【日産ノート e-POWERが首位に!!】2016年11月に売れたクルマはどれだ!?

 アクアが販売台数ランキングでプリウスを逆転するという衝撃が走った10月。11月はさらにとんでもない大事件が発生した。

 30年ぶりの出来事だという。そして下げ幅が止まらないプリウス。このままいくとどうなってしまうのか!! 年末になっても熾烈なトップ争いから目が離せない販売台数ランキングをお届け。

 文:WEBベストカー編集部
ベストカー2017年1月26日号


アクアがついにトップ陥落、王座には日産が!!

 これは大事件だ!! なんと日産が月間販売台数のトップに踊り出た。

 しかも1986年9月のサニー以来30年ぶりとなる大金星。その大躍進の立役者が日産ノートだった。

 話題のe-POWERのシェアがかなり大きく、上級グレードのメダリストのオーダーも予想以上だという。日産としてはまだまだ想定以下の出荷台数とのことで、今後もマーケティング面でプッシュを続けていくはずだ。

 いっぽうで不安を残す結果となったのがプリウス。トップ3にはとどまるかと思われたが、僅差ながらシエンタに破れ4位に後退。

 年末商戦に向けた一時的な結果かもしれないが、もしかしたら一定台数の出荷が終わり需要が落ち着いてしまった可能性がある。今後の動向にも注目をしていきたい。

1位 ノート / ノートe-POWER 1万5046台(2016年11月登場)

ノート / ノートe-POWER

2位 アクア 1万2409台(-71台)

アクア

3位 シエンタ / シエンタハイブリッド 1万1610台(+830台)

シエンタ/シエンタハイブリット

4位 プリウス 1万154o台(-640台)

プリウス

5位 ヴォクシー / ヴォクシーハイブリッド 9300台(+990台)

ヴォクシー/ヴォクシーハイブリット

6~10位までは…?

  • 6位 フリード 7665台(+1300台)
  • 7位 セレナ7276台(-5132台)
  • 8位 フィット6305台(-1215台)
  • 9位 ヴェルファイア5580台(+520台)
  • 10位 ノア5240台 (-80台)

 6位以下は少し変動があったが、このなかで注目すべきは7位のセレナだろうか。プロパイロットの採用などもあり、かなり好調だった10月に比べて約5000台のダウンは大きい。

 地味ながらも増減が少なくコンスタントに売れ続けるノアの強さも目立つ。

軽自動車のトップ5は?

  • 1位 N-BOX 1万3545台(+773台)
  • 2位 タント 1万279台(-280台)
  • 3位 ムーヴキャンバス 7859台(-647台)
  • 4位 N-WGN 6736台(+801台)
  • 5位 ハスラー 6368台(-20台)

 軽自動車は11月もN-BOXのひとり勝ち。純増しているのはさすが王者といったところか。

 10月6位から4位にジャンプアップしたN-WGNは6月に改良を受けてから久しいが、やはり底力をもっている証だろう。ムーヴキャンバスも3位をキープしている。

ムーヴキャンバス

 ムーヴキャンバスは10月から台数を減らしたが好調だ

12月以降の見所

 ずばり日産の天下がいつまで続くかが見所だろう。日産が月間販売台数2カ月連続首位となるとさらなる記録更新であり、日産関係者は色めき立っている。今後の推移を見守りたい。

 さらにプリウスの動向は少し気にかかるところ。アクアと同じく商用車需要もある車種だが、コンスタントに成績を残すアクアに対して、ムラのあるプリウスの販売台数はトヨタも想定外ではないだろうか。

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ