F1、スーパーGT…ドライバーやメカニックの年収は? 自動車業界の給与明細【後編】


 自動車業界に関わる職業の懐事情を探る本企画。後編の今回は、レースに関わる職業の給与明細を調査。

 華やかなドライバーや、それを支えるメカニックなどレース界の労働環境や待遇や如何に!? まずは、F1ドライバーの年収に迫る。

 前編はこちら→自動車業界の給与明細【前編】〜職業別&メーカー別の年収はいくら!?〜

 文:ベストカー編集部/写真:Ferrari,Daimler,LAT,Glenn Dunbar/Williams,NISMO


F1ドライバーの年収トップは40億越えで錦織圭を凌駕

2014-2015年F1チャンピオンのルイス・ハミルトンは、F1界トップ年収を稼ぐ

 下の表はフォーブスが発表した最新版のスポーツ選手長者番付から抜粋したもの。

 堂々の世界1位はサッカーのクリスチアーノ・ロナウドで、年収90億円超と、庶民なら即座に仕事を辞めること必至な金額だが、F1ドライバーもその年収は並み居るスポーツ選手に引けをとらない金額。

 トップは2年連続チャンピオンのルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)で世界11位の約49億円だ。F1ドライバーでは、ハミルトンに次いでフェラーリのセバスチャン・ベッテル(約43億円)、そしてマクラーレン・ホンダに所属するフェルナンド・アロンソ(約38億円)が名を連ねている。

ホンダを背負って戦う通算2回のF1チャンピオン、アロンソ。近年、優勝からは遠ざかっているが、現役指折りの実力で年俸はF1ドライバーベスト3入り

 ちなみにF1以外のレーシングドライバーでは、アメリカで人気を誇るストックカーレース・NASCARのデイル・アーンハートJr.がMLBのヤンキース・田中将大投手を上回る約25億円を稼いでいる。

トヨタも参戦するNASCARは、アメリカで圧倒的な人気を誇るレース。トップドライバーは、メジャーリーガーに匹敵する高収入だ
出典:フォーブス。2016年6月10日時点、1ドル=106.8050円の為替レートで計算

津川哲夫氏が明かすF1メカニックの年収は?

 続いてはF1メカニック。自身もベネトンなどで日本人F1メカニックとして活躍した津川哲夫氏に話を聞いた。

「初任給だと俺の現役当時で約310万円。今は520万円ほど。年俸制で次の年も残留するなら給与が20%上がるといったシステムだね」と津川氏。では、その後年俸はどのように上がっていくのだろうか?

「俺が現役だった1990年代前半でも上級メカニックの年収は800万円程度で、これは今も同じくらいだね。さらに、チーフメカニックになると1000万円ほどといった金額になる。でもね、チームの調子が悪くなると一番最初に切られるのはメカニックなんだよ。

 ただ、現在のメカニックが“サラリーマン”だとしたら、俺が現役の頃、メカニックは“職人”だった。仕事の範囲も今より広かったし、やりがいはあったよ」

作業を行うウィリアムズF1チームのメカニック。チーフメカニックともなれば1000万円級の年収を手にできるが、契約はシーズンごと。必ずしも継続的に雇用があるわけではない

次ページは : スーパーGTドライバーでも億単位は一握り

最新号

ベストカー最新号

ロータリースポーツ復活説急浮上!! 特集「時空を超えた対決」|ベストカー 8月10日号

本日、ベストカー8月10日号が発売!! 日本車スクープ 大追跡スペシャル、新旧スポーツモデルの魅力にせまる企画、世界クルマ五輪など盛りだくさんの内容でお届け。

カタログ