ヴェルファイアら人気国産車34台の値引き額と攻略交渉術入手!!【買う前に読むべし】


■トヨタ シエンタ ひと声15万円 押して24万円

【状況と交渉術】

 現行モデル発売後2年近くが経過し、販売台数は大幅なマイナスだが、月販6000台規模は維持している根強さはある。トヨタ全系列店扱いによる販売力の強さも後押し。年内にはマイナーチェンジし商品力回復を図る。

 モデルが古く、販売頭打ちを指摘して強気に攻める。フリードを軸にNV200バネット、ソリオと対抗を。

 最終的にはフリードとの一騎打ちに持ち込み決着をつける。トヨタ全系列店扱いだから4店以上と同一車競合で攻める。

■トヨタ タンク ひと声5万円 押して16万円

【状況と交渉術】

 姉妹車のルーミーと同時に2016年11月の発売以来、絶好調の売れゆき。両モデル合わせて月販1万台を突破。それでも納期は3ヶ月で生産が追いつかない状況。広い室内と両側スライドドアで使い勝手のよさが要因。

 新型人気モデルのため、強気の商売中。ソリオ、姉妹車同士、トール、ジャスティと対抗させて攻める。最終的には姉妹車対決で決着。タンクはトヨペット店、ネッツ店、ルーミーはトヨタ店、カローラ店の併売で同一車競合。

次ページは : ■トヨタ ヴォクシー ひと声20万円 押して28万円

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ