え…1枚3万円…? 一体誰が買っている?? 使用済みナンバープレート売買の闇


 ネットオークションやフリマサイトに「使用済みナンバープレート」が出品されている。しかもそこそこ高額で。え、どういうこと? 売れるの? そもそも売ってる人はどうやって手に入れたの? 外した? 外していいの? そして調べていくと、今年(2021年)夏頃からナンバープレートのフリマアプリへの出品は激減、いっぽうで海外のフリマサイトでは人気継続中とのこと。え、え、これっていったい全体、どういうこと??

文/加藤久美子
写真/加藤久美子

【画像ギャラリー】ナンバープレートにこんな闇が…日本のプレート表示の現行基準は画像でしっかり確認!!!(6枚)画像ギャラリー

■使用済みの「富士山ナンバー」なんと1枚3万円以上!

 住所変更や抹消登録、汚損したり曲がったりしたナンバープレートの交換などで不要になった使用済みのナンバープレートは、運輸支局及び手続きを行ったディーラーなどに返納する義務がある。

 しかし、現在はこれらの使用済みナンバープレートを記念に取っておきたいという人たちのために「記念所蔵」という方法が認められている。

 2017年4月から「ラグビーワールドカップ特別仕様ナンバープレート」の交付が開始されることに伴って導入された制度で、ナンバープレートに直径40mm以上の穴を開ける「破壊措置」を行い使えないようにすることが条件だ。穴あけの作業は数百円の手数料を納めて通常、運輸支局で行う。

 穴あけは盗難車の逃走用に使われたり、ナンバーのないクルマに取り付けたり、不正使用を防止することが目的だ。

 その「記念所蔵」のナンバープレートが昨今、ネットオークションやフリマサイトなどに出品され高額で落札されているのをご存知だろうか? 一例を挙げてみよう。

「ヤフオク!」にて販売されている、富士山をバックにした図柄入りの富士山ナンバー

 上記は「ヤフオク!」で過去に落札された使用済みナンバープレートである。人気が高い富士山ナンバーが2枚セットで68500円という高額にて落札されている。ちなみにナンバーの「35」とは、日産GT-R (R35)を意味するものだろう。「富士山をバックにした日本を代表するスポーツカー」というイメージか。明らかに海外のGT-RファンやJDMファンが好みそうな組み合わせだ。

 2021年9月30日で申し込みが終了した「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレート」(以下、五輪プレート)の出品もある。こちらはPayPayフリマに出品された1枚で26,999円。同じナンバーの五輪プレートが同時に複数のフリマサイトに出品されていた。

 ご存知の方も多いとは思うが念のため。図柄入りナンバーの交付手数料は小型・普通自動車でもっとも安い7300円(東京)から最高額の9500円(奄美)まで地域ごとに異なるが、いずれも寄付金(1000円以上)を支払うことでカラーデザインとなる。図柄入り+カラーのナンバーの交付手数料は高額であることはわかるが、それにしてもヤフオク!やPayPayフリマの落札価格はかなり高額だ。

 しかも中には、「一度もクルマに取り付けをしていないのでナンバープレートにキズがついていません」と、「未使用であること」をアピールする出品もあった。これはどういうことなのか?

 登録車(軽自動車以外)の場合は、ナンバーを取り付けるには必ず「封印」がある。封印は運輸支局の職員によって行われるので、登録車では「未使用」というわけにはいかない。しかし、軽自動車は封印がないため、ナンバープレート取得後すぐに抹消登録の手続き→直径40mmの穴を開ける破壊措置→記念所蔵として持ち帰り→オークションなどに出品、ということが可能になる。

記念所蔵するために破壊措置を施したナンバープレート

■使用済みナンバープレートの転売は合法?国交省に聞いてみた

 記念所蔵のナンバープレートであることは、ナンバープレート左上に直径40mmの丸い穴が開いていることからもわかる。穴をふさぐための専用キャップが取り付けられているので、一見すると穴が開いていることはわかりにくい。この専用キャップは記念所蔵のナンバープレートを飾る際、見栄えが良くなるように(穴が開いていることの違和感がないように)取り付けるもので、1枚200-500円程度で入手できる。

 このような使用済み&記念所蔵のナンバープレートを転売することは合法なのだろうか?

 国土交通省自動車局自動車情報課に確認してみたところ、「破壊措置を講じている記念所蔵のナンバープレートであれば転売も問題ない」との回答を得た。もちろん、使用済みといっても「記念所蔵のナンバー」であることが条件だ。つまり破壊措置が行われて、もはやナンバープレートとしては絶対に使用できない状態であれば転売しても問題ないということなのだ。

 自動車情報課の担当者は続ける。

「ただし、記念所蔵のナンバープレートの穴を埋めるなどして有効なナンバーのように見せかけてクルマに取り付けて使うことは不正使用にあたります。道路運送車両法98条第1項(不正使用等の禁止)には、『何人も、行使の目的をもつて、自動車登録番号標、臨時運行許可番号標、回送運行許可番号標、臨時検査合格標章、検査標章若しくは保安基準適合標章を偽造し、若しくは変造し、又は偽造若しくは変造に係るこれらの物を使用してはならない。』とあります」

 ということで、記念所蔵のナンバープレートを転売することは問題ないが、有効なナンバーのように見せかけて不正使用することは厳禁なのである。ナンバープレート不正使用の罪は大変重く、道路運送車両法98条に違反すると最高で3年以下の懲役若しくは100万円以下の罰金に処される可能性がある。

 さていっぽうで、転売そのものは違法ではないとして、オークションやフリマサイトで販売することはどうなのか? これも合法なのだろうか?

 実は今年(2021年)8月頃からヤフオク!をはじめとした個人売買のサイトで、使用済みナンバープレートの出品が激減している。メルカリやラクマ、PayPayフリマなどを探してみたが、記念所蔵含めて本物のナンバープレートが出品されていた例はほぼヒットしなかった。

 7月頃まではたくさんあったのに…? これはどういうことなのだろうか? 現在もたまに出品されている例はあるが、1-2日以内に削除に至っている。

次ページは : ■ヤフオク!広報担当者に聞いてみた!使用済みナンバーの出品が消えたのはなぜ?