密かに消滅!? 意外に知らない信号の設置基準 “矢印”にも条件あり


右左折など「矢印信号」設置の理由と条件は?

このように
よく見るパターンの右折の矢印信号が付いた信号機

 では、歩車分離式や右左折などの矢印信号は、どのような判断で設置されているのか。

 右左折信号の設置には、交差点で右左折の交通量が多く、青信号表示だけで流すことが出来ない場合や直進車と対向車の衝突事故の危険性が高い場合に設置されるとのこと。

 さらに、専用車線が確保できる道路であることも必要となる。歩車分離式も同様の考え方で歩行者の交通が多く、車両との事故を防ぐ狙いがある。

 つまり、交通の円滑化のための工夫というわけだ。矢印信号は、対向車のある右折用が多数みられるが、対向車がない左折でも交通量が多い場合には、左折矢印信号が設けられるケースがある。

◆  ◆  ◆

 このように信号機のパターンには、その地域の道路状況が色濃く反映されている。

 信号機の動きと道路の交通量に注視してみると、普段の印象とはまた違った道路の一面を垣間見ることができるかもしれない。

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ