【総額1000億円超】なぜフェラーリは王者より多い200億円? F1マネーの真相【前編】

 

「分配金最高額は、チャンピオンではないフェラーリの約200億円!?」

長年詳細が明かされなかったF1の分配金が公表され話題を呼んでいる。フェラーリがなぜチャンピオンより多い分配金を得ているのか? F1マネーの真相を暴く。

文:段純恵/写真:Ferrari、Daimler

 

 


 

2017全チームのF1分配金 トップと最下位で10倍の格差

英モータースポーツ専門誌『オートスポーツ』の電子版が、今季F1のチーム分配金の詳細を掲載している。昨年に続くF1の“アンタッチャブル”、分配金の暴露話だ。

それによると2017年最も多額の分配金を支払われるのは、2016年コンストラクターズ3位のフェラーリで金額は1億8000万米ドル(約201億円)とある。

レースで圧勝した王者メルセデスは、1億7100万ドル(約191億円)でフェラーリより900万ドル少なく、昨季デビューし最下位を争ったハースに至っては1900万ドル(約21億円)とフェラーリの約10分の1止まり。

他にも有力チーム優遇の詳細がレポートされており、「F1の不平等、不公平性が浮き彫りになった」という声が少なくない。

autosport.com
公表データをもとに日本円の分配金を算出(レートは1ドル111円換算)

次ページ:分配金公表とフェラーリ優遇の理由とは?

 

最新号

ベストカー最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|ベストカー9月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「ベストカー」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ