ノア5320台 (+480台)

 6位以下は少し変動があったが、このなかで注目すべきは7位のフリードだろうか。デビュー早々だが、トップ10に食い込むあたりはさすが。

 さらにトップ10で唯一のプラス成長となった10位のノアは、新規に特別仕様車などの設定もないことから、日産セレナの対抗馬としての値引きの充実などがあったのかもしれない。

軽自動車のトップ5は?

  • 1位 N-BOX 1万2772台 (-6521台)
  • 2位 タント 1万559台 (-1475台)
  • 3位 ムーヴキャンバス 8506台(+2248台)
  • 4位 ハスラー 6388台 (-1929台)
  • 5位 スペーシア 6155台 (-2241台)

 軽自動車は今月もN-BOXのひとり勝ちが続いている状況だが、下げ幅が約6500台というのは大きい。

 N-BOXとタントの差は2213台に近づいている。トップ5内での注目は話題のムーヴキャンバス。前回の7位から大幅にランクアップしている。キュートなルックスと実用性で今後も定番車種になるか注目だ。

ムーヴキャンバスが急上昇

11月以降の見所

 新型インプレッサが10月25日に発売を開始されたが、現段階ではスポーツが1094台、G4が14台という成績。

 わずか1週間だけの台数と考えると出だしは好調そうだ。納期が延びているという情報もあり、11月はインプレッサの動向から目が離せない。

 またノートeパワーがトヨタハイブリッドの牙城を崩し、セレナとともに日産勢がトップ5入りできるかに注目が集まる。

最新号

ベストカー最新号

【2021年新型Z登場!!】日産怒涛の新車戦略|ベストカー8月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、日産が2023年度までに国内投入する新型車10モデル最新情報ををお届け。  そのほか、2Lエンジン搭載カローラ、レクサスLCコンバーチブル、プジョー208など注目車種の情報から、2020年1/2ベ…

カタログ