燃費向上技術 10のトピック 〜飽くなき挑戦から生まれた技術の歴史〜


 燃費の向上を技術革新と捉えると、面白いメカの歴史や進化が詰まっている。それらのメカは燃費だけでなく、車の性能そのものを向上させる技術ばかり。

 そんな燃費向上技術のなかから10のトピックをお届けします。皆さんはいくつご存じでしょうか???

文:編集部/写真:編集部、HONDA、VW、TOYOTA、ヨコハマタイヤ
ベストカー2017年6月10日号


1.気筒休止エンジン「使わないシリンダーを休ませる」

 燃費の悪さでは有名なアメ車のキャデラック セビルに突如現われた気筒休止エンジン(1981年)。

 要するに高速クルージングなど負担が少ない時にいくつかの気筒を休ませて燃費を稼ごうというものだ。

 国産で最初に搭載したのは、三菱ミラージュ(1982年)。現行モデルではレジェンドなどが採用している。

写真はアウディA1の気筒休止システム

2.可変バルブタイミング「バルブタイミングを全域で最適化」

 バルブが開いたり閉まったりするタイミングを低速と高速で使い分け、燃費と燃焼効率をアップさせようというのが可変バルブタイミング機構。

 国産では1989年、ホンダのVTECがその口火を切った。アトキンソンサイクルエンジンの不可欠な要素なので今では多くのエンジンで採用されている。

可変バルブタイミング機構は燃費と燃焼効率双方にメリットがある技術。VTECはタイプRなどスポーツエンジンにも採用される

次ページは : 3.アルミボディ「軽量化最大の功績」

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ