ヴェルファイアら人気国産車34台の値引き額と攻略交渉術入手!!【買う前に読むべし】


 6月の声を聞けばいよいよお待ちかねのボーナスシーズン。金額の大小は人によっていろいろですが、この期に愛車を買い換えようと考えている人も多いのではないでしょうか。

 そりゃあ、お金があればボーナスシーズンも関係なくポンポンクルマも買えますが、一般庶民にとってはクルマの買い換えは一大事。

 少しでも賢く、安く買いたいと思うのが当たり前。そこでここからはいかに値引きを引き出せるかにスポットを当ててそのテクニックを紹介です。

 値引きは「ひと声!」と「押して!」の2段階で紹介ですよ!

 ※本企画に登場する値引き額は、すべて「月に200店舗のディーラーを回り、実地調査を繰り返す」、流通評論家・遠藤徹氏のデータです。

 地域や店舗、交渉時期によって値引き額は上下するので、あくまで目安としてお考えください(2017年6月時点)。

文:遠藤徹
ベストカー2017年6月26日号


■トヨタ ヴィッツ ひと声7万円 押して16万円

【状況と交渉術】

 今年1月にハイブリッド車を加え月販1万台以上に回復。登録車銘柄別ベスト10の上位にランクされるようになった。シリーズ全体の約半分はハイブリッド車で占められる。2019年初めに次期型に引き継ぎさらに販売加速か。

 モデル自体は古いので値引きは拡大傾向。フィットを軸にノート、アクア、デミオと対抗させる。

 最終的にはフィットとの対決で決着つける。扱うネッツ店は同じ地区に別法人が複数あるので、同じ車種同士の競合を絡ませる。

■トヨタ パッソ ひと声8万円 押して14万円

【状況と交渉術】

 現行モデル発売後2年目に入り、販売は頭打ちだが、月販5000台規模の量販は維持し、人気の根強さは健在。1年以内にマイナーチェンジし、安全パッケージの「スマートアシストⅢ」を採用して、販売の回復を目指す。

 フィットをはじめヴィッツ、ノート、ブーンのベーシックガソリン車と対抗させる。

 最終的にはブーンとの姉妹車対決に持ち込んで決着をつける。扱うカローラ店の勤務先、居住地店同士の競合も絡ませて攻めるのも効果的。

次ページは : ■トヨタ アクア ひと声7万円 押して15万円

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ