ヴェルファイアら人気国産車34台の値引き額と攻略交渉術入手!!【買う前に読むべし】


■トヨタ C-HRハイブリッド ひと声5万円 押して12万円

【状況と交渉術】

 昨年12月に発売したばかりの新型で同クラストップの人気モデル。4月はシリーズ全体で1万台を突破し、初めて登録車トップの販売実績を達成した。商品力が高いうえにトヨタ全系列店扱いによる、強力な販売力が要因。

 新型でダントツの人気だからガードが固い。ヴェゼルはじめCX-3、スバルXV、ジュークと対抗を。

 最終的にはヴェゼルとの一騎打ちに持ち込み決着。トヨタ全系列店併売だから4店舗以上との同一車の競合を絡ませる

■トヨタ ハリアー ひと声15万円 押して23万円

【状況と交渉術】

 現行モデル発売後3年半が経過したが、引き続き月販3000台規模をコンスタントに販売している人気モデル。6月8日にはマイナーチェンジし、2Lターボモデルも加わるので、その後はさらに勢いがつく見込み。

 従来モデルの在庫もまだたっぷりあるので、こちらを狙えば大幅値引きのゲットは可能。CX-5を中心にエクストレイル、フォレスターと対抗させる。扱うトヨペット店の居住地、勤務先店の両店との競合を絡ませ攻める。

次ページは : ■トヨタ シエンタ ひと声15万円 押して24万円

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

1年、 2年。時間が経てばクルマの評価も変わる!?  新モデルが登場した直後の試乗。自動車評論家のみなさんの評価はさまざまでしょうが、それから1年、あるいは2年経った今、再びそのクルマに向き合ってみると「違う印象」になり、評価が変わることも…

カタログ