ホンダが狙うバッテリー革命 「モバイルパック化」で見据える未来


「2040年にはグローバルでEV、FCVの販売比率を100%にする」と発表して、自動車界を仰天させたホンダ。電動化への大きな舵取りを決断したわけだが、それはなにもEVだけのことではない。スクーターなどの街乗りバイクに加え、生活を支えるホンダ製品群「ホンダパワープロダクツ」も同様だ。大容量のバッテリーを積む自動車では難しいが、単距離移動を中心としたスクーターや3輪車などの小型モビリティ、除雪機やモバイルバッテリーなどは小型バッテリーでも十分。その要となるのが、ホンダの交換式バッテリー「Hondaモバイルパワーパック」なのだ。

 すでに日本でも、モバイルパワーパックを使用するホンダの電動ビジネスバイクを発売済みだが、海外で始まった新ビジネスに加え、今後、実現を目指す取り組みの発表が行われた。ホンダは、モバイルパワーパックを活用し、どんな未来を描いているのだろうか。

文/大音安弘
写真/大音安弘、HONDA

【画像ギャラリー】バッテリーを制する者は世界を制す!?? 新型バッテリーパックと使い道の画像18枚(18枚)画像ギャラリー

■単体で88,000円(充電器とともにリース販売中)

 ホンダは2021年10月29日、「モバイルパワーパックで拡大する移動と暮らし」と題したメディア向け説明会を実施した。その内容は、ホンダの着脱式可搬バッテリーである「モバイルパワーパック」を活用した電動化戦略の今後と未来についてだ。

 それを理解するために、まず「Hondaモバイルパワーパック」について説明したい。これは縦177.3mm×横156.3mm×高さ298mmの長方形のリチウムイオン電池だ。今年、新タイプの「Hondaモバイルパワーパックe:」に進化。電池容量の拡大と軽量化を図った。

「Hondaモバイルパワーパックe:」。もしかしたらこれが世界を変えるかもしれない

 バッテリー電圧は50.26V、バッテリー容量は26.1Ahの性能を備える。

 軽量化されても、重量は10.3㎏と軽くはないが、上部に持ち手があるため、持ち運びがしやすい形状となっている。

 もちろんただの電池ではなく、記録機能を備えており、電気の残量や使われ方などのデータが蓄積できるようになっており、通信機能も備えるのも特徴だ。バッテリー単体の価格は、88,000円(税込)だが、現在は法人向けに販売される電動ビジネスバイク向けに、専用充電器と共にリースを行っている。

 ホンダがモバイルパワーパック活用に意欲的なのは、世界的なカーボンニュートラル実現に向けた再生可能エネルギーへの注力にある。今後の予測では、再生可能エネルギー向けの投資も拡大傾向にあるため、再生可能エネルギーの供給予測も毎年上方修正されている現状がある。その電力をモバイルパワーパックに充電し、蓄えておけば、様々な製品で利用できる。そうなれば、環境により発電量が左右される再生可能エネルギーを、安定供給にも繋がる。

電気を貯めることができれば、発電量が不安定でも支えることができる。蓄電のジレンマを解消することができる

■インドではすでに稼働中

 実際にこの製品のビジネス化に向けて動き出したのが、インド。

 インドの人たちの生活の足である3輪タクシー「リキシャ」を電動化し、その動力源として「モバイルパワーパックe:」のバッテリーシェアリングサービスを2022年前半より開始するという。

 すでに2021年2月から、30台のリキシャを使い、実証実験を実施。たった4か月で20万キロ以上の営業走行が行われたというから、リキシャのニーズの高さに驚かされる。

 現時点でホンダは、課題の洗い出しや事業性の検証などの行い、その実現への目途をつけた。

インドのリキシャと、その奥にはバッテリーパックのステーションがある。パックを交換すれば充電時間はほとんどゼロ

 このシェアリングサービスの魅力は、燃料と同様に使った分だけのコストを払うこと。だから、必要な時にいつでも充電ステーションで、満充電のモバイルパワーパックと交換することができるのだ。しかも充電済みのものが用意されているから、充電待ちの時間も不要となる。その手軽さが支持されたようだ。

 しかし、このシステムを利用するには、ドライバーが相棒となる電動リキシャを購入する必要がある。そのいっぽうで、高価なバッテリーは借りることになるので購入不要。

 インド政府からは電動リキシャ購入時に所得税が免除されるなどの優遇措置もあり、車両代や燃料費、メンテンスまで含めると、既存のエンジン車のリキシャと電動リキシャのトータルコストは同等に近いという。さらに静かで走りやすく、乗り心地も良くなることが、ドライバーや乗客からも好評だというから、今後、拡大していく可能性は非常に高いといえそうだ。

 ホンダは、この他にも、フィリピンでの電動バイクとバッテリーのシャアリングサービスやインドネシアでのモバイルパワーパックの多用途利用などの実証実験も行っており、サービスの仕組みや利用データの蓄積に加え、高温多湿な環境下でも問題なく、利用できることなども性能の確認まで行っている。

次ページは : ■電動バイクや家電製品など「使える製品」拡大中