ドローンも出動!? 高速道路の防災訓練 その知られざる中身が凄い!!


 高速道路でも防災訓練がおこなわれていることをご存じだろうか。大地震が発生すれば、道路の一部が損傷を受け、車が立ち往生する。そんな“もしもの時”を想定する首都高速道路の防災訓練では、どんなことが行われている?

文/写真:ベストカーWeb編集部


年に1度の防災訓練 想定は最大震度7の都市直下型地震

 気温30℃を越える真夏日の8月末某日。筆者が訪れたのは、羽田空港に程近い、首都高中央環状線(通称・山手トンネル)の真上にある広大な空き地だ。ここで首都高が社員向けにおこなっている防災訓練が我々報道陣にも特別に公開されるという。

 今回行われた2017年度訓練は、マグニチュード7.3、最大震度は6強で、一部震度7の都心南部直下地震を想定。

 言うまでもなく、「そういう大地震が発生して道路が壊れた時、首都高ではこういう方法で対応します」というもので、首都高では年に1回、都心直下型の大地震を想定した防災訓練をおこなっている。

自転車も活用!? 狭い首都高で防災対策の鍵握るのは「人」

 訓練の内容は主に以下の5つ。

■首都高 緊急対応訓練 5つのメニュー

1.路面損傷などの被害状況を“橋梁技術系社員”が確認
2.大型レッカー車による大型車の牽引
3.ゴージャッキを使った移動
4.レッカー車による段差乗り上げ車両の移動
5.路面段差や開きの修繕

 これら訓練の光景を見ていて意外だったことがある。チャリンコと人が大活躍しているのだ。

「(東名など)他の高速道路だったら災害時に大きな車両を入れて作業できるでしょうが、ウチ(=首都高)は路肩もほとんどありませんからね。だから“人”が大事なんです」(首都高関係者)

 路肩がほとんどなく、道路も片側2車線が基本の首都高では、複数の大型車両が、立ち往生する車をかきわけて“現場”まで到着することは難しい。そこで、“人力”をいかに活用するかが災害時の鍵となる。

 “人力”というと、何となくローテクなイメージを連想するかもしれないが、然にあらず。訓練内容を細かく見ていくと、人の力を最大限活かすために、新しい技術がどんどん入れられていたのだ。

次ページは : 防災に使われる“物”の進化。ポイントは『軽量化』