【N-BOX、クラウン、リーフ…】いま「志」を感じる現行国産車たち


最高の走りを追求したスカイライン、環境技術の精神から生まれたシビックCVCC、革新的ハイブリッドで誕生したプリウスなど、かつては開発者の「志」を感じる日本車がたくさんあった。

では今の日本車に「志」はあるのか? もちろんある! あると思う! たぶん!! やや不安を感じてしまったので、5人の自動車ジャーナリストに「志を感じる日本車はありますか?」を聞いてみた。すると、全員が「もちろんある」と回答。おお、すばらしい。5人それぞれ、今最も志を感じる日本車はこちらです!

文:ベストカー編集部、片岡英明、清水草一、渡辺陽一郎、鈴木直也、国沢光宏

ベストカー2018年7月26日号より


■トヨタ・クラウン

トヨタクラウン(2018年6月〜)
トヨタクラウン(2018年6月〜)

今につながる日本のセダンのなかで、初代が誕生する時から独自の技術にこだわってきたクルマが、クラウンとスカイラインだ。この2車は、その後も「純国産」技術にこだわり続けた。だから開発担当のエンジニアは発奮したのである。また、自動車先進国を上回る技術を開発することで自信も持てたのだ。

スカイラインに関しては置いておくとして、この姿勢をクラウンは貫き続けている。

特に歴代クラウンが目指したのは、日本の礎を築き、明日を担うエグゼクティブが満足するクルマづくりである。こだわったのは、自動車先進国のヨーロッパとアメリカではない。「ニッポン」という国に住む人たちにこだわり続けたのだ。懸命に働き、サクセスを望む人たちのために、彼らが気に入るクルマになろうと励んできたのである。

だが、守りに入ってはいない。クラウンは、高級セダンにふさわしい新しい技術を時代に先駆けて積極的に採用してきた。日本初、世界初のメカニズムも少なくない。採用する理由は、ドライバーとパッセンジャーが、安全に、快適にドライブできることを第一に考えたためである。

最新の現行クラウンは全幅を1800mmにとどめ、スイッチ類も現オーナーが戸惑わないように、同じレイアウトとした。設計指針がぶれない、ユーザーフレンドリーの優しい設計、おもてなしの精神などに、志の高さを感じる。(片岡英明)

■マツダ・ロードスター

マツダロードスター(2015年5月〜)
マツダロードスター(2015年5月〜)

マツダ・ロードスターは、「志」のカタマリのようなクルマだああああああああっ!

まずコンセプトがすばらしい。今時、30年前に出た初代NA型よりもサイズをコンパクトにして、車重は1トンを切った。エンジンは、NC型の2ℓから1・5ℓに超ダウンサイジング! ターボじゃなくNAのままで! すべて、フツー実現不可能な猛烈に高すぎる志だが、それをみごとに実現した。涙が出ます。

しかも、エンジンフィールもシフトフィールも最高に近い。クラッチフィールまでが最高! これほどクラッチミートが簡単かつ節度に満ちたクルマがほかにあるだろうか? というくらいで、なにせ乗りやすくて気持ちイイ。

操縦感覚は初代以上にクラシカル。最近のマイチェンでは、ロールを抑えて若干現代的になったけど、いずれにせよ恐ろしいほどの完成度の高さだ。

総合的には、フツーに走ってるだけで、とっても楽しくて気持ちいいスポーツカーになっているわけです。これを志が高いと言わずにいられるか。本当に涙が出る。

そのうえで、歴代でも最高に美しくてシンプルなフォルムを纏わせているのですよ。幌の出来も最高。RFの電動メタルトップもスバラシイ。いま世界で一番ステキなスポーツカーだと思います。(清水草一)

次ページは : ■ホンダ・N-BOX 

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ