【N-BOX、クラウン、リーフ…】いま「志」を感じる現行国産車たち


■トヨタ・MIRAI 

トヨタMIRAI(2014年11月〜)
トヨタMIRAI(2014年11月〜)

私にとって最初の燃料電池車は22年前の1996年に遡る。トヨタはRAV4に燃料電池を搭載し、メディアに試乗させたのだった。当時は問題山積! そもそもRAV4の車体半分が燃料電池ユニットという状況で、動力性能だってプア。蒸気機関車のような音と湯気を出して走っていた。私が生きている間に市販できるなんて想像もしていなかったほど。

その後、燃料電池の開発チームは粘った。話を聞けば1992年くらいから本格的に開発を始めたというから、当初のスタッフについちゃ市販前に定年を迎えるケースだって多かったことだろう。そもそも実用化できるかどうかすら怪しかったと思う。MIRAIの市販は2015年なので、23年かかったということになります。志の強さという点からすれば世界一かも。

30年間の熟成を経て世に出たMIRAIは、拍子抜けするほど普通に使えるクルマに仕上がった。何も言われなければ燃料電池車であることにも気がつかないほど。乗り心地はトヨタ車でナンバー1だし、静かさも圧倒的。動力性能だって私が全日本ラリーに出場し、同じクラスのガソリン車と互角に戦えるレベルを実現している。

何より燃料電池車として一般向けに市販しているのは、いまだにMIRAIだけだ。(国沢光宏)

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ