スバル吉永社長インタビュー「次の百年のために」

スバル吉永社長インタビュー「次の百年のために」

創業百年を機に、2017年4月1日、富士重工株式会社は株式会社SUBARUへと社名を変更しました。新たな百年に向けての舵取りを任された吉永社長に、これからのSUBARUの展望を、『ベストカー』本誌編集長の本郷が直撃しました。

吉永泰之:1954年3月5日、東京都生まれ。成蹊大学経済学部卒。富士重工業入社後主に営業畑を歩み、国内営業本部長などを経て2011年6月より代表取締役社長に就任。
文:ベストカー編集部/写真:奥隅圭之
ベストカー2017年5月26日号



「ライバルに勝ち目はない」からの議論開始


本郷仁編集長(以下、本郷) 社名変更にあたり、「モノをつくる会社から、笑顔をつくる会社へ。」というメッセージを発信されていますね。

吉永泰之代表取締役社長(以下、吉永) このパンフレット(編集註・下)の左側にはどちらかといえば、これまでのスバルの歩んで来た「いいモノを作ろう」という思いが詰まっていて、右側はいきなり笑顔を作る会社になっています。実は狙いがあって、「これからは価値をご提供するブランドになる」という決意表明が込められているんです。

本郷 なるほど決意表明なんですね。5、6年前というと吉永さんが社長になられた頃ですが、そういう「変革」が必要と感じられていたんですか?

吉永 自動車会社としては小さな会社なので、差別化戦略以外に生き残る道はないというのが私の考えでした。選択と集中、そして差別化すること以外にとれる経営手段がないんですね。ただ重要なのは何に差別化するかということで、実体のないことを言ってもお客様には響きません。歴史を振り返って、他社に負けない特長でお客さんに喜んでいただける商品を作らないと差別化要因にはなりませんね。スバルの場合、それがやはり飛行機会社にあるんです。

本郷 それはよくわかります。飛行機会社ほど、安心、安全が重要なところはないでしょうから。

吉永 若い人を集めてこれからのスバルをどうするのがいいか? 聞いたことがあります。彼らは環境ナンバーワンになりたいというわけです。ところが、スバルは自社だけではハイブリッドの開発もできないわけですから、それはできません。彼らは、規模でも勝てない、環境でも勝てないとなると、ライバルに対して勝ち目はありませんというわけです。

本郷 ホンネで話していらっしゃることがよくわかります。

吉永 そこで、私は逆に富士重工業がなぜ60年もつぶれなかったのかを考えてみようと提案したんです。いろいろ考えたところ、この会社は飛行機会社なんだというところに気づいたんです。とにかく安全なクルマを作りたいんだと。そしてお客様が喜ぶ姿が見たいんだと。

本郷 そこで「安心と愉しさ」になるんですね。

吉永 そうです。これを私は1万回以上繰り返し言い続けてきました。おかげで社内で浸透しました。そして、今回お客様にとってより価値あるブランドになるという決意表明を込めて社名変更に踏み切ったわけです。社名変えるとあとに引けませんから。


「モノをつくる会社から、笑顔をつくる会社へ。」と題された4ページのリーフレット。広く配布されている

技術の責任者がマーケティングも担当する


本郷 市場として重視しているのはどの地域ですか?

吉永 市場として伸ばしたいのは中国とロシアです。ただし、中国は販売供給過多で、値引き合戦になっています。そこに現地生産工場もないスバルが販売に力を入れるわけにはいきません。ロシアもAWDのスバルと合いそうで、やりたいんですが、こちらもいろいろな意味で落ち着くのを待ってからだと思います。むしろ、伸びる可能性があるのが、アメリカのサンベルト地域です。

本郷 サンベルトというと暖かい南の地域ですね。

吉永 そうです。アメリカ全体のスバルのシェアは3・5%ですが、サンベルトは1・8%と半分ですからまだまだ伸びます。昔は雪の降る北で4WDが理由で売れていましたが、現在はアイサイトを中心とした安全性で売れているので雪が降る、降らないは関係ないんです。

本郷 そうなんですね。これから生まれてくる商品にも注目です。専務で技術系トップの日月丈志(たちもりたけし)さんをCTOマーケティング担当とした狙いを教えてください。というのも、CTOというと最高技術責任者ですよね。それがマーケティングも担当するのは少し違和感があります。

吉永 むしろそこが狙いです。普通ありえませんよね。ご存じのようにSTIの社長もやったし、アメリカの現地法人の社長もやりました。技術も市場もわかっているんです。お客さんのニーズを受けた技術開発と商品企画をするために、あえてそういう役職になってもらったんです。そういった意味で彼はスバルのキーマンです。

本郷 まさに英断ですね。これから生まれてくる商品が楽しみになってきました。本日はお忙しいところありがとうございました。


伝統と格式のある「富士重工」という社名から、グローバルに認知度の高い「SUBARU」へと変更。その狙いには、価値観の転換と生き残りへの戦略があった

次ページ:続いては吉永社長の発言録


「気合いや根性も大事ですが、それだけで開発力が高まることはありません」


続いては現在の絶好調スバルの牽引役、吉永泰之社長の名言集からいってみよう。この名言集から、絶好調の秘密が見つかるかもしれない。


■売り出すクルマがみな売れているが、こうした状況が実は恐ろしい。売れてしまうと次も同じコンセプトになりがちだから。

■自動車産業もファッション産業と一緒で、飽きられたら終わり。社員には「守りに入るな、感度を高めよ、安心するな」と訴えています。

■物事がうまく回っているときほど、本当の危機は訪れるもの。突然、怒ってみせて組織に緊張感を与えたりしています。

■経営は科学です。気合や根性も大事ですが、それだけで開発力が高まることはありません。

■私はよく、「百花繚乱」という言葉を使います。1本1本の花は形も色も違います。ただそれが集まるとひとつの色になり、同じ花が集まったのとは違う独特の美しさが生まれます。そのような会社にしたいのです。

■歴史に根ざしていない「強さ」は長続きしません。それがどんなに立派なものであっても、いずれ他社に真似されてしまうからです。

■米国向けと日本向けを足して2で割ったような中途半端な商品はやめよう。

■我々の世界シェアは1%ですから、100人のうち1人のお客さまがそちらを選んでいただければ、そこで頑張ればいい。

■大手メーカーさんのような戦略を当社が選択することはできない。大手さんと違うことをやるのは怖い。それでも突っ込んでいくしかない。

■一般的には、商品数の少なさは弱点です。ただ、少ないからこそひとつひとつをどこにも負けないほど作り込んでいけば、それは長所に変わります。

■強制されなくても、ついていきたくなる。一緒に仕事がしたくなる。それこそ、本物のリーダーだと思います。

■何を言われても、どんなしがらみがあっても、トップが素直に課題を直視できるかどうかが重要。「勝てるかどうか」という軸をブラさず、正しいと思ったら本音で話し、実行する。

■技術陣にはすべてを私に報告しなくてもいい、ある程度のブラックボックスをつくっていい、と言っています。何から何までチェックしようとしても、技術陣の見識のほうがはるかに優れていますし。

■現代人には、私も含めて厚みのある人間が少ないですよね。明治時代には、もっと気骨のある人間が多かったように思います。だから、いまはもっぱら昔の経営者が書いた本や歴史の本を読んでいます。読書を通して桁違いにすごい人に出会いたいのです。桁違いにすごい人に会うと、刺激を受けますからね。

■ウチには個性的というよりもとにかく真面目な社員が多いですね。生真面目というか真面目すぎるというか……。もちろん、真面目であることは悪いことではありません。しかし私は、もう少し伸び伸びと仕事をしてほしいと思っているのです。もっとハチャメチャでいいんだよと、いつも言っています。


いかがでしたか、今のスバルが見えてきたような気がしませんか?


2017年3月31日、東京・恵比寿の本社ビルにて、車内向けの社名変更記念式典を開催。約600名の従業員を前に、吉永社長は今後のスバルについて決意表明した

次ページ:ラストは識者解説「なぜスバルは愛されている?」



なぜスバルは愛されているのか?


TEXT/鈴木直也


 スバルの世界的な人気ぶりは万人が認めるところ。北米を中心にクルマの在庫が枯渇するほど引っ張りだこだし、日本でもインプレッサがカー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど、ユーザーから専門家まで幅広い支持を集めている。

’17年3月決算では、売上高3・3兆円、経常利益4120億円をマークするなど、会社の業績も申しぶんない。この好調の原因は、いい意味で「変わらなかったこと」だと思う。

現在のスバルの技術的ルーツは、言うまでもなく1966年デビューのスバル1000だ。伝説的なエンジニア百瀬晋六はてんとう虫として愛されたスバル360の後継として当時ほとんど例がなかった縦置き水平対向のFFというユニークなメカニズムを選択した。

ただ、率直にいえばこの決断は20年ほど早すぎた。〝エンジニアズドリームカー〟と呼ばれたほど凝ったメカニズムは、「とりあえず乗用車が欲しい」という当時のニーズには高級過ぎたし、スペシャルティカーブームや高級車ブームなど、移り気な日本市場の流行にも乗り切れなかった。初代レガシィが登場するまで、スバルは熱狂的なファンはいるものの、常にマイナーな存在に留まることになる。

しかし、ついにスバルの魅力に世界が気づく時がやってくる。レガシィが提案したスポーツワゴンというコンセプトは、優れた四駆性能と相まってまずスキーファンのあいだで圧倒的人気を獲得。続いて登場したインプレッサがWRCで大活躍することで、〝水平対向シンメトリカルAWD〟の実力を世界が知ることになる。

富士重工の業績が最悪だった’80年代、「金ばかりかかる水平対向はヤメたほうがいいんじゃないか?」という議論があった。実際、この頃の富士重工は日産からサニーやパルサーなどを受託生産していたからレオーネの後継が安く作りやすい横置きFFになる可能性もゼロではなかった。

しかし、そこで安直な横置きFF路線に流れたら、現在までスバルが存在し得たかどうか……。しぶとく踏ん張って初代レガシィの開発を続けたエンジニアたちの情熱と奮闘があったからこそ、現在のスバル人気が花開いたのだと思う。

〝変わらぬ個性〟。これこそ、スバルのような年産100万台クラスのメーカーに最も重要な要素だと思うなぁ。


スバル公認のスバルWEBコミュニティ、通称スバコミには、熱いスバリストたちが常に集っている

スバルWEBコミュニティ:https://members.subaru.jp

最新号

ベストカー最新号

早くも! 2019年 超大物スクープを捉えた!! ベストカー 2018年2月10日号

 ベストカー最新号(2/10号)が、1月10日に発売。今号は、間もなく開催する東京オートサロンの主役をどこよりも早く大公開! トヨタが繰り出すハイブリッドスーパースポーツを始め、いよいよ復活への...

カタログ